ハンドグリップおすすめ11選!握力アップや筋トレに最適な種類と選び方をチェック

暖かくなると薄着になりお肌の露出も増えてきます。そうなると気になるのが前腕のハリとラインでですね。引き締まった前腕をめざすなら、ハンドグリップを使った筋肉トレーニングが効果的です。しかし、ハンドグリップは種類もさまざまで、なかには負荷レベルを調整できるタイプのデザインも存在します。素材やデザインによってハンドグリップの使い心地にも違いがあるので何を購入するか迷う方も多いのではないでしょうか?今回はおすすめのハンドグリップと効果的なエクササイズを紹介します。

ハンドグリップで健康的でハリのある前腕を手に入れる

ハンドグリップ おすすめ

年齢と共に健康的な状態に保つことは難しく、健康的で美しい腕の肌やラインを手に入れるためにはハンドグリップでの筋力トレーニングが欠かせません。しかし、ハンドグリップそのものに触ったことがないという方も多く、いざ前腕の筋力トレーニングやエクササイズに挑戦しようと思っても、その方法がわからない方も少なくありません。

ハリのある美肌を保つためエクササイズで習慣づける

ハリのある美肌を保つためには成長ホルモンを促す筋力トレーニングが必要不可欠で、筋力を使うことにより乳酸が発生し美肌を保つための“肌代謝”がおこなわれます。“筋コラーゲン”という物質は筋力を動かすことで分解されます。分解されると同時に乳酸も作られます。乳酸が体内に発生すると、脳内で成長ホルモンが分泌され“肌代謝”の活動が活性化されます。

その働きは、皮下組織にある線維芽細胞でコラーゲンやヒアルロン酸の成分を作り出す手助けとなり、ヒアルロン酸の働きにより肌の潤いを保つ効果が期待されています。しかし、肌の新陳代謝は6週間ごとのサイクルで行われます。ハリのある美肌を保つためには日常的な運動が求められ、手軽に続けられる筋力トレーニングが適しています。

ハンドグリップを使った筋力トレーニングの場合、自分の握力に合わせた負荷レベルを選べるためエクササイズを長続きさせる秘訣でもあります。自分の握力に見合ったハンドグリップ探し、健康的で習慣づけられたハリのある前腕を手に入れましょう。

筋肉の伸び縮でむくみを減らすリンパマッサージ

前腕のむくみは皮下組織から排出されなかった水分の溜まりによって現れる症状です。リンパの流れは健康的で美肌を保つために大事な役割を担っています。リンパの中に流れる老廃物は、筋力の伸び縮み運動によって押し上げられ流れていきます。

運動不足が続くと筋肉が衰え、腕の冷えや代謝の低下を引き起こします。次第にリンパの循環を低下させ排出されなかった水分が皮下組織にたまり、肌の不調につながります。筋力トレーニングで筋力を伸び縮みさせリンパマッサージすることは、潤いのある美肌を維持するのに役立ちます。

ハンドグリップの筋肉トレーニングは握り手を緩める動きで筋力を鍛えます。一定の動きとリズムはポンプのような役割を果たし、前腕にたまった老廃物を循環させます。

長続きの秘訣は握力に見合うハンドグリップ選び

健康的で潤いのある前腕を手に入れるためには、筋力トレーニングによる乳酸の発生とリンパマッサージによる日常的な運動が求められるということがわかりました。しかし、普段の生活の中で手のひらを握る運動は難しく、ハンドグリップを使った筋力トレーニングは必要不可欠と言えます。

意気揚々と始めたエクササイズも、負荷レベルの高いハンドグリップを選んだ場合には長続きしないものです。辛い筋力トレーニングを続けてもモチベーションは低下する一方で、「結果的には三日坊主になっていた」という話も珍しくありません。エクササイズや筋肉トレーニングを継続させて長く続けられる秘訣は、ハードルを上げすぎず習慣化させることが結果的に継続することにつながります。

