ヨガマットおすすめランキングTOP30!目的別素材の選び方・人気ブランドの特徴も伝授

ヨガは自宅でも気軽にできる人気のスポーツのひとつです。ヨガを始めるにあたり揃えておきたいのがヨガウェアとヨガマットではないでしょうか。しかしヨガマットはどのようなブランドで、どのような商品を購入すれば良いのかわからないという方が多くいます。そこで今回は、おすすめのブランドとともにおすすめのヨガマットをランキング形式でご紹介します。自分に合ったヨガマットを探して、今よりもっとヨガを楽しみましょう!

動的ヨガと静的ヨガって?

ヨガマットを選ぶ際、どのようなヨガを始めたいかを明確にすることが大切です。ヨガは大きく分けて「静的ヨガ」と「動的ヨガ」の2つに分けられますが、どちらのヨガをやりたいかによってヨガマットの種類が変わるためです。ヨガ初心者は、まずどのヨガを始めるか決めてから、ヨガマットを購入しましょう。

FD_20_1,ヨガ

静的ヨガの場合

「ハタヨガ」や「マタニティヨガ」など、ゆっくりとした動きが特徴の静的ヨガは、リラックス効果を期待したい方や初心者におすすめです。意識を内側に集中しなければならないため、クッション性が高く、安定できるヨガマットが良いでしょう。

動的ヨガの場合

「アシュタンガヨガ」や「パワーヨガ」など、動きながら全身をストレッチし、身体の柔軟性を高める動的ヨガは、さまざまなポーズをしなければならないため、しっかりと身体を支えられ、踏ん張ることができるヨガマットがおすすめです。また、運動量が多く、汗も多くかくため、手入れのしやすいものが良いですね。

ヨガマットは大きく7素材!特徴と選び方のポイント

ヨガマットには素材も色々ありますが、どのような素材が良いのでしょうか。それぞれ特徴が異なりますので、ヨガマットに求めるポイントに合った素材を選びましょう。

FD_20_2,ヨガ

【PVC(ポリ塩化ビニル)】ヨガ初心者におすすめ

PVCは安価で購入することができ、ヨガマットとして使用されている素材のほとんどがPVCと言っても良いほどです。リーズナブルな価格ですので、ヨガを初めたばかりで、どんなヨガマットが良いのか悩んでいる方にはおすすめの素材です。

しかし、PVCは水洗いをすることができないため、汗を多くかくホットヨガなどを始めようと思われている方には不向きです。また、グリップ力が弱いため、動的ヨガを始めようと思われている方にもおすすめできません。踏ん張る動きができないため、PVCでは少し不安が残ります。

そして、独特な匂いもするため、匂いに敏感な方も注意しましょう。汗をあまりかかない静的ヨガを始めようと考えている方におすすめな素材です。

【PER(ポリマー環境樹脂)】水洗いができる!

PVCと比べると少々値段が高くはなりますが、それでも他の素材よりは安価なPERです。PERはPVCと同様に化学素材ではあるため特有の匂いはありますが、水洗いもできるので、清潔に長く使うことができます。

またPVCと違い、燃やしてもダイオキシンが出ないので、環境に配慮された素材と言われています。グリップ力はPVCと同様弱いので、動的ヨガではなく静的ヨガを始める方におすすめです。

しかし、PERのヨガマットを取り扱っているブランドが大変少ないため、お好みの形や色で選ぶことができない可能性は大いにあります。もしもお好みのヨガマットがPERでしたら、一度試しに購入してみるのも良いですね。

【EVA(エチレン・ビニール・アセテート)】使い勝手抜群!

