野球ボールおすすめ20選!硬式・軟式など種類毎の特徴や買ったあとのお手入れ方法も

硬式野球では硬式ボールが使われますが、少年・高校・大学・社会人・プロと各カテゴリにおいて、そのボールの仕様はそれぞれ違うのでしょうか?野球ボールに関する詳しい情報から、おすすめの練習球までご紹介いたします。

野球ボールにはどんな種類がある?構造や直径について

野球ボールには、「硬式球」「準硬式球」「軟式球」の3種類があります。硬式球は、1878年にアメリカのスポーツ用品メーカーであるスポルディング社(Spaulding Sporting Goods Limited)が開発しました。

牛皮は部分によって材質が異なります。背中の部位は張りがありしっかりとした手触りのボールになるためプロや社会人および大学球に、お腹部分はは練習球、背中とお腹の間の部分は高校野球に使われます。

B_08_1,野球ボール

公式球

試合で使用される公式球は、「公認野球規則」により規定されています。公認野球規則は、アメリカのプロ野球のルールである「Official Baseball Rules」を翻訳したもので、日本独自の注釈や軟式野球に関する記述を付けています。

規則は定期的に見直され、毎年1月前後にプロ野球コミッショナー事務局内に置かれている、日本野球規則委員会という部署でルール制定や改廃を行なっています。例えば、2019年では軟式ボールについて改正が行われました。

公認野球規則では、以下のとおり規定されています。

公認野球規則の公式ボール

  • 公式野球ボールは、コルク・ゴムまたはこれに類する材料の小さい芯に糸を巻きつけ、白色の馬皮または牛皮2片で包み、頑丈に縫い合わせて作る。重量は5オンスないし5¼オンス、周囲は9インチないし9インチないし9 ¼インチとする。
  • 我が国では牛皮を用いる。
  • そのため公式硬球は、こちらで統一されています。サイズに幅があるのは、硬式球が手縫いであるため、微妙に重さや長さに誤差が生まれるからです。

    • 外周:229mm~235mm
    • 重量:141.7g~148.8g
    • 縫糸:綿糸16番手 10本撚り(より)
    • ゴム芯:400cmの高さから落下させ180cm~200cmのバウンド

    プロ野球のボール

    プロ野球のボールは、以前は何社かで供給されていたが、2011年からボールの規格を世界的に統一するため、全球団ミズノ社製になりました。

    さらにプロ野球で使用される公式球では、コミッショナー事務局でボールの反発力テストが行われ、時速270kmで反発係数が0.4034~0.4234の基準を満たすボールが合格となり、ボールに日本野球機構マーク・証明用ホログラム・コミッショナー署名の3つの公認マークが印刷されます。

    この検査は厳格で、シーズン中に2週に1度、平均500ダースを調べ、合格すると初めてコミッショナーの認定印が押されます。また合格ボールの中でも抜き打ちで反発テストを行います。

    なお、このプロ野球に使用されるコミッショナー印のある合格ボールは一般に販売されていません。したがって、ホームランやファウルボールで手に入れることしかできません。

    高校野球とプロ野球のボールは違うの?

    プロ野球でミズノ社製に統一されたことはご紹介しましたが、じつは高校野球もミズノ社製に統一され、両者に違いはありません。

    軟式ボールとの違い

    アメリカでは1911年に、硬式ボールの芯にコルクを使うようになりました。ゴムで包んで、毛糸や木綿糸を巻き、2枚の牛皮または馬皮で包み丈夫な糸で縫い合わせ、中はギュッと詰まっています。

    一方、軟式ボールは1918年に鈴鹿栄(すずかさかえ)がゴムでできた少年野球ボールを考えました。軟式ボールは発泡剤を入れた球状のゴムに白いゴムを被せて、型を入れ熱で膨らませるため中は空洞になっています。

    関連記事

    軟式野球は、少年野球、中学野球、草野球など、みなさんの生活の中に広く浸透した身近なスポーツです。野球をするには、まず道具としてグローブをそろえる必要があります。今回は、これから野球をやってみたい方、新しいグローブに買い替えたい方へ、グローブ[…]

    B_18,野球
    関連記事

    軟式野球をはじめてみようとしたのは良いけれど、どのようなバットを選べば良いのかわからないという悩みを抱えている方、または親御さんも多いかと思います。そこで今回は、中学生やジュニア、または一般の方まで、わかりやすく軟式野球バットの選び方を解説[…]

