【監修】ソイプロテインおすすめ14選!女性から注目されるのはダイエットに適しているから!?

「ソイプロテインって他と何が違うの?」「どのソイプロテインを選べば良いのかわからない」と、ソイプロテインについて疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。今回は、おすすめのソイプロテインと、ソイプロテインを選ぶときのポイントをお話していきます。これからソイプロテインを選ぶ方も、現在飲んでいる方も、今一度ポイントを意識して選んでみましょう。

ソイプロテインってなに?

「ソイプロテイン」とは、大豆由来の植物性タンパク質のことです。

他には「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」があります。しかし、この2つは牛乳から抽出したプロテインです。牛乳でお腹を壊してしまう方などに、ソイプロテインをおすすめします。

また大豆が原料のソイプロテインには、大豆に含まれるイソフラボンの効果として皮膚や骨の強化や血流改善が期待できたり、吸収がゆっくりなため腹持ちが良いことから、ダイエット中の方に適しているプロテインと言えます。

豆乳と大豆

ソイプロテインの選び方

ソイプロテインを始めたいと考えている方は、以下の選び方を意識してお気に入りのものを見つけましょう。

タンパク質含有率が70%以上がおすすめ

ソイプロテインに含まれているタンパク質量が「70%以上」のものをおすすめします。これは、成分表に記載されている「100gあたり」のタンパク質が「70g以上」が良いということです。

一般的にタンパク質が70%以上含まれていると、タンパク質の含有量が高いと判断されます。ソイプロテインを購入する際には、成分表をチェックしてみましょう。

味で選ぶ

ソイプロテインは、粉っぽく舌触りがざらざらして飲みづらいと感じる方もいるようですが、近年のソイプロテインは、続けやすいように美味しく味付けされたものが多く発売されています。

自分の好みの味で選ぶと続けやすいでしょう

ソイプロテインを飲む目的は?

冒頭でもお話しましたが、ソイプロテインはホエイプロテインとは異なります。筋肉の発達を目的としている方は「ホエイプロテイン」がおすすめです。

しかし、ホエイプロテインは「牛乳由来の動物性タンパク質」のため、乳糖不耐性を持つ人はお腹がゆるくなる方も珍しくありません。動物性タンパク質に過敏に反応してしまう方は、「植物性タンパク質」であるソイプロテインに変更してみるのも良いでしょう。

また、ダイエット時の栄養補給としてもソイプロテインはおすすめです。ダイエット中は、栄養素が偏ってしまいがちなので、「畑の肉」とも呼ばれる大豆から作られているソイプロテインを積極的に取りましょう。

ソイプロテインおすすめ14選!

ここからは、おすすめのソイプロテインをご紹介していきます。上記で述べた、ソイプロテインを選ぶポイントを考えながら、自分にあったソイプロテインを見つけてくださいね。

【明治】ザバス ソイプロテイン100 ココア味

『明治』から発売されているザバスシリーズのソイプロテインです。こちらは、100gあたり70%以上のタンパク質が含まれているザバスの定番商品です。ココア味は大豆感が控えめで飲みやすいと口コミでも好評です。

大豆の他に、体づくりには欠かせないビタミンも配合されています。トレーニング効果をさらに高めてくれるビタミンを、タンパク質とあわせて摂取できるのは嬉しいですよね。

まずは味を確かめてみたいという人は、1食ずつ個包装になっているトライアルタイプもありますよ。

ホエイプロテインは大丈夫なのですが、ソイプロテインは独特の風味があって苦手でした。
各所でおいしいと噂になっていたので試したところ大正解です。
「ソイ飲める」レベルを遥かに通り越して「すげーおいしい!」レベルですよこれは。

これから飲む方への連絡事項として『最初は書いてある分量通りつくろう!絶・対・だ・よ!!』です。
届いてすぐに、全量牛乳に適当にサッサといれたものをつくったときは濃すぎて悶絶する味に…
ちゃんと分量つくれば大丈夫! それから自分の好みに近づけましょう!!
マイベストは水50%:牛乳50%にこちらを分量通り溶かしたものがベストでした。

・引用:amazonカスタマー@amazonカスタマーレビュー

【BODYWING】大豆プロテイン

こちらは、「体に余計なものは入れない」をコンセプトにしている『ボディウィング』から発売されているソイプロテインです。

タンパク質含有率も80%以上と高く、タンパク質を効率良く摂れるソイプロテインだと言えます。原材料として大豆しか使っていないので、添加物が気になる方にもおすすめです。

