野球グローブおすすめランキングTOP15!正しい選び方と購入後のお手入れアイテムもチェック

野球のグローブは守備をする際に必ず必要なものですが、なぜ高いのか知っていますか?特に、プロ選手などが使用している硬式グローブは1つ数万円するのが当たり前の世界です。今回は硬式グローブの仕組みから種類、おすすめの選び方までまるごとご紹介します。適切なグローブ選びがあなたの守備範囲を広げ、「守備職人」と呼ばれる日も遠くありませんよ。

硬式グローブ(グラブ)とは?

B_01_1,グローブ

軟式と硬式の違い

野球グローブには大きく分けると軟式用と硬式用があります。これは使用するボールの違いからきています。まずはボールの違いを見てみましょう。

  • 軟式用のボール:M号(昔のA,B号)、J号(昔のC号)
    中身は空洞になっており、素材はゴム製でできています。そのためバットなどで打つ際にはボールは押しつぶされるように凹み、反発します。カラダにボールが当たった場合、痛いですが骨折するといったケガはほとんどありません。
  • 硬式用のボール:重量5オンス(141.7~148.8g)、周囲9インチ(22.9~23.5㎝)
    コルクとゴムに糸を巻き付け、その上から白色の馬皮・牛皮で包んで縫い合わせています。触ってみるとわかりますが、その名のとおり非常に硬くできています。高校生以上のカラダができ上がった人がプレーすることが多く、ケガもしやすいです。

このようなボールの違いがあるため、当然これに合わせてグローブの革の質や厚さなども変わってきます。硬式用の方が革の質は優れており、固く厚いグローブが作られるため、硬式用の方が高額になります。

よくある疑問点として硬式用グローブで軟式野球はできるか?という考え方があります。正解は軟式野球もできますが、やはり適してはおりません。

硬式用は頑丈につくられているので、不要な機能は軟式ボールを取る際や素早い送球の妨げになります。野球を行う際には使用するボールを確認し、適したグローブを使いましょう。

新品のグローブは固いもの

新しくグローブを購入したときには、すぐに使いたい気持ちで一杯ですが、残念ながらすぐには使えません。グローブを握るときにカチカチの硬い状態なので、握力がよっぽど強い方でなければうまく開閉ができないためです。

これはグローブは革でできているため、新品の状態ではまだ革がパリッとした状態であることが理由で、財布などの革製品を新品で購入したようなイメージです。この革がだんだんと空気や油になじみ、形が変化していくことで使いやすくなります。

グローブが革財布などと異なる点は、すべての場所をやわらかくしないという点です。グローブは固い部分と柔らかい部分があってこそ、ボールをキャッチしやすくなります。

すべての部分を柔らかくしてしまうと、強い打球に対して、ボールをはじいてしまうことがあります。自分の取りやすいような型を決めて、新品の状態からお手入れしていく必要があるのです。自分なりの型が分からない場合は、コーチや販売店などで型付けをしてもらうことができますので、頼んでみましょう。

野球グローブの選び方

野球グローブを選ぶ際に気を付けることは何でしょうか?グローブはただかっこいい色やモデルの商品を選べば良いという訳ではありません。自分の使用用途にあったグローブ選びが大切です。

B_01_2,野球

ポジション

自分が守備をする際にどのポジションを行っているかによって、グローブは変わります。理由としては、ポジションごとに必要なグローブの機能が異なるからです。

ただし、まだポジションが決まっていないという人や初心者には、オールラウンダーという種類もあります。すべての守備位置で使用できますが、万能型のグローブなので最大限のパフォーマンスは発揮されません。

守備位置は練習を積むほど固定されやすいので、できれば専用のものを買うことをおすすめします。

投手(ピッチャー)

ボールを取ったりすることも大事ですが、一般的には相手にボールの握りを見せないようにする機能が重視されています。「ウェブ」という部分が外から見えないように覆われているデザインが多いのが特徴です。

ボールを投げるときに引くグローブのバランス感覚によって、グローブのサイズは変わります。こちらは個人差があるのでどちらがおすすめなどはありません。

捕手(キャッチャー)

投手のボールを受けるので、捕球の回数が他の選手と比べると圧倒的に多いです。そのため、安定感のあるキャッチャーミットを使用します。

もともとの革は厚めに作られていますが、ものによっては良い音を出すため、土手の部分を薄く作っているものがあります。また様々なカラーがありますが、投手が捕手の目印にして投げるため、あまりに派手な色は控えた方が良いでしょう。

一塁手(ファースト)

捕手と同様に他のポジションと比べると補給の回数が多いため、ファーストミットを使うことが多いです。ただし絶対使わなければならないというルールはありませんので、ご注意ください。

ファーストは内野手などの送球を取る際に長さが必要なため、通常のグローブに比べて長めに設計されています。グローブのなかでも特に見た目がかっこいいので、自分のポジションでなくても購入するという人もいます。

二塁手(セカンド)