ということは、自分の握力に見合った負荷レベルのハンドグリップを選ぶことは、エクササイズや筋力トレーニングを長続きさせるコツとも言えます。手軽にできるハンドグリップを選ぶことで、テレビを見ながらのエクササイズや、音楽を聞きながら動きのある筋力トレーニングなど習慣化させやすくなります。

ハンドグリップの種類やおすすめの選び方

自分に合ったハンドグリップ選びには、ハンドグリップの素材や握りやすさなどハンドグリップそのものを知る必要があります。ハンドグリップの作りはシンプルで、大きくは伸び縮みの負荷を決める”バネ部”と手のひらが触れる“グリップ部”の二つに別れます。

グリップ部の形状や素材の違いにより、フィット感や握ったときの痛みが異なります。特に握る運動を繰り返すハンドグリップの筋力トレーニングは、手の内側が痛くなりやすく長い時間使うエクササイズの場合には、柔らかな素材を使ったハンドグリップがおすすめです。

ハードな筋力トレーニングで鍛える場合には、瞬発的な力が求められるのでグリップ部はしっかりした強度のものがおすすめです。手のひらが小さな子どもや女性の場合には、しっかり握り込めるサイズ選びも重要です。自分の握力や手にあったサイズでハンドグリップを選びましょう。

なかには負荷レベルを調整できるものや、握った回数を自動で計測する便利な機能のハンドグリップもあります。

ハンドグリップの形や種類とは

ハンドグリップの作りは負荷を調整する金属部分と、握りやすさを感じるグリップ部分に別れます。作り自体はシンプルな構造ですが、グリップ部分は材質の種類や太さによっても握った感触や掴んだときの力のかかり具合も変わってきます。自分に見合ったハンドグリップ探しは、時間が許す限り実際に握って選ぶことをおすすめします。

ラバーグリップ製のハンドグリップ

ラバーグリップの素材は手に触れた感触がソフトで手に食い込みにくい特徴があり、汗でも滑りにくいのがポイントです。

手触りも良く柔らかい感触のラバーグリップですが、汗や水分が残ったまま長く放置すると、ゴムが劣化しやすくベタベタとした手触りに変化しやすいため、こまめにクリーニングをしましょう。

シリコンカバー製のハンドグリップ

手を傷めにくい柔らかな素材のシリコンを使ったハンドグリップは、持ち手をシリコンで覆うためグリップが太くなりやすくい特徴があります。カラフルな色を採用したシリコンカバーが多く女性に人気のハンドグリップのひとつです。

手のひらが小さい方の場合には手のひらで収まらず握りにくいと感じる方もいらっしゃいます。

プラスチック製のハンドグリップ

プラスチック製のハンドグリップは、持った感触が硬く手に食い込みやすく手にフィットするハンドグリップ選びが重要です。ラバーグリップやシリコンタイプに比べ耐久性に優れ長く使い続ける利点があります。

金属製のハンドグリップ

金属製のハンドグリップは上級者向けのハンドグリップです。
負荷の高いラインナップが豊富でハードなトレーニングメニューでも活用できます。

シリコン製のハンドグリップ

卵型やリング状のハンドグリップの多くは、持った感触が柔らかく安全で使いやすいハンドグリップです。これからハンドグリップを試される方向けです。

エクササイズ用向きのハンドグリップとは

金属バネを使わない柔らかいシリコン素材のみのハンドグリップは、負荷レベルが小さく握力の低い子どもや女性に人気のハンドグリップです。シリコンタイプのハンドグリップは握った感触がとにかく柔らかく、全体を包むように握りることで筋力を鍛えます。

しかし、簡単にエクササイズできるので乳酸を発生させる筋力トレーニングにはやや不向きです。肌代謝を促す乳酸を発生させるためには、長い時間の筋力トレーニングが必要です。

トレーニング用向きのハンドグリップとは

金属バネタイプのハンドグリップはハードに筋力を鍛えるのに適したハンドグリップです。肌代謝を促す筋力トレーニングは、金属バネタイプのハンドグリップがおすすめです。金属バネタイプのハンドグリップはハードに筋力を鍛える負荷レベルから、握力も低い子どもや女性でも握ることのできる負荷レベルの低いタイプとバリエーションが豊富にあります。