    B_02, 軟式 野球 バット

    メジャーリーグとの違い

    日本の硬式球は牛皮のみですが、メジャーリーグのボールは牛皮か馬皮です。一方、日本のボールよりメジャーリーグのボールの方が大きいといわれていますが、日本の公式球はアメリカのOfficial Baseball Rulesをもとに作られているため重さも大きさも全く同じです。

    日本はプロ野球のボールを8社で作っていますが、メジャーリーグはRawlings(ローリングス)というアメリカスポーツ用品メーカー1社のみが供給しています。

    おすすめの野球ボール20選

    練習用

    【naigai(内外ゴム)】ゆうボール キャッチボール専用

    野球ボールを初めて握る子供向けのボールで、硬式ボールと同じデザインで縫い目もありますが、当たってもケガをすることがありません。日本プロ野球選手会の監修のもとで、子供でも正しい握り方を教えられるように作られています。

    キャッチボール専用の合成皮革のボールで素手でも掴める柔らかタイプです。軟式C号ほどの大きさで20gと軽めで硬球に比べると小さいのですが、縫い目がしっかりしています。ただし、バットに当てることはできません。

    【SSK(エスエスケイ)】硬式練習球1ダース

    硬式野球練習用ボールで中学硬式・高校野球・大学野球・社会人野球部の練習ボールに最適です。素材は天然皮革で縫い糸は麺です。

    【zanax(ザナックス)】牛皮革硬式野球ボール

    フリーバッテイングなどに向いている低反発練習球で、公式試合球と同構造です。皮は天然皮革使用ですが、コストダウンのために黄ばみや傷がある場合がありますが、使用に問題はありません。公式低反発練習級として多くの高校野球部や社会人チームで高評のボールです。

    【MIZUNO(ミズノ)】硬式野球ボール トレーニング スナップ用

    手首強化トレーニングに使用できる『ミズノ』のトレーニング用ボールです。重さは320gと通常の硬式ボール141.7~148.8gよりも重くなっているため、少し上に投げてキャッチを繰り返したり、グラブにポケットを投げつけることで手首の力を強化することができます。素材は合成皮革です。

    生産は終了していますが、インターネットで購入可能です。

    【FIELD FORCE(フィールドフォース)】Bグレード硬式球

    フィールドフォース社の検品基準から外れたボールで、安く購入できます。小さなキズやシワ、汚れなどがボールの表面にありますが、強度や使用感に問題はないため、安い練習球が欲しい方におすすめです。

    【Rawlings (ローリングス)】 雨天練習球

    牛皮でできている硬式ボールは水に濡れると傷んでしまいます。しかし、雨でも練習したい方には合成皮革でできた『ローリングス』のこの雨天練習球なら、雨に濡れても水を吸収しにくくなっています。また、雨の浸透を遅らせるために、表面の皮と中身のウールの間にPPシールド加工を施しています。

    【asics(アシックス)】野球硬式ボール

    薄暮時の練習に最適の光るボールです。合成皮革に蓄光コーティング加工が施されており、辺りが少し暗くなっても、ボールが光ることでしっかり見ることができます。

    【ZETT(ゼット)】野球硬式ボール

    縫糸が綿のためピッチングマシーンでの使用はできません。コストパフォーマンスの高い『ゼット』の練習球で、ティーバッティングや守備練習、個人ノックなどのボールがたくさん必要な練習に最適です。

    【DAITO(ダイト)】硬式マシン用ボール

    ピッチングマシーンにも使用できる練習用ボールです。通常のボールは縫糸が綿でできているため、ピッチングマシーンで使用すると磨耗しほつれてしまいます。しかしこのボールの縫糸は、ケブラー糸という強度が非常に強い糸で、ピッチングマシーンで磨耗してもほつれにくいのが特徴です。

    【FIELD FORCE】打撃練習用ボール

    打撃練習用で打ったときに爽快感のある、ウレタンハードボールです。打撃練習に適した、割れない・飛ばない・爽快な打感を備えています。ピッチングマシーンに使用でき、打撃練習用に使用される穴あきボールより打感が良いので練習しやすくなります。

    【UNIXHit-Punch(ヒットパンチ) 】300gボール

    打撃の力を強化する、公式球より重いボールです。通常の硬式ボールは141.7g~148.8gですが、このボールは300gあり、重いボールを打ってインパクト時のパワー不足を解消することができます。

    バルブ式で内圧調整が可能ですが、ティー&トス専用のためピッチングマシンでは使用しないようにしましょう。中に砂鉄が入っており、打撃により消耗で破れて中身が出てくることがあります。