ビーチサンダルの底などによく使用される素材です。そのため水には大変強く、ごしごし洗って清潔に使いたい方にはおすすめです。またEVAはクッション性が高い素材ですので、グリップ力が求められる動的ヨガにも最適です。そしてEVAはとても軽いため、持ち運びが多い方には大変おすすめです。外や教室でヨガをされる方はEVAが良さそうですね。

しかし劣化するのが早い素材ですので、耐久性を求める方にはおすすめできません。また少々お値段も高めですので、安価なヨガマットをお探しの方には適していないかもしれませんが、優れた素材ではありますので試してみる価値はあります。

【TPE(サーモプラスチック・エラストマー)】長く使っていきたい方におすすめ

TPEはゴムの性質を持っていますが、ゴムではないためゴムアレルギーの方も安心です。また、TPEはクッション性も高いため激しい動きをする動的ヨガをする方にもおすすめです。

EVAに比べると多少重くはなりますが、TPEも軽いので持ち運びに便利です。そしてTPEは水洗いができる上に耐久性も抜群です。少々高額にはなってしまいますが、これから長くヨガをやっていきたいという方とってはおすすめできる素材です。

【麻】良い香りで気分も最高

天然素材の中でも1番人気の麻は、香りが良く、集中力を高めてくれます。また、麻は水分の吸収性に優れており、汗をかいても滑る心配がないため、安心してヨガに取り組むことができます。ヨガ上級者には麻の素材のヨガマットを使用する方が多くいますよ。

どうしても麻のヨガマットは高価格のものが多くなりますが、化学素材でのアレルギーを心配される方は麻の素材を試してみても良いかもしれません。

【天然ゴム】優れた耐久性と安定性!

天然ゴムは耐久性、安定性、グリップ力に優れており、手入れさえ怠らなければ一生使うことができるとも言われております。ただし、ゴム特有の匂いが苦手な方やお手入れをきちんと出来ない場合にはおすすめできない素材でもあります。

また、天然ゴムのため大変重く、持ち運びはほぼ不可能です。ご自宅でヨガをされる方には良いかもしれませんね。そして、価格も高めのものが多いので、天然ゴムの特徴を知ったうえで購入すると良いでしょう。

【畳】日本人に安心の香り

実は、海外でヨガマットの素材として人気急上昇中なのが畳です。日本人にはぴんと来ないかもしれませんが、実はグリップ力があり、耐久性も良く、万能な素材です。そして麻と同じく天然素材の畳は、香りが大変良く、ヨガへの集中力を高めてくれます。

使用している方は少ないかもしれませんが、天然素材のヨガマットをお探しの方は畳を候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

ヨガマットおすすめブランド10選

ヨガマットにも色々なブランドがあります。ブランドによって特徴は異なりますので、ご自身に合ったブランドを選ぶと良いでしょう。どのようなブランドが良いか悩まれている方は、参考にしてくださいね。

FD_20_3,ヨガ

manduka(マンドゥカ)

大手ヨガマットブランド『マンドゥカ』は、1997年にアメリカで誕生しました。マンドゥカのヨガマットはどれも高い機能性と耐久性を持ち、理想的なヨガマットであると言われています。

また、マンドゥカのヨガマットはグリップ力に関して大変高い評価を得ており、裏面は特殊なドット加工で仕上げられているため、床面のスリップ防止はもちろん、野外の使用にも対応しています。さらに身体の触れる表面はスリップを防ぎ、適度なグリップ力があると定評があるうえ、汗や水分などのべたつきも防止します。

マンドゥカのヨガマットはProシリーズ、eKOシリーズ、LiveONシリーズの3つのシリーズに分かれており、プロ仕様~エコ重視タイプ、子ども用のヨガマットまでとラインナップが非常に充実しております。

また、デザインはシンプルで上品なものが多く、豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつです。厚さも色々用意されており、持ち運びに適した3mmのヨガマットから、クッション性を重視した6.5mmのヨガマットまで様々です。特に厚みのあるヨガマットはマンドゥカ独自のクッション性を持っているため、一度使うと他のヨガマットが使えなくなると言われるほど好評です。

suria(スリア)

『スリア』は1984年にアウトドア製品などを開発する企業として創業した株式会社インターテックが、2004年にスタートした、ヨガ関連の商品を取り扱うブランドです。ヨガが世界的ブームとなった2003年の翌年からスタートしたブランドであり、ヨガブームの流れにうまく乗り、一躍知名度を上げることに成功しました。

