メンズにおすすめのリュック15選!スポーツに使える大容量かつ安い商品をご紹介

機能性とデザイン性に優れたリュックは、スポーツの際にも活躍します。スポーツの際に必要なものをリュックひとつに収納すると、身軽に動くことができるでしょう。今回は、スポーツを楽しむメンズにおすすめのリュックをご紹介します。

スポーツするメンズにぴったりなリュックの選び方

スポーツを楽しむ際に持っていると便利なリュックは、以下のポイントを押さえながら選びましょう。

グレーのリュック

収納力は必ずチェックしよう

まず、注目したいのが収納力です。スポーツのときには、ウェアの替えやタオル、飲み物、競技によって必要なグッズなどを入れることが多いでしょう。

多くのものを安心して入れられるよう、収納力には注目しましょう。容量でみると、30L程度が標準的なサイズとなっています。ポケットの数やリュックの中身の広さに注目して、リュックを選んでみましょう

リュックのブランドを知っておくことも大切

スポーツのときに利用できる丈夫で機能的なリュックを選ぶ際は、どんなブランドがあるかもチェックしておくことをおすすめします。

たとえば、スポーツのときに使うリュックを探しているのなら、スポーツメーカーやアウトドアメーカーから販売されている商品を見ていくと、機能面で優れたものと出会えるでしょう。

大きめサイズのリュックも展開されているため、スポーツを行うときに快適に利用できるものを購入することが可能です。

カラーやデザインにも注目

リュックは、カラフルであったりシンプルなブラックであったりと、そのカラーバリエーションは豊富です。また、デザインもメーカーによって異なります。リュックの外側に多くのポケットが付いているもの、メーカーのロゴがプリントされているものなど、様々です。

好みのカラーやデザインなどをチェックしながら、候補を絞っていくと良いでしょう。

機能性や重さも確認しよう

ペットボトルや水筒を入れられるポケットの有無、ポケットの数、素材などに注目して選ぶと、長く愛用できるリュックと出会えます

素材に関しては、汚れがついても安心で丈夫なものを選ぶと良いでしょう。できるだけ軽量のリュックを選ぶと、中にたくさんの荷物を入れても身体に負担をかけることなく背負えるでしょう。

メンズにおすすめのスポーツ用リュック15選

スポーツを楽しむメンズにぴったりなリュックを15個厳選しました。

【ShenMou】スクエア リュック メンズ

超軽量なのに最大35L、荷物の多いスポーツ時にぴったりなリュックです。耐摩耗性に優れており、安心の防水加工となっています。雨の日や外でのスポーツ時にも、安心して利用できるでしょう。網状のスポンジで作られているため、通気性に優れています。

スポーツのときに必要な着替えやタオル、飲み物などはもちろんのこと、筆記用具やファイルなどもしっかり収納できます。シンプルなブラックで、シーン問わず愛用できるでしょう。

【アディダス】リュック OPSバックパック 30L

容量が30Lと大きめサイズのリュックで、ブラックやブルーなど全部で4色のカラーがあります。重さは970gと持ち運びしやすい重量です。

プロアスリートのフィードバックを元に考案されたリュックであり、メイン生地には耐摩耗性に優れたウォッシュドナイロン素材を使用しています。

汗や水、汚れなどにも強く、シューズなどの大きめのものもしっかり収納することができます。

【アディダス】リュック スポーツカジュアル

『アディダス』のロゴが中心にあるリュックで、スウェット素材を使用しており、重さは400gほどと軽いです。B4サイズのファイルを収納することができるサイズ感で、近場に身体を動かしに行くときに良いでしょう。

ポケットは、前面と両サイド、オープンポケットが2つ、小物を収納するポケットも充実しています。

【ザ・ノース・フェイス】リュック BC ヒューズボックス2

インパクトのある『ザ・ノース・フェイス』のロゴに、カラフルな本体が印象的なシリーズのリュックです。容量は30Lとしっかりあり、重さは1kgほどとやや重ためです。

サイドポケットにはマチがついているため、立体感のある小物も快適に収納できます。摩擦強度と耐久性に優れたTPEファブリックラミネートポリエステル素材を使用しているため、屋外での活動にもぴったりでしょう。

【アンダーアーマー】ハッスル3.0

クールな『アンダーアーマー』のロゴが印象的なリュックになり、悪天候の中でも安心の撥水加工仕様がポイントです。ボトルポケットが付いているため、運動時の水分補給も快適に行えるでしょう。