    【Acrodea(アクロディア)】テクニカルピッチ 投球解析データ

    最新テクノロジーを使った、ピッチングを解析できるピッチャーにおすすめの練習球です。ボールは公認野球規則に準じた大きさ・重量で公式ボールと同じ使用感で練習することができます。解析できるのは、リリースまでの腕の振りの強さ・時間、球種・球速・回転数・回転軸の傾きです。

    解析方法は簡単で、iPhoneかAndoroidの端末にアプリをダウンロードして、ボールを端末とBluetoothでペアリングすると解析することができます。ただし、中にセンサーが入っているため、バットで打ったり壁に投げたりするなど固いものに当てることはできません。

    公式球

    中学硬式野球には、6種類のチームがあり、シニアリーグ・ボーイズリーグ・ポニーリーグ・ヤングリーグ・フレッシュリーグ・ジャパンリーグです。リーグの垣根を越えた大会ジャイアンツカップという大会が開催されています。少年硬式リーグは所属リーグ以外のボールが使用できないため、所属リーグを確認のうえ購入しましょう。

    高校野球・大学野球・プロ野球ともにミズノ製の統一球を使用しているため違いはありません。

    中学野球(リトルシニア)【ZETT(ゼット)】少年野球硬式ボール リトルシニア試合用

    Official Little Senior と印字されています。

    中学野球(ヤングリーグ)【ZETT(ゼット)】少年野球硬式ボール ヤングリーグ試合用

    Young Leagueの文字が印字されています。

    中学野球(ボーイズリーグ)【MIZUNO(ミズノ)】ボーイズリーグ試合球

    日本少年野球連盟と印字されています。

    中学野球(ボーイズリーグ)【asics(アシックス)】ボーイズリーグ試合球

    日本少年野球連盟と印字されています。

    中学野球(フレッシュリーグ)【asics(アシックス)】フレッシュリーグ試合球

    九州硬式少年野球協会と印字されています。

    高校野球【MIZUNO】コウシキボール ビクトリー

    Official Victory Baseball と印字されています。

    全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)では、デザイナーの佐藤卓デザインの、球児がヘルメットを斜めにかぶっているマークと全国高校野球選手権大会の印字があります。選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)では、「第◯回選抜高校野球大会」と印字されています。

    【MIZUNO(ミズノ)】硬式ボール ビクトリー大学 試合球

    全日本大学野球連盟のJUBFの文字が印字されています。

    メジャーリーグ硬式球

    1977年よりメジャーリーグ公式戦に独占供給しているオフィシャルボールで、ローリングスのコスタリカ工場で生産されています。縫い目が日本のボールより高く、日本のボールより同じ投げ方でも変化の度合いが変わると言われています。

    【Rawlings(ローリングス)】MLB 公式試合球

    関連記事

    野球のグローブは守備をする際に必ず必要なものですが、なぜ高いのか知っていますか?特に、プロ選手などが使用している硬式グローブは1つ数万円するのが当たり前の世界です。今回は硬式グローブの仕組みから種類、おすすめの選び方までまるごとご紹介します[…]

    B_01,グローブ

    野球ボールのお手入れ方法

    野球ボールは牛皮でできているため、泥汚れを落とすために洗剤をしようしたり漂白剤を使用することはおすすめできません。きれいにするためには、まずブラシや乾いた布で砂をあらかた取り除き、プラスティック消しゴムでこするときれいになりますよ。ボールの表面の皮が傷むので水につけないようにしましょう。

    B_08_2,野球ボール

    ボールの修繕

    ボールの縫い糸がほつれて、ボールの表面の皮がとれてしまうことがあります。そんなときの修繕方法をご紹介します。

    1. ほつれた糸を外す
    2. 縫い糸と針を用意する
    3. 野球ボールに使用されている糸は、丈夫な麻糸で、糸にはロウが塗ってあります。専用の糸と針を購入しましょう。
    4. 2本の針に糸を通して、外側から内側の2つのそれぞれ穴に針を入れ、交互に通す(2つの糸を引っ張りながら行うときちんと締まります。)
    5. 最後に2本の糸を巻きつけて最初の糸と最後の糸を切る
    6. 棒を縫い目に押し付けてなじませる

    ボール磨いたり、修繕することで大切にボールを取り扱うことができますよ。

    【MIZUNO(ミズノ)】ボール縫い糸セット

    自分のポジションや使用用途に合わせてボールを選ぼう

    バッテイング練習などでたくさんのボールが必要なときは硬式球に準ずるボールをたくさん用意するのがおすすめです。また、ピッチャーで投球練習をするときは、公式球を使用してくださいね。