なかには負荷レベルを調整ダイヤルで変えられるハンドグリップも販売されています。肌代謝を促すハンドグリップは、「ちょっと握るのが辛い」と感じる程度の負荷レベルが最適です。握力の強い女性であれば精一杯握る負荷レベルを少ない回数鍛えるのもおすすめです。

エクササイズから筋肉トレーニングまでおすすめハンドグリップ11選

第11位【コアブレイド】ハンドグリップ

『コアブレイド』のハンドグリップは、手に触れるグリップにポリプロピレンの素材を使ったハンドグリップです。握ったときに沈み込むような柔らかな感触が特徴的で、握力が低く手を痛めやすい子どもや女性におすすめのハンドグリップです。

例えば握力負荷が10kgのハンドグリップは女性でも扱いやすく、毎日のエクササイズを無理なく続けるのに適しています。サイズによるカラー展開は7色で豊富なバリエーションも魅力です。『コアブレイド』のハンドグリップはサイズ的にも扱いやすい大きさです。ポリプロピレン素材のグリップがやや太く手の小さな女性の場合には握って合うかどうか確認するのがおすすめです。

負荷レベルが7段階と豊富なので幅広い方にお使いいただけます。エクササイズやトレーニングの内容に分けて揃えられるのも嬉しいですね。

サイズ 130mm✕100mm
負荷レベル 5kg・10kg・25kg・35kg・45kg・50kg・60kg/7段階
カラー オレンジ・ブラック・グリーン・パープル・ブルー・サックス・ピンク

第10位【GD】GRIP ULTRA-70

『GD』のハンドグリップは強化プラスチックが使われており、他のハンドグリップに比べしっかりとした作りで、もった感じも重厚感がありハードに前腕をトレーニングしたい方向けのデザインです。20kg~70kgまで負荷レベルを調整することのできるので、色々なトレーニング内容で負荷レベルを調整したい方に最適です。

強力な中央の赤色のスプリングが印象的で、調整ダイヤルを回すと大きなスプリングが押し込まれることで負荷が固くなり、70kgもの筋力トレーニングも可能です。

ハンドグリップのサイズは160mmとややサイズも大きくいので、手のひらの大きな男性におすすめです。まるでFS映画に登場しそうなハンドガンに似たデザインは、男性なら一度は使ってみたいと男性心を刺激されるハンドグリップです。

サイズ 160mm✕123mm
負荷レベル 20kg~70kg/調整
カラー ブラック

第9位【La-VIE】ハンドグリップFIT

『La-VIE』のハンドグリップは初めて筋力トレーニングする方でも手が出しやすい価格帯で滑りにくく握りやすい特徴があります。

手のひらにフィットしやすい湾曲するグリップ形状が握りやすいと女性を中心に人気です。カラー展開も5色とお手頃な価格帯での豊富なカラーバリエーションで、これからハンドグリップを始められる方から経験者の方まで幅広く人気のあるハンドグリップです。

金属バネのシンプルなデザインで価格もリーズナブルな『La-VIE』のハンドグリップなら、両手で同時にエクササイズやトレーニングできるもの魅力です。

サイズ 130mm✕90mm
負荷レベル 10kg・15kg・20kg・30kg・40kg/5段階
カラー ピンク・グリーン・ブルー・パープル・ブラック

第8位【ドンバンブリード】ハンドグリップ

『ドンバンブリード』のハンドグリップのグリップは、ポリプロピレン製なので握りやすく手にフィットしやすいデザインです。他のハンドグリップに比べやや高い価格帯ですが、トレーニング中に手が痛くなりにくいです。

とても柔らかいので、小さな子どもから高齢者まで楽しんでトレーニングできますよ。

負荷レベルは他のハンドグリップに比べてもっとも弱い5kgから用意されています。力の弱い小さな子どもや、ストレス発散に普段から気軽に使いたい方におすすめです。

サイズ 130mm
負荷レベル 5kg・10kg・15kg・20kg・25kg/5段階
カラー ピンク・イエロー・オレンジ・ブルー・レッド

第7位【Xemz】腕力強化ハンドグリップ 10-40kg

『Xemz』のハンドグリップは、本体サイズが他のものに比べてもっとも小さく、コンパクトに持ち運びやすい特徴があります。2本指だけなど部分的にトレーニングすることも可能です。

