ノースフェイスリュックおすすめ10選!定番モデルから最新モデルまで隅々までチェック

アウトドアブランド『ノースフェイス』のリュックは、本格的なアウトドアからタウンユースまで、幅広いシーンで活躍する便利なアイテムです。そこで今回は、使い勝手の良いノースフェイスの人気リュックを厳選してご紹介します。定番モデルや最新モデルをチェックしましょう。

ノースフェイスのリュックの選び方

まずは、選び方のポイントを押さえておきましょう。

リュックを背負って登山をしている男性

用途に合わせて容量を選ぶ

リュックの容量は、用途に合わせて選ぶ必要があります。

たとえば、ジム通いやサイクリングには8~20Lほどの容量がぴったりです。反対に、60L以上の大容量リュックはたくさんの荷物を背負う登山シーンや、長期間の合宿時などに活躍します。

20~30Lは通勤・通学などのデイリーユースから日帰り登山やスポーツシーンまで使える絶妙なサイズ感が特徴です。ひとつ持っておくと大変重宝しますよ。

シーンに合わせて素材を選ぶ

リュックの素材は使用シーンを想像しながら選びましょう。

スポーツシーンからデイリーユースまで、様々な用途で使えるリュックを選びたいのなら、ナイロン素材がおすすめです。ナイロンは耐久性に優れているため、簡単に壊れることなく長く愛用できるでしょう。

登山やハイキングをはじめとするアウトドアシーンでは、ポリエステル素材がおすすめです。ポリエステルは強度や速乾性に優れていることが特徴で、万が一リュックが濡れてしまっても比較的すぐに乾きます。悪天候でも安心して背負える商品を探している方にぴったりの素材と言えるでしょう。

プラスアルファの機能で選ぶ

様々な機能がプラスされた商品を選ぶことで、ぐっと使いやすさが高まります。

アウトドアシーンで活躍するのが防水加工を施した商品です。雨や水分から荷物を守ることができるため、天候が変わりやすい登山やハイキングシーンで重宝しますよ。

登山用具やスポーツ用品など重い荷物を運ぶ機会が多いのなら、リュックと体を固定してくれるチェストストラップやウエストベルトが付いた商品を選ぶようにしましょう。

ストラップやベルトが付いていると、肩や背中へかかる負担を軽減してくれるため、長時間背負っていても疲れにくくなります。

【ノースフェイス】リュックおすすめ10選!

ここからは、『ノースフェイス』が手掛けたおすすめリュックをご紹介していきます。

BCヒューズボックス2

『ノースフェイス』を代表するロングセラー商品の“ヒューズボックス”に、改良を加えて誕生したのが“BCヒューズボックス2”です。

ボックス型の30Lサイズを採用しており、デイリーユースにぴったりのサイズ感が人気を集めています。素材には摩擦強度と耐水性に優れたポリエステルを採用することで、アウトドアシーンでも使える丈夫さを実現しました。

内部には取り外し可能なオーガナイザーを取り付け、前面には小物類のジョイントに最適なデイジーチェーンが施されています。収納のしやすさにこだわったディティールが魅力のアイテムで、ジム通いやスポーツ、アウトドアなど幅広いシーンで活躍するでしょう。

シャトルデイパックスリム

おしゃれなリュックを探している方は、スポーツやアウトドアシーンだけではなく、タウンユースにも使える“シャトルデイパックスリム”を選んでみてはいかがでしょうか。

通常のナイロンの7倍もの強度を持つコーデュラナイロンを使った18Lのスタイリッシュなデザインが特徴で、カジュアルな服装ともしっかりマッチします。

大きく開くメインコンパートメントのほかに、PCや書類を収納しておける専用コンパートメントがあることもポイントです。これにより、通勤・通学の荷物とスポーツ用品を分けて収納しておくことができます。

機能性・デザインともに優れているため、ジム通いやスポーツシーンにも重宝しますよ。

ホットショット クラシック

クラシカルな定番デザインを継承しつつ、機能性と強度を高めた作りが魅力の商品です。背骨への負担を軽減するために、背骨のラインに合わせたスパインチャンネル構造を採用しています。