スリアのヨガマットは表面が凸凹になっており、グリップ力は問題ないでしょう。また、ヨガマットのバリエーションは現在3種類あり、品揃えはさほど豊富ではありませんが、3種類のうちの1つ「HDエコマットプラス4mm」は、全10色という豊富なカラーバリエーションを誇っています。

また、デザインはロゴが可愛く、カラーバリエーションもあるということで、多くの方から高い評価を得ています。厚さは4mmと6mmの2種類のみとなっておりますが、スリアのヨガマットは高密度ファームを使用しているためクッション性が高く、厚さに関して不満を持つ人は少ないですよ。

Real Stone(リアルストーン)

『リアルストーン』はヨガを愛する女性に大変人気のある日本発のブランドです。ヨガやフィットネスウェアに関する商品の企画から製造、卸、そして販売を一括して行う企業ボディーアートジャパンが展開するオリジナルブランドとなっています。

リアルストーンのヨガマットは、滑りにくく、クッション性もあります。価格帯は非常に低価格で、コストパフォーマンスに大変優れています。

現在、バリエーションは1種類のみで、あまり品揃えはよくありませんが、8色のカラーバリエーションに加え、ネット通販ではタイダイバージョンも用意されています。厚さは6mmのみですが、しっかりとしたクッション性があるため、ヨガを楽しむには十分な厚さと言えるでしょう。

yoga works(ヨガワークス)

国内有数のヨガ関連ブランド『ヨガワークス』は、日本国内で非常に知名度の高いブランドです。ヨガワークスは、ヨガ関連の商品企画、製造販売、そして全国のヨガスタジオや百貨店などに卸売販売をおこなっているので、ヨガを始めた方なら一度は耳にしたことのあるブランドではないでしょうか。

また、ヨガワークスのヨガマットのグリップ力は非常に優れており、ヨガ指導者からも高い評価を得ています。バリエーションは、オーソドックスなヨガマット「YOGAMAT BALANCE」とハイクオリティのヨガマット「HIGH STANDARD」の2つのラインナップに分けられます。全て合わせると、合計6つのバリエーションから選ぶことができます。

デザインに関しては、カラーバリエーションも豊富ですが、水玉模様や蓮の花模様などデザイン性のあるヨガマットも用意されています。

厚さは「YOGAMAT BALANCE」の3.5mmと6mm、「HIGH STANDARD」の4.2mmと7mmの4種類あり、1番人気の6mmは、弾力がちょうど良く安心して使用できる厚さとなっております。持ち運びが多い方は3.5mmを使用する方が多いですよ。

Anri&Bebe(アンリベベ)

日本発のヨガマットとヨガウェアの専門ブランド『アンリベベ』は、体に優しく環境に優しいというコンセプトを持っています。そのため素材には非常にこだわっており、ヨガマットによく使用される素材、PVCは一切使われておりません。主にリサイクルができるTPEを使っています。

TPEを使っているので、グリップ力は抜群です。またバリエーションは1種類のみとなっていますが、リバーシブルで使用できるうえ、カラーバリエーションも豊富です。その日の気分で色を変更できるのは嬉しいですね。厚さは5mmのみとなっておりますが、5mmでもクッション性があり、使いやすいと評判です。

JADEYOGA(ジェイドヨガ)

『ジェイドヨガ』は元々天然ゴムを使った絨毯の滑り止め用マットを製造していましたが、その滑り止め用マットをヨガマットとして使用しているヨガの生徒を見たことがきっかけとなり、2002年よりヨガマットを本格的に生産スタートしました。

ジェイドヨガの天然ゴム製のヨガマットはヨギーから高く評価され、結果今では多くのプロに愛用される商品となりました。ジェイドヨガのヨガマットは天然ゴム100%のためグリップ力は抜群で、大変滑りにくいと評されています。グリップ力だけでヨガマットを選ぶならジェイドヨガのヨガマットが一番と言われるほどですよ。