とにかくコンパクトなサイズなのでどこでもエクササイズできる手軽さがあります。持ち運びに便利なハンドグリップをお探しならおすすめです。

サイズ 81mm✕76mm
負荷レベル 10kg・20kg・30kg・40kg/4段階
カラー シルバー

第6位【HeFuo】ハンドグリップ デジタル握力計

『HeFuo』のハンドグリップは人間工学から生まれたデザインで、長い時間エクササイズしても疲れにくい設計が特徴です。エクササイズやリハビリ向けのハンドグリップで低い負荷レベルのみ用意されています。

健康を数値化するディスプレイが付いており、数値を認識することで脳が刺激され成長ホルモンを促す効果も期待できます。その他にもカロリーを記録してくれたり、筋力トレーニングの経過時間を計測記録できるなど、多機能なハンドグリップを求める方におすすめです。

また、人間工学から設計されたデザインでグリップ部分も形状も計算されたデザインで滑りにくい素材が使われているためグリップ力も高く、手の滑りやすい方におすすめのハンドグリップです。

負荷レベルが10kgのみとなっておりエクササイズだけでなく、リハビリ用にも向いています。トレーニング中に回数を数える必要がないのでテレビを見ながらの運動でも便利に運動できます。

サイズ 140mm✕108mm
負荷レベル 10kg
機能 記録カロリー・時間・カウンター・自動OFF
カラー ブルー

第5位【IRONMIND】キャプテンズ・オブ・クラッシュ ハンドグリッパー

『アイアンマインド』のハンドグリップは、世界でもっとも負荷レベルが高いと話題のハンドグリップです。クロムメッキ鋼とアルミニウムを使ったデザインは重厚感があり本格志向の方に人気のハンドグリップです。

負荷レベルは11種類で、握力の低い子どもや女性が毎日のエクササイズであれば負荷レベル27kgの“ガイド”と36kgの“スポーツ”シリーズがおすすめです。“ナンバー4”ともなると世界最強負荷の165kgの強度となります。

グリップ部のアルミニウム素材はナイロン製品に比べ触り心地もハードに感じますが、使い慣れてくると適度なザラザラ感が長い時間使っても水ぶくれしないと評価も高いです。ハンドグリップのなかでは高い価格帯になりますが、品質や強度ともに信頼できるハンドグリップでひとつのアイテムを長く愛用される方に使っていただきたい一品です。

負荷レベル 27kg・36kg・44kg・54kg・63kg・76kg・88kg・107kg・127kg・146kg・165kg/11段階
カラー シルバー

第4位【La-VIE】 ハンドグリップ クリアフィット

『La-VIE』のハンドグリップはグリップ部分がシリコン素材でカバーされており、ゴム特有しっとりとした感触の落ち心地が特徴です。

シリコンカバーのハンドグリップは、持ち手のプラスチックを覆う形状のため他のハンドグリップよりもやや太くなりやすい傾向にあります。手のひらの大きな男性にぴったりのデザインで滑りにくく、高い負荷でも安定してトレーニングに集中したい方向けのハンドグリップです。

シリコンカバーは透明で、持ち手のカラーが透けてみえるため持ち手のプラスチック部分をカラフルな色でデザインされています。安価ながらハンドグリップ自体も軽くシリコン素材で柔らかいためケガの心配も少ないことから女性も安心して使えます。

負荷レベル 10kg・15kg・30kg・40kg/4段階
カラー ブラック

第3位【ALINCO】ハンドグリップ

『ALINCO』のハンドグリップは、本体サイズも小さくポリプロピレンの素材はとても軽く、レジャーなど手軽に持ち運びやすいデザインです。カラー展開は3色でカラフルなビビッドカラーが女性の好みに合うと人気ですよ。