また、エアメッシュと立体構造により通気性を確保しました。これにより、抜群の背負い心地を提供します。さらに、収納式のウエストハーネスや可動式のチェストストラップが付属するため、リュックを体にしっかりと固定できることもポイントです。

この機能により、アクティブに動いても安心のホールド性を叶えています。容量は26Lとコンパクトな作りになっているため、女性や小柄な方でもおしゃれに背負うことができるでしょう。

アイアンピーク

着脱可能なウエストベルトやホイッスル付きのチェストストラップ、サイドポケットやリフレクターなど、コンパクトサイズでありながらも、豊富な機能が搭載されている多機能さが魅力です。

使い勝手の良い28L容量で、ハイキングやちょっとした山登りに活躍することでしょう。

シングルショット

“シングルショット”はワンデイハイクからデイリーユースまで使える汎用性の高さが特徴です。フロント部分には2ヶ所のジッパー付きポケットが配置されており、メインコンパートメントは荷物をスムーズに収納できるスリーブが採用されています。

また、オーガナイザー付きセカンドコンパートメントが付いているため、様々な小物をキレイに収納しておけます。小ぶりなフォルムでありながらも、収納スペースが豊富なことが人気を集める理由です。使い勝手の良いミニマルなリュックを探している方はぜひチェックしてくださいね。

テルス45

“テルス45”は『ノースフェイス』の定番登山リュックである“テルスシリーズ”の最新モデルです。山小屋泊から1~2泊のトレッキングにもぴったりな45L容量を採用しています。

本体のファスナー部分に撥水加工が施されているうえに、高い撥水性を持つレインカバーが付属しているため、突然の悪天候時でも荷物を濡らさずに守ることが可能です。ちなみに、レインカバーを使わないときは専用ケースに入れて収納しておけますよ。

ハードな環境下でも使える丈夫で高機能な商品を探している方にイチオシです。

ボストーク

“ボストーク”は、デイリーユースからワンデイハイクまで、ひとつでこなせる30L容量のシンプルなリュックです。

素材には420デニールデュラマックスHDナイロンを採用し、ボトムを二重構造で補強することで過酷な環境にもぴったりの耐久性を追求しました。収納可能なウエストベルトも装備しているため、重い荷物を持ち運ぶときも抜群の安定感を与えてくれるでしょう。

マイルストーンバックパック

大きく開閉するメインコンパートメントとシューズ専用収納スペースを搭載した“マイルストーンバックパック”は、着替えやシューズをスマートに収納可能で、ジムバッグとして活躍しますよ。

ジム通いやスポーツシーンだけではなく、通勤・通学時にも使えるシンプルなデザインも人気の理由のひとつです。どんな服装にも合わせやすいことが嬉しいですね。

ヘックスパック

“ヘックスパック”は、サイクリング時に背負えるアイテムを探している方におすすめです。サイクリング時に求められるフィット感やアクセスのしやすさを追求したモデルで、精密機器なども安心して出し入れ可能な自立型ボトム構造を採用しています。

20Lとコンパクトサイズでありながらも、収納力に優れた使いやすいアイテムです。

アクセスパックオーツー

“アクセスパックオーツー”は、ワンプッシュでメインコンパートメントが開く画期的な商品です。ジッパーを開け閉めする必要がなく、スマートに荷物を取り出すことができますよ。

一見シンプルではありますが、近未来的なセルフスタンディングデザインがスタイリッシュでかっこいい印象を与えてくれます。ガジェットを効率良く収納できるオーガナイザーポケット付きで、スポーツシーンだけではなくビジネスシーンにも活躍することでしょう。

ノースフェイスのおすすめリュックでアクティブに過ごそう

『ノースフェイス』のリュックは機能的でかっこいいデザインが多いことから、迷ってしまう方も多いでしょう。しかし、きちんと自分の用途に合わせて選ぶことで、きっとお気に入りのリュックが見つかりますよ。

スポーツや登山、ジム通いにタウンユースなどシーンを選ばず、どこでも活躍するノースフェイスのリュックで、毎日アクティブに過ごしましょう。

画像引用:ノースフェイス