バリエーションは全部で3種類あり、1番人気は厚さ4.5mmの「ハーモニープロフェッショナル」、次に厚さ8mmの「ジェイドフュージョン」、そして3.2mmの薄さがポイントの「ジェイドトラベルマット」となります。

デザインは非常にシンプルで、カラーバリエーションは「ハーモニープロフェッショナル」が8色展開と比較的豊富です。厚さは薄いものから厚いものまで幅広く展開されており、持ち運ぶことが多い人なら「ジェイドトラベルマット」、ご自宅用またはピラティスなど動的ヨガをされる人には「ジェイドフュージョン」、どちらにも対応可能な「ハーモニープロフェッショナル」と、用途によって選ぶことが可能です。

Hugger Mugger(ハガーマガー)

『ハガーマガー』はアメリカ生まれのヨガ用品専門メーカーです。ハガーマガーの商品はヨガのインストラクターや愛好家たちが何度もテストをおこない作り上げられているため、高品質かつ耐久性に優れています。また、ハガーマガーは環境に配慮したブランドであるため、オーガニック素材やTPEなどを主に使用しています。

ハガーマガーのヨガマットはグリップ力に定評があり、表面には滑り止めにノンスリップ加工を施してあります。特に厚みのあるものに関しては、手足をしっかりと包み込んでくれます。

バリエーションは非常に豊富で、様々なラインナップの中から選ぶことが可能です。デザインも多くの方から好評を得ており、色鮮やかなグラデーションのデザインから、美しいデザインのヨガマットまで用意されており、センスの良いブランドと言えるでしょう。

厚みは2mm、3mm、5mm、6mm、10mmと非常に多岐に渡っており、ヨガマットに求める要望はハガーマガーが叶えてくれるのではないでしょうか。

easyoga(イージーヨガ)

『イージーヨガ』はデザイン性、機能性、耐久性を追求したヨガウェアやヨガグッズを取り扱っているブランドです。ヨガインストラクターからビギナーまで多くの人から愛用されており、指導者養成コースの指定グッズとして認定されているほどの品質です。

天然ゴムを使用しているためグリップ力がずば抜けており、使いやすいと評判です。またラインナップも豊富で、持ち運びに便利なものから、初心者用のお手頃価格なもの、さらにはインストラクターが使うような高いグリップ力と重量感を兼ね備えたものまで、幅広く選べます。

デザインも他のブランドとは違ったカラー展開や個性的なデザインがあり、おしゃれを楽しみたい方にはぴったりです。厚さは2mm、5.5mm、6mmと展開があり、なかでも5.5mmの「プレミアムラバーヨガマット」が人気です。

GAIAM(ガイアム)

全米でトップクラスの人気を持つヨガ関連商品取扱いブランドの『ガイアム』は、他ブランドにはない機能性やデザイン性があることで有名です。

1988年に創業されたガイアムは、ヨガウェアやヨガマットだけでなく、オーガニック素材を使用した家具なども幅広く取り扱う、全米を代表するウェルネスブランドです。ガイアムの商品開発は地球環境を配慮しており、環境や健康を意識する人達に向けて様々な商品を提案しています。

ガイアムのヨガマットは表面にエンボス加工が施されているため、グリップ力があるだけでなく、不快な汗のべたつきも軽減してくれます。また、ラインナップも非常に豊富で、海外のガイアムの公式HPでは、なんと50種類以上のラインナップを取り扱っています。デザインはもちろん、厚さも目的に合わせて用意されているので、充実した品揃えに驚くばかりです。

また、コストパフォーマンスが高いので、どの商品を選んでも安心です。
デザインは様々な柄があり、フラワープリントやチャクラプリント、ダマスク柄など、他ブランドにはない柄をガイアムでは見つけられるでしょう。厚さも1mm、2mm、3mm、4mm、5mm、8mmと、使用目的にあったヨガマットを選ぶことができます。

