ナイキの野球用スパイクおすすめ3選!選び方のポイントやサイズ感について

ナイキの野球用スパイクおすすめ3選!選び方のポイントやサイズ感について

野球用スパイク選びは初心者には難しく、間違ったものを選んでしまうと力を発揮できないばかりか、怪我をしてしまう恐れがあります。そこで今回は、スパイク選びの4つのポイントと、高品質で知られているナイキ製スパイクのなかからおすすめを5つご紹介します。

野球用スパイク選びの4つのポイント

野球用スパイク選びの4つのポイント

野球用のスパイクを探すときには「金具とポイント」「カットタイプ」「サイズ」「素材」のチェックが大切です。ひとつずつ見ていきましょう。

金具スパイクとポイントスパイク

野球用スパイクは、地面と接するトゲの部分(スタッド)の素材によって「金具スパイク」と「ポイントスパイク」の2種類に分類されます。

金具スパイクはその名のとおり金属を使用しており、土や天然芝の球場でグリップ力を発揮します。最近増えている人工芝の球場では、あまりグリップできず滑ってしまうため注意が必要です。

以前はほとんどのスパイクが金具式だったため、スパイクといえば金属、という印象を持たれている方も多いのではないでしょうか。

一方のポイントスパイクは、金属ではなく樹脂のスタッドを使ったスパイクです。金具と比べて安全性が高く、またスパイク自体が軽く足への負担も少ないため、子どもが野球を習うときに良く使われています。

人工芝を筆頭に土と天然芝の球場にも対応していますが、金具スパイクに比べるとグリップ力は弱めです。

以前はポイントスパイクといえば子ども用という風潮でしたが、性能の向上によって見直されており、最近ではプロ選手のなかにも着用する方が増えています。どちらのスパイクも一長一短あり、好みで選んでしまっても大丈夫です。

人工芝以外でしっかりグリップしたいなら金具式を、球場を選ばずオールラウンドに使いたいならポイント式を、といったように自分のシチュエーションに合わせて選択しましょう。

3つのカットタイプで形が異なる

スパイクの高さ(保護部分の広さ)により、ハイ・ミドル・ローの3つのカットタイプが用意されています。

スパイク、と聞いて多くの人がイメージするのはローカットです。保護されているのは足首の下までで、とても動きやすいのですが、怪我のリスクが最も高く下手なプレイをしてしまうと簡単に負傷する恐れがあります。ある程度運動神経に自信のある方におすすめのカットタイプです。

一方、ハイカットはくるぶしまで保護してくれるカットタイプです。足首もしっかりと保護されるため、怪我のリスクは最小限で済みます。

しかし、足首の動きがかなり阻害されてしまうため、細かな動きを行いたい方にはおすすめできません。特にショートやセカンドのように、素早い動きが求められるポジションでは避けるべきでしょう。

ミドルカットは、両者の中間に位置するカットタイプです。ある程度怪我のリスクを抑えつつ、動きを阻害されたくない方に向けて販売されています。

ただ、どっちつかずになる可能性がありますので、ミドルのなかでも動きやすいものを選ぶ、あるいは逆に怪我しにくいものを選ぶなど、自分がスパイクに求めるものは何か明確にしておくことが大切です。

サイズはピッタリのものを

サイズはピッタリのものを

日常で履く靴と違って、野球用スパイクは常にピッタリのサイズを選びましょう。

特に成長期の子どもの場合、足が大きくなっても使えるようにと大き目のスパイクを選びがちですが、サイズの合わないスパイクでは負傷リスクが跳ね上がってしまいます。小さなスパイクを無理やり履いているときも同様です。

定期的に足のサイズを測り、サイズに問題はないか確認する習慣をつけましょう。サイズを測るときには、縦だけでなく横(足幅)にも意識を向けると安心です。

素材による着用感や通気性の違いも意識しよう

スパイクの靴底あるいは上部の素材によって着用感は大きく異なり、プレイにも影響が現れます。

たとえば、靴底が革でできているものは使っているうちに馴染みやすく、だんだんと自分の足にピッタリとフィットしていき、思いどおりの動きができるようサポートしてくれます。

一方、樹脂でできているものは硬くてあまり足の形には馴染みません。しかし、耐久性に優れているのでコストパフォーマンスが良く、練習用として愛用している方がたくさんいらっしゃいます。

そのほか、メッシュが入っているので通気性が良いなど、素材や構造によってスパイクごとの快適さは様々です。素材や構造をチェックする際には、通気性・着用感・耐久性の3点を意識しておけば間違いないでしょう。

【ナイキ製】野球スパイクのおすすめ5選!

信頼性が高いことで知られている『ナイキ』の野球スパイクのなかから、5つおすすめをご紹介します。ぜひスパイク選びの参考にしてみてください。

JORDAN 12 RETRO METAL ベースボール シューズ

「JORDAN 12 RETRO METAL ベースボール シューズ」は、フィット感と耐久性に優れた金具式スパイクです。踵の部分に軽量なエアソールユニットを搭載しており、金具式スパイクの難点である足への負担を軽減しています。

長く使える野球用スパイクを探している方におすすめです。

Amazon
楽天市場

FORCE AIR TROUT 6 PRO AR9815

「FORCE AIR TROUT 6 PRO AR9815」は、海外では比較的珍しい金属スタッドのスパイクです。軽量さ・通気性・柔軟性にこだわったスパイクで、着用時の快適さは群を抜いています。

つま先部分に磨耗に強い素材を使っているので、耐久性も充分です。プレイ中、スパイクに意識を取られたくない方はぜひこのスパイクを検討してみてください。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

フォーストラウト プロ MCS 野球スパイク

「フォーストラウト プロ MCS 野球スパイク」は、著名なメジャーリーガーであるマイク・トラウトのプレイから着想したプロ使用のスパイクです。

人工芝で最大限のパフォーマンスができるよう考慮されており、優れた安定性と耐摩擦力を誇る樹脂がスタッドに使用されています。

そのほか、できるだけスパイク全体の継ぎ目を無くすことで耐久性も強化してあります。少し価格は高めですが、長く使えて人工芝でも性能の良いスパイクを探している方には、このスパイクが最もおすすめです。

Amazon
楽天市場

自分に最適なナイキ製野球スパイクを探し出そう!

自分にピッタリの野球スパイクを見つけることは、パフォーマンス向上のための第1歩です。サイズと素材、スタッドとカットのタイプを念入りにチェックすれば、スパイク選びで失敗することはありません。

ぜひこのページを参考に、理想の野球スパイクを探してみてください。

カテゴリー