容量は30Lと、スポーツグッズをしっかり収納することができます。ポケットも多数付いており、収納力にも優れていますよ。

【コールマン】ウォーカー 15

アウトドアメーカーとして幅広く商品を展開している『コールマン』から、スポーツ時におすすめのリュックが登場しました。容量は1Lとやや少ないため、近場へ身体を動かしに行く際に便利でしょう。

メンズだけでなく、女性や子どもも持つことができるリュックです。シンプルなブラックで、長く愛用できるでしょう。

【TRAGHT】スポーツバッグ

4wayリュックとして注目されているこちらは、バッグの内側にシューズを収納する部分もきちんと確保されています。容量は50Lと、合宿や遠征時にも問題なく活用できるサイズです。

軽くて持ちやすく、TSAロックを搭載しているのもポイントです。リュックの中のものが盗まれてしまわないよう、安全面にもこだわっています

【TOURIT】保冷リュック 大容量

『TOURIT』のリュックは、保冷機能がついており大容量となっています。スポーツ以外のアウトドアやレジャー時にも活用できる28Lのリュックです。

クッション性のある断熱材が使用されているため、暑い時期には飲み物を冷たくキープしてくれるでしょう。

ポケットの数も多く、小物を収納する際にも困りません。外側は汚れに強い生地を使っているため、屋外での活動も問題ないでしょう。

【K sera sera】バックパック メンズ

40L収納可能な大容量のリュックです。メンズにぴったりな、ブラックとネイビーの2色が展開されています。

傘やペットボトルを収納できるポケットや、仕切りの付いたポケットなどが充実しており、リュックの中でものが行方不明になるのを予防できます。

リュックとしてだけでなく、ショルダーバッグやハンドバッグとしても使用可能なため、様々な使い道があるでしょう。

【Fresion】リュック メンズ

5,000円程度というリーズナブルな価格で購入できるリュックで、メインチャックが左右非対称になっているのがポイントです。開口部が大きく開くため、ものの出し入れがしやすくなっています。

リュックの底には、靴を入れても大丈夫なように防水仕様の収納部が備えられています。重量を分散させるよう考えて作られているため、長時間背負っていても疲れにくいです。27Lと容量は大きめになっており、パソコンを収納することも可能です。

【デサント】リュック MoveSports スクエアバッグ

クールなデザインのリュックを探しているメンズにぴったりなのが、『デサント』の“MoveSports スクエアバッグ”です。最大30Lの容量となっており、ポケットは外側に3つ、内側に2つの合計5つ付いています。

『デサント』のリュックとして人気商品のひとつで、軽量性も追求した商品です。スポーツ時にも、必要なものをしっかり収納できるでしょう。

【ナイキ】スポーツ バックパック

大きな荷物を簡単に出し入れできるよう、ジップスリットとベルクロテープを採用しています。快適に持ち運べるよう、ショルダーベルトにもこだわっています。

サブポケットの内側にはフックが付いているため、鍵や定期券などなくしたら困るものを収納しておけるでしょう。軽量でありながらも容量はしっかりあるため、普段使いからスポーツの合宿などにも利用可能です。

【ミズノ】ターポリンバックパック

正面に『ミズノ』のロゴが大きくプリントされている、クールなリュックです。シンプルなデザインを好む男性にぴったりです。

左右のポケットやリュック本体の上部は、使いやすいよう工夫されています。スポーツを一緒に楽しむメンバーとお揃いにしてもよし、個人的に旅行やジムにも持ってよしのリュックです。

A4サイズのものを収納できるサイズ感になっており、パソコンやペンを収納できるペンホルダーも付いています

【フィラ】リュックfm2009

リュック前面に『フィラ』のロゴがプリントされている、シンプルなデザインのリュックです。A4サイズのものを収納でき、ポケットの数は内側に3つ、外側に1つとなっています。

重量は500gほどと軽く、普段からどんどん活用できるでしょう。カラーは、ネイビーとホワイト、ブラックの3色です。

【ケイワーク】76リュック BP-7600

3,000円台で購入できるリュックで、開口部が大きく作られているため出し入れがスムーズにできます。リュック内部には大きなポケットがあり、収納には困りません。

靴や大きめタオル、ウェアなどの出し入れも簡単にできるでしょう。背中にやさしくフィットするよう、厚手のクッション材を使用しているのもポイントです。

スポーツするメンズにはクールなリュックがおすすめ!

日頃からスポーツを楽しんでいるメンズは多いでしょう。そんなときに欠かせない多機能を備えたスポーツ用リュックは、商品ごとにこだわっている部分が異なります。メーカーや機能性、容量や収納力などから、自分にぴったりなリュックを選びましょう。