NIKE(ナイキ)

今や名前を知らない人はいない、世界的スポーツブランドの『ナイキ』はヨガ関連の商品も取り扱っています。あまりヨガのイメージはないかもしれませんが、実は知名度があり、リーズナブルな価格でヨガマットを購入できるので初心者には人気です。

ナイキのヨガマットは両面にテクスチャード加工の独立気泡フォームが施されているため、グリップ力が優れています。また質感、肌触りも柔らかく、使いやすいと評判です。

バリエーションはあまり充実はしていませんが、オーソドックスなタイプでしたら問題なく選べるでしょう。また、デザインもシンプルなものが多くなっています。

厚さは主に3mmのヨガマットですが、5mm、8mmのタイプも展開しています。しかし5mm以上のものは価格も上がるため、他ブランドのヨガマットの方が良いかもしれませんね。リーズナブルで持ち運びのしやすい3mmのヨガマットが、一番おすすめですよ。

ヨガマットおすすめランキングTOP30

気になるブランドはありましたか?今度はおすすめのヨガマットをランキング形式でご紹介します。きっと自身のヨガのスタイルに合ったヨガマットが見つかるはずです。

第30位【チャコット】AddElmアドエルムマット(12mm)

厚みがしっかりあるヨガマットのためクッション性が抜群です。激しく動くピラティスなどにも適しており、自宅でのトレーニングにおすすめです。AddElm Kinetic theory(アドエルム運動理論)を取り入れた『チャコット』のヨガマットです。

  • 厚さ 12mm
  • 重さ  1.35kg
  • 素材 TPE

第29位【プラナ】エコヨガマット(5mm)

アメリカでは高い知名度を誇る『prAna(プラナ)』です。両面使用可能で、クッション性・グリップ力は申し分ありません。また独立気泡のため、細菌が繁殖するのを防ぎます。初めてヨガマットを購入される方におすすめですよ。
 

  • 厚さ 5mm
  • 重さ  0.98kg
  • 素材 TPE

第28位【イージーヨガ】プレミアムラバーヨガマット(5.5mm)

厚さが5.5mmで重量感のあるヨガマットですので、ピラティスなどハードに動くヨガにぴったりです。丸めたときのホールド用に紐がついています。また『イージーヨガ』ならではの高級感があり、品のあるデザインとなっています。天然ゴムを使用しているため、汗で滑る心配もありません。
 

  • 厚さ 5.5mm
  • 重さ  2.6kg
  • 素材 天然ゴム

第27位【ヨガデザインラボ】トラベルマット(1mm)

『ヨガデザインラボ』のトラベルマットはなんといっても美しいデザインがポイントです。また厚さも1mmと大変薄く、持ち運びに大変便利です。ヨガマットを持ち運ぶ機会が多い方におすすめの商品です。 

  • 厚さ 1mm
  • 重さ  1kg
  • 素材 天然ゴム

第26位【チャコット】AddElmアドエルムNEWフォルダブルヨガマット(5.5mm)

AddElm Kinetic theory(アドエルム運動理論)を取り入れた、『チャコット』の折り畳み式ヨガマットです。長さの調節が可能なため、狭いスペースでヨガをする際に大変便利です。端を折りたためば枕のように使えるので、シャバアーサナのときに良いですね。

  • 厚さ 5.5mm
  • 重さ  0.75kg
  • 素材 TPE

第25位【マンドゥカ】 ブラックマットPRO (6mm)

世界中の有名ヨガインストラクターから愛されている『マンドゥカ』のヨガマットです。ブラックマットのグリップ力、クッション性は圧倒的で、アクティブなヨガをする方には特におすすめです。ただし、どっしりとした重量感のあるヨガマットですので、持ち運びには不向きです。自宅用、またはスタジオの置きマットとして使用するのが良いでしょう。
 

  • 厚さ 6mm
  • ▼重さ  3.4kg
  • 素材 PVC

第24位【スリア】トラベルヨガマット(1.5mm)