内野手の中で最も細かい動きが必要とされるポジションです。そのためグローブの幅は短く、全体的に小さく設計されています。素手に近い感覚でプレーすることで、ボールを捕球してすぐに送球できる体勢を作ることを目的としています。

三塁手(サード)

内野手の中で最もバッターに近い位置にいるため、強烈な打球が飛んできやすいポジションです。早い打球に対応するため、厚手で大きめのグローブがおすすめされています。

遊撃手(ショート)

守備範囲が非常に広いうえ、セカンドとサードのような動きも求められるので、程良い大きさが必要です。ポケットの深さは個人差の好みがありますが、大きさはサードとセカンドの中間程度で作られている場合が多いです。

外野手

基本的には長めかつ大きいタイプが使用されています。理由は大きい方が守備範囲が広がるためです。外野手は細かくて素早い送球機会がほとんどないので、捕球重視の設計となります。

またイチロー選手のようにダイビングキャッチをすることも可能になります。ただしあまり大きすぎるサイズだと、フィットしない上にグローブが走る際に抜けてしまうので注意しましょう。

サイズ感

手を入れてみた際の位置で確認することもありますが、人それぞれ指の長さは異なるため確実ではありません。また商品によっては年齢対象などが記載されているものがありますが、こちらも個人差があるため参考にはならないでしょう。

グローブは、先ほど説明したように、新品は固く作られています。サイズ感の大事なポイントとしては、指が奥の部分に入っているか、グローブが適切な位置で曲がるか、という点が重要です。

指が奥まで入っていれば、グローブが適切な位置で曲がるように設計されています。サイズが大きい状態というのは、例えばシューズをいつも履くサイズより1cm大きいものを使用しているのと同じです。サイズが合わないと通常とは別部分の筋肉を使用することになり、余計な力が入ってうまく動作することができません。グローブもぴったりサイズを選ぶことがおすすめですよ。

公式戦などに出ない場合は、基本的にどのカラーでも使用できます。ただし高校野球などは規則が厳しい場合もありますので、規則に従うと無難なカラーはブラウン・オレンジ・ブラックとなります。

また商品によっては2色使用されているものもありますが、こちらもルール上は禁止とされていますのでご注意ください。

硬式野球グローブおすすめランキングTOP15

第15位【SSK】硬式特選ミット

硬式野球に初めて取り組む人でも手に取りやすい『SSK』のエントリーモデルです。深めのポケットと天然素材が、ボールの捕球性能を高めています。価格が控えめな点も嬉しいポイントです。

第14位【JUNKEI】JG-6091H

天然皮革を使用しながらも、『JUNKEI』は比較的低価格で購入することができます。エントリーの方から上級者まで使用しやすい小さなめの設計で、革がフィットしやすい点もおすすめです。

第13位【デサント】硬式キャッチャーミット DBBLJG42

本格的な革を使用しているため、使用し続けることで手になじみます。『デサント』は使用感とあわせて耐久性にもこだわっているため、プロでも練習用として使われています。

第12位【ウィルソン】Wilson STAFF DUAL 外野手用 D7型

 

テニスのイメージが強い『ウィルソン』ですが、実は野球グローブにも力を入れています。打球に負けない型の設計と素手感覚に近いDUALテクノロジーが、多くのファンを虜にしています。やや高額にはなりますが、使用したい商品です。

第11位【ZEEMS】三方親シリーズ 硬式 投手用(縦型)

量販店にはあまり陳列されていない『ZEEMS』の硬式グローブです。湯浸け手もみ加工済みのため、新品にしてはやや柔らかく、型つけもしやすいのが特徴です。ポケットが深めに設計されているため、ボールを確実にキャッチすることに適しています。

第10位【アンダーアーマー】UA内野手用グラブ

おしゃれなデザインと圧倒的ブランド力で人気がある『アンダーアーマー』の商品です。天然皮革をたっぷり使用し、吸い付くようなキャッチを可能にします。素早いスローイングができる浅いポケットなので、内野のどのポジションでも利用しやすいです。

第9位【アシックス】ゴールドステージ スピードアクセル

『アシックス』は各ポジションごとに最適なウェブの形、大きさ、紐の位置などが考えられて設計されています。大リーガーのダルビッシュ有選手をはじめ多くの有名なプロ野球選手も使用するブランドです。

第8位【SSK】プロブレイン

『SSK』の中でも最高級の革を使用した貴重なモデルです。2019年に中日ドラゴンズに入団したルーキーの根尾昂も愛用するブランドで、高校生の着用率が高いです。革を自分用に育てやすい点も特徴のひとつです。

第7位【ローリングス】ゲーマーミット

国産であるにも関わらず低価格のため、急なポジション変更にも対応できる『ローリングス』の高コスパモデルです。ミットが開閉やすいようにセパレート構造を採用し、ボールの捕球率を上げています。