プレーンの他に、チョコレートとストロベリーがあるので、味を楽しんで飲みたい方は他の味もお試しください。

【口コミ】
元々筋肉の付きにくい体質なうえ、動物性プロテインが身体に合わず体臭がしてしまうことから、筋トレ自体も諦めていました。
植物性プロテインも存在すると知り試してみたところ、しっかり筋肉もつき、体臭もしない、しかもお安いという事で、最高のプロテインです。
身体にもいいと思うので、健康志向の方には特におススメします。

もっと早く出会いたかったです。

・引用:けんじさん@amazonカスタマーレビュー

【Kentai】ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味

水でも牛乳でも溶けやすい、美味しいココア風味のソイプロテインです。こちらには、体づくりに大切な11種類のビタミンとミネラルに加え「水溶性食物繊維」が含まれています。

食物繊維が含まれていることで、お腹の調子も整えてくれるでしょう。こちらも100gあたりのタンパク質は70%以上となっているため、摂取効率が高いソイプロテインです。

最近はソイプロテインしか飲まなくなりました。こちらは甘すぎず栄養価もあるのにカロリーは低くて意外にお腹にたまるので夜の置き換え食にちょうどよいです。Kentaiで人気のバナナ味よりこちらのほうが好きです。粉っぽいと感じても許容範囲。調整豆乳または低脂肪乳で飲むと甘みが増すようでおいしいです。体重は2ヶ月で軽い運動もあわせて3キロ痩せました。味も美味しくコスパも良いので定期便でしばらく続けます。

・引用:Honeybunnymayさん@amazonカスタマーレビュー

【ウイダー】おいしい大豆プロテイン コーヒー味

『ウイダー』から発売されている「おいしい大豆プロテイン」のコーヒー味です。牛乳で割るとコーヒー牛乳のような感覚で飲めます。

このプロテインは、50%のタンパク質含率と他に比べてタンパク質量が少ないですが、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB群がバランス良く摂取できるので、栄養面の偏りが気になる人におすすめのプロテインです。

コーヒー味ですので、目覚めのコーヒータイムや朝食と一緒にホットプロテインとして飲むこともおすすめですよ。

冷たい牛乳で、シャカシャカふってから頂きました。
お味は、とても飲みやすくて美味しいので続けられる~と嬉しいです。
ちょっと、粉っぽい感じがしますが…ホットミルクなら粉っぽさが無くなるのかな?
それとも、もっとシャカシャカふれば大丈夫なのかな?
でも、美味しいので、多少の粉っぽさは私は大丈夫でした。

今夜はシャカシャカ昨日よら多めにしたら、冷えた牛乳でも全然粉っぽさ無く、すっごく美味しかったです!
昨日は適当だったから粉っぽかったみたいでした。
これ、ホント美味しい!

・引用:ほっちゃんさん@amazonカスタマーレビュー

【アサヒ】ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ソイミルク味

『アサヒ』から発売されているこちらのソイプロテインは、安心の国産で、着色料や保存料は一切使っていません。添加物を気にしている方にも嬉しいプロテインでしょう。

こちらはタンパク質含量が66%ほどですが、ビタミンやミネラルに加え、HMBカルシウムや乳酸菌といった、なんと全23種もの成分がまとめて摂れるので、あらゆる栄養素を1杯でバランス良く摂りたい人におすすめのプロテインです。

食が細く栄養不足の自分用に購入しました。

不足しがちなタンパク質、ビタミンミネラルに加え、乳酸菌とHMBカルシウムまで入っているので、これを飲めば特殊なものを除く栄養は全てカバーできるのが嬉しいです。
サプリメントをあれこれ飲むのが億劫な自分にはもってこいの商品ですし、これ単体での値段は高いですが、普通のプロテインを買ってこれだけの栄養のサプリメントを揃える事を考えたら経済的だと思います。

私は水にこのプロテインと青汁粉末を入れて飲んでいます。冷たい水でも簡単に溶けます。ソイなので多少の粉っぽさはありますが、癖がなく甘すぎずさっぱりしていて飲みやすいです。牛乳や豆乳で作るとより飲みやすいです。