折り畳んで持ち運ぶことのできる『スリア』のトラベルヨガマットは、外出先でヨガを楽しみたい方にはおすすめの一品です。化学物質とアレルギー物質を取り除いた天然ゴムを使用している、こだわりの高いヨガマットです。
 

  • 厚さ 1.5mm
  • 重さ  1kg
  • 素材 天然ゴム

第23位【マンドゥカ】 ヨガマットPROライト(5mm)

人気のブラックマットの軽量版ともいえる商品です。ブラックマットの優れた機能性はそのままに、持ち運びに適した軽さを可能にしました。豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつであり、『マンドゥカ』のヨガマット未体験の方にはおすすめです。
 

  • 厚さ 5mm
  • 重さ  1.8kg
  • 素材 PVC

第22位【イージーヨガ】エコダブルフェイスヨガマット -Light PLUS-(6mm)

しっかりとした厚みがありながら、軽くて持ち運びもできる『イージーヨガ』のヨガマットです。エンボス加工でセンターラインが入っているため、手足のポジションやポーズの確認をすることもできます。リバーシブルで使えるので、その日の気分によってカラーを変えることができるのも嬉しいですね。

  • 厚さ 6mm
  • 重さ  1kg
  • 素材 TPE

第21位【Active Winner】ヨガマット (6mm)

マットの長さが183cmと、かなり大きめに作られているので男性でも安心です。ハードなヨガにも対応できる厚さ6mmのヨガマットですので、クッション性、グリップ力も問題ありません。『Active Winner』は持ち運びしやすいようにストラップも付いていますので、大変便利です。

  • 厚さ 6mm
  • 重さ  1.3kg
  • 素材 PVC

第20位【ヨガワークス】 ヨガマットスタンダード(3.5mm)

厚さが3.5mmでありながら、ちょうど良い弾力性がある『ヨガワークス』のヨガマットです。カラーバリエーションが非常に豊富なため、女性の心を掴んで離さない人気商品です。リーズナブルな価格で購入することができるので、ヨガ初心者にはおすすめです。
 

  • 厚さ 3.5mm
  • 重さ  1.3kg
  • 素材 PVC

第19位【アムニー】ヨガマットM@TRANSCENDENCE(1.5mm)

なんと厚さ1.5mmの軽量ヨガマットのため、折り畳んでかばんにすっぽり入ります。旅行用はもちろん、仕事帰りにヨガに行く際にも気軽に持ち運ぶことが可能です。天然ゴムのため、汚れたときは水洗いもできますので、ビーチでのヨガにも最適ですね。
 

  • 厚さ 1.5mm
  • 重さ  0.8kg
  • 素材 天然ゴム

第18位【ジェイドヨガ】マット ハーモニープロフェッショナル (4.5mm)

グリップ力とクッション性に徹底的にこだわって作られたヨガマットです。アメリカのFDA(米国食品医薬品局)の安全基準をクリアしているため、品質は保証されています。ヨガ上級者から支持されている『ジェイドヨガ』のヨガマットの中でも一番人気のモデルです。
 

  • 厚さ 4.5mm
  • 重さ  1.9kg
  • 素材 天然ゴム

第17位【ナイキ】 ファンダメンタル ヨガマット(3mm)

『ナイキ』のヨガマットは、弾力性に優れており、身体にしっかりとフィットします。両面にテクスチャード加工を施しているため、滑りにくくなっています。デザインもシンプルで、軽量なため、男女問わず使いやすい作りとなっています。
 

  • 厚さ 3mm
  • 重さ  不明
  • 素材 スチレンブタジエンスチン ポリエステル

第16位【ヨガデザインラボ】インフィニティマット(5mm)

グリップ力、クッション性、安定感と3つのバランスが取れた『ヨガデザインラボ』のヨガマットです。表面はポリウレタン加工がされてあり、グリップ力が抜群です。ヨガマットが乾いていても、濡れていても滑ることはなく、安心してポーズを取ることができます。お手入れはタオルで拭くだけですので、とても簡単です。