第6位【ZETT】ネオステイタス BPGB12917

親指掛けがロングタイプのため捕球しやすく、手元の安定性と操作性を向上させた『ZETT』のモデルです。良質な革を使用していますが、硬式グローブにしては価格が安いためコスパが良い商品です。

第5位【久保田スラッガー】KSG‐ARC

プロ野球で守備の名手も利用するほど認知度の高い『久保田スラッガー』です。特に内野手用の人気が高く、新品なのに購入してすぐに手になじみやすいのが特徴です。耐久性よりも使用感にこだわる人は必見の商品です。

第4位【ミズノ】グローバルエリート Hselectionインフィニティ

『ミズノ』の中でも人気が出ているシリーズです。グラブさばきを上げるため、軽量性と操作性が向上されている商品です。シンプルなデザインも中高生を中心に購入するケースが増えています。

第3位【ZETT】プロステイタス BPROG450

多くのプロ野球選手が使用する『ZETT』のプロステイタスシリーズです。厳選された革が、捕球のしやすさと耐久性の両立を実現します。素手感覚に設計されたモデルなので、吸い付くような感覚がありますよ。

第2位【ハタケヤマ】V-M2

『ハタケヤマ』は大注目のブランドで、特にキャッチャーミットに定評があります。日本を代表する捕手のソフトバンクホークス甲斐キャノンこと甲斐拓也選手も契約していて、完全日本製の手作りが人気の特徴です。

かっこいいロゴに加え、機能性・耐久性は一級品です。購入時にやわらかくする加工をしてもらえるのも嬉しいポイントです。

第1位【ミズノ】ミズノプロ スピードドライブテクノロジー

『ミズノ』が発売する商品の中でもトップクラスのクオリティと人気がある商品です。機能性・快適性などのバランスが非常に良く、多くの野球選手が使用しています。

グローブはオーダーシュミレーションというものができます。オーダーグラブを作成する際にインターネットを使って、実際のカラーやモデルを確認しながら自分好みの仕上げを行うことが可能です。

値段が高額になる点と納期まで時間がかかる点がありますが、グローブを一生ものにできるチャンスでもあります。一度試してみるのも良いでしょう。

その他多数メーカーもカタログなどから発注可能ですよ。ぜひ一度ご確認ください。

グローブに栄養を!お手入れ用品も買うべし

グローブを購入してゴールだと思っていませんか?グローブ購入はあくまでスタートであり、ここから自分に合った型つくりなどが始まります。グローブを使い込むほど愛着が湧き、あなたにとってかけがえのないパートナーへと変わるでしょう。

グローブを汚れを落としたり、革を強化するメンテナンス用品も一緒に見ておきましょう。今回は新品のグローブを買った際に利用した方が良い商品を、『ミズノ』のラインナップでご紹介します。

【ミズノ】ミズノプロ レザーケアクリーム&コンディショナー

スポンジ付きでグローブが手になじむまでの型付け用です。オイルを薄く伸ばすことで革の表面に栄養とうるおいを与えつつ、柔軟性が出ます。ボールの吸い付きも良くなるので、自分なりのポケットをつくることも可能です。

【ミズノ】グラブ仕上げ槌

グローブの型付けの際に使用するものです。ポケットと呼ばれる取りやすい位置は、この槌で叩くことで作りやすくなります。

【ミズノ】グラブ保型ベルト

メンテナンスしたグローブや練習で使い終わったグローブの型が崩れないようにするベルトです。伸縮性があり、色々な巻き方ができます。

【ミズノ】レザーローション

汚れを落とす効果と亀裂や艶出しをするのに使います。中に入っているスポンジを利用してうすく伸ばしましょう。たくさん塗りすぎてしまうと、グローブが重たくなります。

【ミズノ】カラーストロングオイル

グローブの長期的な使用によって、カラーが落ちてきたときに塗るオイルです。必ず塗る必要はありませんが、さらなる色落ちを防ぎグローブの劣化を抑えます。

【ミズノ】グラブお手入れセット

携帯タイプに細かく小分けされたタイプで、ケースに入っているため遠征などに利用しやすい商品です。またミズノプロのメンテナンス品を色々試したいという方にもおすすめです。

グローブの使用期間が増えると、使用するオイルやクリームは変わりますのでご注意ください。

また同じレザークリームでも液体タイプ・ゼリータイプ・スプレータイプなど種類があるケースがあります。こちらは人それぞれグローブの状態で変える場合、こだわりが出る部分ですのでどちらが良いというのはありません。

グローブは一生もの!一期一会の出会いを

理想的なグローブは見つかりましたか?値段が高額なだけにかなり迷ってしまう人もいると思いますが、それで問題ありません。グローブは1年ごとに変えるものではありませんし、すぐに破けて使えなくなる可能性も極めて低いものです。グローブはあなたの今後のモチベーションとプレーが確実に変わる大事なカラダの一部なので、納得するまで悩みましょう。

そして購入した際には、しっかりと愛情をかけて育てていきましょうね。