ゼットの野球バットおすすめ10選!選び方のポイントはバランスを見ること?

野球用バットを選ぶとき、素材やバランス、重さなどに違いがあるため、どのバットにしたらいいのか、悩んでしまう人も多いでしょう。そこで今回は、バットを選ぶときのポイントと『ゼット』のおすすめバットをご紹介します。

野球バットの選び方

複数のバット

バランスが重要!

バットには、重心の位置が異なるトップバランス、ミドルバランス、カウンターバランスの3種類があります。

トップバランス バットの先の方に重心が置かれているものです。遠心力を活用し、ボールを遠くに飛ばすことができるため、ホームランやロングヒットが狙いやすいです。
しかし、実際のバットの重さよりもとても重く感じるため、スイングにはパワーが必要になります。余裕を持って振れるか、重量などもチェックしましょう。
ミドルバランス バットの中間に重心が置かれており、市販のもので最も多い種類です。スイングが軽いためバットコントロールがしやすく、初めて買うバットとしておすすめです。

トップバランスとカウンターバランスのメリットを上手に取り入れており、試合だけではなく練習用としても向いています。

カウンターバランス バットの手元付近に重心が置かれている、珍しいバランスのバットです。

とても軽く感じ、スイングしやすいことが特徴ですが、遠心力を活用することができないため、飛距離は伸ばしにくいです。インボールの球を安定して打ちたいバッターやヒット数を増やしたいバッターにおすすめします。

長さ選びも慎重に

バットの長さは、脇の下から指先+20cm以内に収めるのが一般的です。特に子どもの場合は、パワーがあっても20cm以内に収めましょう。

長いものを選んでしまうとスイングが崩れ、コントロールが難しくなる恐れがあります。

素材に注目しよう

バットの素材には、金属(超々ジェラルミン)バット、アルミバット、木製バット、カーボン製バットは、複合素材バットがあります。

金属(超々ジェラルミン)バット 硬くて耐久性に優れており、飛距離も期待できることから、バランスの良いバットです。ボールが当たったときの音が心地いいため、多くのバッターに好まれています。
アルミバット 比較的安価で売られているため手が出しやすいでしょう。飛距離は期待できませんが、軽くてコントロールしやすいのが特徴です。
木製バット 金属バットよりも耐久性が劣ります。しかし、プロ野球などでは木製バットのみが認められています。芯で打つ感覚が養われるため、打撃技術を向上させたいバッターにおすすめです。

木製バットの中でも、メイプルは硬く衝撃に強いことが特徴です。ホワイトアッシュは、しなりがあり耐久性に優れているのが特徴です。

練習用として木製バットを使用したい場合は、ラバーバットが丈夫で折れにくくコストパフォーマンスに優れています。

カーボン製バット 反発力が高く軽いうえに、しなりやすいのが特徴です。軟式野球ではよく飛ぶバットとして評判があります。しかし、硬式ではジュニア用のものしか販売されていません。
複合素材バット よく飛ぶバットと言われており、その分値段も高く設定されています。

グリップは感覚が大切

グリップには、細いものと太いものがあります。グリップが細くグリップエンドが小さめのバットは、ボールを遠くに飛ばす長距離者向けと言われています。

逆に、グリップが太くグリップエンドが大きめものは、単打を狙う打者に向いていると言われています。

グリップテープを変えることで自分好みの太さに調節することも可能ですし、グリップパッドを使うことでグリップエンドの段差をなくすこともできます。

まずは、実際に握ってみて感覚を確かめてみましょう。

【ゼット】硬式野球バットおすすめ5選!

木製エクセレントバランス

グリップには竹を使用しており、打撃部にメイプルを組み合わせることで耐久性と打球感を兼ね備えたバランスの良いバットです

重量が920gあり、一般的なバットよりも重ためです。試合だけではなく、素振りなどのトレーニングにも最適です。

金属製 バット ネオステイタス

超々ジュラルミン素材でできているミドルバランスのバットです。絶妙なバランスにより、コントロールしやすく、反発性もあります

金属製 バット ビッグバンショット ブラック

素材に超々ジュラルミンを使用しているミドルバランスのバットです。柔らかい打球感と反発力を兼ね備えています

ゼットパワーセカンド80cm ブラック

超々ジュラルミン素材で作られたミドルバランスのバットです。振り抜きやすさと柔らかい打球感がよく考えられたモデルとなっています

硬式 木製 バット スペシャルセレクトモデル(ハードメイプル材)

北米産ハードメイプル素材で作られており、プロ野球選手が使用している形状やカラーをセレクトしたモデルです

グリップエンドが少し大きくオーソドックスな形状なので、どのタイプの打者にでも対応できます。

【ゼット】軟式野球バットおすすめ5選!

軟式 木製 バット スペシャルセレクト

素材にヤチダモとアオダモを使用したバットです。J号公認球に対応しており、軽く使いやすいと評判があります。試合だけではなく、毎日の素振りにもおすすめです

野球 軟式 バット カーボン FRP製 ブラックキャノン MAX 新軟式ボール対応

カーボン素材でできているバットです。ボールがバットにヒットした時のたわみ(トランポリン効果)を向上させるため、打撃部を超薄肉設計にしたスプリング構造で最大限にトランポリン効果を発揮します。

バット 新軟式ボール対応 ブラックキャノン ST2 FRP(カーボン製)

バットの表面には、ボールの滑りを制御しながら、食い付きを良くする特殊加工が加えられています。

三重管構造の最外層と中間層の間に、特殊ゴムシートを内蔵しています。そうすることで、ボールが当たったときに、バットが大きくたわみ、また高速復元することで、早い打球を可能にしています

また、グリップ中間層にポリウレタンシートを内蔵しているため、打ったときのしびれを軽減しフルスイングができるでしょう。

新軟式ボール対応 ブラックキャノン Z2 FRP(カーボン製)

硬度の異なった素材を打撃部側とグリップ側に使用することで、グリップ側の強度を上げています。スピードボールにバットが負けないハイブリッド構造です

打者のスイングスピードやパワーを効率よくバットに伝え、ボールを弾き飛ばします。

少年野球 金属製 バット スイングマックス

ジュニア用のミドルバランス軟式バットです。小学校低学年でもフルスイングできる重量設定がされています。超々ジュラルミン材ならではの打球音が気持ちよく、ボールを打った感覚を全身で実感することができます

自分に合ったお気に入りのバットを選ぼう!

ZETのバットには様々なものがあります。選ぶ際には、重さや使用感はもちろん、どんなスイングやプレイをしたいかを考えて選ぶと見つけやすいでしょう。

野球をするうえでバットは、一番大切なアイテムです。実際にスイングを試し見るなどして、お気に入りのバットを見つけてくださいね。