  • 厚さ 5mm
  • 重さ  1.8kg
  • 素材 天然ゴム(表面PU加工)

第15位【マンドゥカ】エコスーパーライトトラベルマット (1mm)

ままにした『マンドゥカ』の次世代エコヨガマットは、厚さ約1mmで持ち運びやすさ抜群です。薄いためクッション性は劣りますが、グリップ力に秀でています。▼ ビーチや芝生の上でも使用できるので、外でのヨガにも最適です。
 

  • 厚さ 1mm
  • 重さ  0.9kg
  • 素材 天然ゴム

第14位【ヨガデザインラボ】コンボマット(3.5mm)

表面は100%リサイクルペットボトルで作られたマイクロファイバーで仕上げられており、手足に汗をかき始めると滑りにくくなる特性があります。また、高品質の生分解性天然ゴム、環境にやさしい水溶性インキを使用しており、こだわりを持って作られています。『ヨガデザインラボ』はデザインもバリエーションが豊富で、どれも目を引く美しいデザインばかりです。
 

  • 厚さ 3.5mm
  • 重さ  1.8kg
  • 素材 天然ゴム(表面マイクロファイバー仕上げ)

第13位【inFIT】 ヨガマット(4mm)

コストパフォーマンスが高い『in FIT』のヨガマットは、薄くて軽いのが特徴です。弾力性があり、滑りにくいため、ヨガに限らずストレッチや筋トレにも向いています。リーズナブルな価格ですので、気軽に使えるのが良いですね。
 

  • 厚さ 4mm
  • 重さ  0.8kg
  • 素材 PVC

第12位【マンドゥカ】Welcomeヨガマット(5mm)

ヨガを始めたばかりの方におすすめの『マンドゥカ』のヨガマットです。ヨガマットにはセンターラインが引いてあるため、正しいアライメントかどうか目視で確認をすることができます。軽量タイプではありますが、高品質ですのでグリップ力が高く、ヨガのポーズも安心してとることが可能です。
 

  • 厚さ 5mm
  • 重さ  1kg
  • 素材 TPE

第11位【スリア】HDエコマットプラス(6mm)

厚さ6mmにもかかわらず、とても軽量な『スリア』のヨガマットです。コシのあるしっかりとしたクッション性のため、ひざやひじをついた時もやさしくサポートしてくれます。安定感もあるため、ヨガを集中しておこなうことができます。0.9kgと持ち運びもしやすく、非常に使いやすいヨガマットと言えるでしょう。
 

  • 厚さ 6mm
  • 重さ  0.9kg
  • 素材 TPE

第10位【DABADA】 ヨガマット(10mm)

10mmという厚さが特徴的なヨガマットですが、重さは1kgとあまり重くありません。クッション性が抜群のため、快適にヨガをおこなうことができます。また、通常のヨガマットと違いニトリルゴムを使用していることでトレーニングの際にかかる身体への負担を軽減してくれます。
 

  • 厚さ 10mm
  • 重さ  1kg
  • 素材 NBR(ニトリルゴム)

第9位【ピュアライズ】 ヨガマット(8mm)

『ピュアライズ』のヨガマットはクッション性が抜群のため、床がかたくても身体が痛くなりません。マタニティヨガなど座った状態のポーズが多いヨガをされる方にはおすすめです。またこちらのヨガマットには収納ケースもついてくるため、持ち運びに大変便利です。
 

  • 厚さ 8mm
  • 重さ  3.1kg
  • 素材 PVC

第8位【エス】もっちりヨガマット(8mm)

身体が痛くならない優れた弾力性と、厚さ8mmでも軽量な使い勝手のよいヨガマットです。名前のとおり、もっちりとしたさわり心地で、ヨガを快適におこなうことが可能です。持ち運ぶ際に便利なメッシュケースは通気性に優れており、衛生的です。
 