手のひらより大きなハンドグリップを使った場合、グリップを指先に引っ掛けて握り込む必要があります。しかし、『ALINCO』のハンドグリップは本体サイズが84mmと他のハンドグリップに比べても小さく、ハの字型のグリップは人差し指・中指・薬指・小指にフィットするよう波型の形状にデザインされており、逆に親指・手首側のグリップは手のひらにフィットするようゆるやかに湾曲した形状にデザインされています。手にフィットしやすい形状のため、手のひらの小さい方や痛くなりやすい方向けのハンドグリップです。

また、小学生低学年のいるご家庭であれば、握力と腕の筋力が足りないことで逆上がりが上達しないというケースもあります。コンパクトサイズのハンドグリップであれば、小さなお子さまにもフィットするので、逆上がりで悩んでいるお子様とお揃いのハンドグリップを揃えてみるのはいかがでしょうか?

サイズ 126mm✕84mm
負荷レベル 10kg・15kg・20kg・30kg・40kg/5段階
カラー ピンク・グリーン・ブルー・ブラック・パープル

第2位【Plaisiureux】ハンドグリップ

『Plaisiureux』のハンドグリップは、グリップを握り回転させることで前腕をトレーニングすることが可能です。ひねって回転させる運動で、一般的なハンドグリップとはまるで違う負荷のかかり方が特徴的です。肩から前腕まで全体を使うように筋力トレーニングするため、乳酸が発生しやすく美しい前腕を手に入れるのに適しています。

ドーナツ型の器具が二つ繋がるデザインはとても印象的で、ハンドグリップのなかで最も大きなサイズのデザインです。ハンドグリップそのものに重さがあるので、胸の前に持ち上げて使うことで重さによるトレーニングも可能です。肩から前腕にかけて腕全体を同時に鍛えられます。

負荷レベルのラインナップは、女性にちょうど良い10kgから通常の20kg、しっかり鍛えたい30kgと3タイプの種類に分かれています。

握り込むタイプのハンドグリップとは異なるものをお探しの方に人気のアイテムです。本格志向であれば両方のタイプ揃えるのはいかがでしょうか?

サイズ 410mm✕220mm
負荷レベル 10kg・20kg・30kg/3段階
カラー ブラック・レッド

第1位【Cookie Talk】ハンドグリップ 5-60kg


『Cookie Talk』のハンドグリップは、価格帯も手頃で負荷レベルを調整できるデザインです。2個セットのタイプを購入すれば同時に両腕を鍛えることが可能です。同時に両腕を鍛えることで片方ずつするよりも時間が半分になり、モチベーションも保ちやすく継続した筋力トレーニングに繋がります。

負荷レベルを調整できるハンドグリップのバネは、ステンレス製のものが使われており錆びにくく長持ちします。5kgからと低い負荷レベルで設定されているため女性でも扱いやすく、これから徐々に握力も増加させたい方におすすめです。

カラー展開も調整タイプのハンドグリップでは4色と豊富なラインナップなのも魅力のひとつです。

調整ダイヤルを右回転せれば圧力が高まり60kgの負荷レベルにまでなるため、前腕の筋力を増加させたい本格志向の方でもしっかりトレーニングが可能です。

ハンドグリップを握るグリップ部分の素材は、滑りにくいTPRゴムが使われています。手に馴染みやすく、手汗のでやすい方でもしっかりフィットする設計です。さらに、手のひらの保護できるトレーニンググローブが付属で付いています。

これからハンドグリップを試される方から筋力を更に増加させたい本格志向の方まで、自分の好みの負荷で自由にトレーニングできる人気のハンドグリップです。

サイズ 150mm✕110mm
負荷レベル 5kg~60kg
カラー ブラック・イエロー・グレー・オレンジ

ハンドグリップを使ったエクササイズと筋トレの方法

ハンドグリップ おすすめ

ハンドグリップの筋力トレーニングやエクササイズは、握るだけの運動がメインとなりシンプルで簡単な分、筋力トレーニングの方法を工夫する必要があります。比べ重いタイプのハンドグリップを選べば腕全体を鍛えることも可能です。また、胸よりも高い位置で筋力トレーニングするのもおすすめです。

