アディダスのトレーニングウェアおすすめ5選!お気に入りの一枚を見つけよう

スポーツブランドとして有名な『アディダス』からは、快適なトレーニングウェアが続々と登場しています。シンプルでクールなデザインが魅力的なウェアたちの中から、お気に入りの一枚を見つけてスポーツを楽しみましょう。トレーニングウェアの選び方を押さえたうえで、おすすめウェアをご紹介します。

トレーニングウェアの選び方

階段に座る人

トレーニングウェアを選ぶ際、以下のポイントを押さえておくと快適なウェアと出会えるでしょう。

着心地や快適さに注目

トレーニングウェアを選ぶうえで何よりも重要となるのが、着心地や快適さです。スポーツや運動を楽しむとき、身体は様々な動きをします。その動きに対して服が擦れたり、身体を伸ばしにくいといった不満を感じないよう、着心地と快適さに注目しましょう。

サイズを参考にして購入するのではなく、試着してフィット感を確認すると良いでしょう。快適なトレーニングウェアと出会えると、身体を動かすのがもっと楽しくなりますよ。

素材にも注目して選ぼう

快適さや着心地と同時に確認したいのが、素材です。たくさん汗をかいても快適に着用できる吸汗速乾性に優れた素材をおすすめします。具体的には、ポリエステルやライクラなどの合成繊維が挙げられます。冬は暖かく、夏は涼しさを保ってくれるでしょう。

より自然な素材が良いという人は、ウール素材を選ぶと快適に着用できます。トレーニングウェアごとに使用されている素材は異なります。気になるウェアがあったら、素材のチェックも忘れないように行いましょう。

目的に応じて選んでみよう

トレーニングウェアを探す際、一人ひとり目的が異なりますよね。ランニングの際に着用できるウェアを探している人もいれば、ジムでトレーニングを行う際にぴったりなウェアを探している人もいます。

ランニングの場合は、手足を動かしやすいものがおすすめです。ストレッチ素材やゆとりがあるものを選ぶと良いでしょう。一方、筋トレをする場合は身体にぴったりフィットするウェアが適しています。

目的に応じてウェアを選ぶことで、より運動の質を高められるでしょう。

【アディダス】トレーニングウェアおすすめ5選!

アディダス』から発売されている、運動時にぴったりなトレーニングウェアを5つ厳選しました。

クラブ スリーストライプショーツ

裾部分にあるスリーストライプがポイントである「クラブ スリーストライプショーツ」は、足の内側とウエストの背面部分にメッシュインサートを配合しており、通気性に優れています。

緩すぎずタイトすぎないシルエットが印象的で、激しい動きにもしっかり対応できるでしょう。やや長めのショーツで、安心して身体を動かせますよ。

3ストライプ トラックパンツ

ブルーやレッドなどの配色が鮮やかで美しい「3ストライプ トラックパンツ」は、冬のトレーニングにおすすめです。テニスプレイヤーのために誕生したパンツと紹介されており、一人ひとりの身体に合わせて着こなすことができます。

ドローコード付きの伸縮性ウエストに、ジップ付きサイドポケットが備わっており、快適に着用できるでしょう。

ニットショーツ

熱と汗の両方をコントロールしてくれる「ニットショーツ」は、オールシーズン着用できるウェアです。熱気のこもりやすい箇所にはメッシュインサートを配合し、通気性を良くしました。

伸縮性のあるウエスト、両サイドにはポケット付きと、アクティブに身体を動かすときにも重宝するでしょう。ブラックとグレーの2色展開になっており、シンプルなデザインが魅力です。

M4T ストレッチウーブンパンツ

常にドライな着心地を感じられる「M4T ストレッチウーブンパンツ」は、伸縮性に優れているロングパンツです。屋外や屋内など、様々なシーンに合わせて汗を気にせず活動できます。

フロント部分にはジップポケットが付いているため、小物の収納に便利です。

M ADIDAS Z.N.E. フーディー ファストリリース

快適な着心地が特徴の「M ADIDAS Z.N.E. フーディー ファストリリース」は、試合直前の集中力を高めたいときにおすすめです。軽量ファブリックを使用しているため、重たくありません。

吸汗速乾性に優れた素材を使用し、着脱がスムーズにできるファストリリースジップも付いています。柔らかい着心地で、身体をリラックスさせ、気持ちを集中させることができますよ。

おしゃれなアディダスのトレーニングウェアで楽しく身体を動かそう!

アディダス』のトレーニングウェアは、デザインと機能性の両方を兼ね備えた商品が数多く登場しています。素材や機能性に注目しながら、目的に応じて適したウェアを選んでみましょう。

ウェアの快適さによって、運動時のパフォーマンスも大きく変わります。最大限の力を発揮できるよう、トレーニングウェア選びも慎重に行いましょう。また、ウェアを自分好みのものに揃えることでモチベーションも上がるはずです。長く続けるためにもウェアにこだわってみると良いですね。

出典:adidas