  • 厚さ 8mm
  • 重さ  0.65kg
  • 素材 高級素材NBR(ニトリルゴム)

第7位【ビーヨガ】Bマット トラベラー(2mm)

カナダ発のヨガマットブランド『ビーヨガ』のBマットトラベラー(2mm)は、Bマットのラインナップの中でも最軽量です。高品質でスタイリッシュなデザインのヨガマットは、カナダやアメリカのヨギーニ達から高い支持を受けています。グリップ力に優れているので、汗や湿気があっても問題なく使用できます。
 

  • 厚さ 2mm
  • 重さ  1.3kg
  • 素材 ゴム

第6位【スリア】NEW!HDエコマットプラス(4mm)

厚さ、重さ、価格、クッション性、どれをとってもバランスが取れた『スリア』のヨガマットは、カラーバリエーションも豊富です。ヨガ初心者の方にとって使いやすいヨガマットですので、これから初めてヨガマットを購入しようと検討中の方におすすめです。
 

  • 厚さ 4mm
  • 重さ  0.9kg
  • 素材 TPE

第5位【マンドゥカ】エックス ヨガマット(5mm)

天然ゴムと同等のグリップ力があるといわれている『マンドゥカ』のエックスヨガマットは、表面のドライグリップ仕上げが特徴的です。滑りにくく、持ち運びのしやすいヨガマットですので、男女問わず人気急上昇中の商品です。アクティブなヨガやワークアウトにはこのヨガマットが良いですね。
 

  • 厚さ 5mm
  • 重さ  1.7kg
  • 素材 TPE(表面ドライグリップ仕上げ)

第4位【ビーヨガ】Bマット ストロング (6mm)

どのような場面でも安心して身を任すことのできる優れたグリップ力がポイントのヨガマットです。厚さ6mmのBマットストロングは、全てのヨガにおすすめです。また、大胆なポーズをするパワーヨガなどで抜群の安定感を感じることができるでしょう。丸ごと水洗いもできるので、衛生面でも安心です。
 

  • 厚さ 6mm
  • 重さ  2.4kg
  • 素材 ゴム

第3位【リオレス】おりたたみ ヨガマット 収納ケース付き(5mm)

折り畳んで収納することができる『リオレス』のヨガマットは、持ち運びに便利と評判です。折り畳みサイズは30.5×24.7×7cmと非常にコンパクトなため、かさばることはありません。旅先や出張先など出先でもヨガを気軽に楽しむことができるでしょう。リーズナブルな価格も人気の理由のひとつです。
 

  • 厚さ 5mm
  • 重さ  0.9kg
  • 素材 PVC

第2位【ビーヨガ】Bマット エブリデイ (4mm)

名前のとおり、日常用に使えるようにと作られたBマットエブリデイは、使い勝手の良いヨガマットです。ちょうど良い厚さ4mmであるため、自宅用はもちろん、持ち歩きもできるので、シーンを選ばず使うことが可能です。また、非常に丈夫であるため、気軽に使えます。
 

  • 厚さ 4mm
  • 重さ  1.9kg
  • 素材 ゴム

第1位【グロング】 ヨガマット(10mm)

大人気ブランド 『グロング』のヨガマットは、厚さが10mmあるためしっかりと身体を支えてくれます。また、クッション性も優れているので、リラックスしてヨガを楽しむことができるでしょう。

長さは183cmと、ロングタイプのヨガマットで男性も安心して使えます。ロングタイプであり、厚さ10mmのヨガマットですが、非常に軽量でリーズナブルな価格となっており、コストパフォーマンスが高い商品と言えます。
 

  • 厚さ 10mm
  • 重さ  0.8kg
  • 素材 NBR(ニトリルゴム)

自分に合ったヨガマットを見つけて、ヨガライフを楽しもう!

ヨガマットのブランドやおすすめのヨガマットをランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?自分のヨガスタイルに合ったヨガマットを選んで、今よりもっとヨガを楽しみませんか?きっと今以上にヨガが好きになりますよ!