空き時間にハンドグリップを使ってエクササイズ

ハンドグリップは握るだけのシンプルな動作でエクササイズが可能なため、ちょっとした空き時間のトレーニングに適しています。持ち運びやすい軽くて小さなハンドグリップであれば、トイレで本を読む代わりにトレーニングしたり、待ち合わせの時間を使ってトレーニングできます。そこで、効果的に乳酸を発生させる筋力トレーニングをご紹介します。

  1. ハンドグリップを掴み手のひらを握りながら、同時に肘を前へ伸ばします。
  2. 握力の低い子どもや女性は足に向かい肘を伸ばします。握力の強い女性の場合には胸から水平に前へ腕を伸ばします。
  3. ハンドグリップを握ったまま、手のひらを緩め同時に肘を曲げ戻します。
  4. 無理なく簡単に握られるまで鍛えられたら、負荷レベルを見直しましょう。

曲げ伸ばしする速さはゆっくりで、握った状態で動きを5秒止めるとより効果的です。

女性におすすめなハンドグリップを使ったバストアップトレーニング

ハンドグリップを使って同時にバストアップに効果的なトレーニング方法です。腕の力が弱い女性でもしっかり筋力トレーニングできるのでおすすめです。お風呂に入る前など継続的に続けることでバストが上に持ち上がり美しいバストラインへと生まれ変わります。

  1. 両手を握り祈るようなポーズでハンドグリップを軽く握ります。
  2. 軽く握ったままハンドグリップの位置を胸より少し下の胃のあたりで固定します。
  3. ハンドグリップを掴んだ両肘を胸に向かって押し込むように力を入れます。ハンドグリップが閉じるまでは肘の力を使い、閉じてからは握力を使ってキープします。ハンドグリップを閉じる時に横にずれて打撲しないよう注意が必要です。
  4. 胃のあたりで30秒程度しっかり動きを止めて握り込みましょう。

うまく握り込めない場合には滑り止めのしっかりしたハンドグリップを選び直しましょう。胸の筋肉を意識しながら繰り返すとバストアップに効果的です。勢いよく手を離すとハンドグリップが胸に当たり打撲する場合があるので怪我には注意しましょう。

ハンドグリップを使った前腕の筋肉トレーニング

ハンドグリップを使って手首の力も同時に鍛えるトレーニング方法です。

  1. 握手をするようにハンドグリップを軽く握り、脇を閉めて腕相撲のような腕の状態でハンドグリップを固定します。
  2. 手のひらでハンドグリップを握りながら、同時にゆっくりと手首も体の内側へ引き寄せます。腕相撲と同じような力の入れ方です。この時肘がグラグラ動かないように注意しましょう。
  3. 手を緩めて元の腕の位置に戻します。
  4. ハンドグリップを手のひらを握りながら、今度は逆の方に手首を動かし体の外側へ反らせ力を入れます。
  5. 体の内側、外側、頭に向かって、足に向かって握りながら4方向に繰り返します。
  6. 慣れてきたらゆっくりとした動作から瞬発的な動作へ変化させます。

握るだけのエクササイズに比べて、前腕筋群がより伸縮するため前腕の筋力が増加します。

握力の低い子どもや女性の場合には、手首を痛める場合もあるので注意が必要です。手首の腱に痛みを感じた場合には筋力トレーニングを中止しましょう。

腕を出す季節にはハンドグリップで理想的な前腕を手に入れる

筋力トレーニングすることで成長ホルモンが分泌され、理想的な前腕を保つための肌代謝が促進されます。成長ホルモンを多く発生させるためには筋肉トレーニングが必要です。自分の握力に合わせて段階的にハンドグリップ負荷レベルを調整することで、より効果的に成長ホルモンの分泌を促すことができまよ。スクワットなどの通常エクササイズに加え、ハンドグリップの筋力トレーニングを日常生活にぜひ取り入れてみてくださいね。