定期便にして常備しています。

・引用:琵琶湖さん@amazonカスタマーレビュー

【NICHIGA】大豆プロテイン

こちらのソイプロテインは、新規製法によりさらに水に溶けやすくなっています。また、必須アミノ酸スコア100なので、質の良いタンパク質を摂取できる証です。原材料もシンプルで、非遺伝子組み換え大豆であることも安心ですね。

『ニチガ』の大豆プロテインは、タンパク質含有量が80%以上と高く、効率的なプロテイン摂取を目指している方におすすめです。

ほぼきなこです。舞い上がる粉末感とか溶けなかったダマの感じとか、とってもきなこ。
きなこ大好きだったので美味しかったです。

逆に言うならきなこの味が嫌いな人はどうあがいてもまずく感じるかと。
脂質糖質がかなり低めなので、ダイエット向きだと思います。
これに0kcal甘味料+アーモンド効果+水で割ると普通にきなこジュースでした。

・引用:みさきあやさん@amazonカスタマーレビュー

【アムウェイ】ニュートリ プロテイン オールプラント 110415J

こちらは「大豆」「小麦」「えんどう豆」の3種類からタンパク質を抽出した100%植物性のプロテインです。

人間の体に必要な必須アミノ酸スコア100をクリアし、さらに必須アミノ酸の消化吸収率も最高値を達成している商品です。消化吸収率が高いためか、口コミでは「髪がツヤツヤになった」「肌の調子がいい」など、効果を実感した方も多いようです。

飲み始めて指の爪、足の爪が丈夫になり割れなくなりました。身体の疲れにくくなったようです。

・引用:amazonカスタマー@amazonカスタマーレビュー

【アルプロン】大豆プロテイン100ココアミルク風味

『アルプロン』は島根県に工場を持ち、自社で原材料調達から販売までを一貫して行なっている会社です。そのためコスト削減を可能として、低価格でソイプロテインを販売しています。安心の国産で1kg 2,480 円(税込)というコスパの良さは嬉しいですね。

こちらの大豆プロテインは必須アミノ酸スコア100を達成しているため、良質なタンパク質が摂取できますよ。フレーバーは「ココアミルク」と「イチゴミルク」の2種類あり、どちらも甘さ控えめで美味しいと好評です。

ダイエット目的ではなく筋肥大トレーニングを目的としてこちらの商品を買っています。

海外製よりはコスパ面で少々劣りますが
某海外激安プロテインメーカーのソイプロテインはびっくりするぐらい溶けないです。プロテイン30gを溶かすのに水350ml強使ってもまだドロっとしてる感じです。
しかしこちらのソイプロテインはプロテイン30gなら200mlほどの水で溶けて結構サラサラです。(時折ザラっとダマが残る事がある程度)

味ですが甘すぎると言っている人がいますが僕の意見としては甘さは割と控えめです。
少なくとも海外製はもーーっと甘いです。
しかも大量の人工甘味料で。

不味すぎるというレビューもありますがハッキリ言ってこれを不味いと言う人は「タンパク質含有率の高い人工甘味料で風味をつけた程度」のプロテインは飲めない方だと思われます。日本製のソイプロテインには砂糖などで自然な甘さで仕上げた物もありますのでそういう方はそちらをお求めになった方が良いと思います。
「タンパク質含有率が高い方が良い」「筋トレ目的」「海外製のは甘すぎる」「溶けが良いもの」をお探しの方はこちらのイチゴミルクかココアミルク味がおススメです。イチゴミルクの方が若干タンパク質含有率が高いです。ただ味はココアミルクの方が美味しいです。ノンフレーバーは飲んでないのでわかりませんが値段更に下がります。

・引用:オリーさん@amazonカスタマーレビュー

【美Soy】ソイプロテイン

17種類のスーパーフードと、乳酸菌と食物発酵エキスが含まれた女性に嬉しい成分たっぷりのソイプロテインです。パッケージも可愛らしいデザインになっています。

この「美Soy」は原材料の70%が大豆プロテイン、1食あたりのカロリーは48kcal、炭水化物は2.7gと低カロリー・低糖質を実現
まさにダイエット中の女性におすすめしたい商品です。

美容とダイエットのために探していたところ、スーパーフードや乳酸菌など綺麗になれそうなものが色々と入っていて、かつ低カロリー低糖質なこちらを選びました。
シェイカーは持っていないので、コップに牛乳150mlと付属の計量スプーン1杯分を入れて混ぜ混ぜ…。それほど溶け残ることなくさっと溶けました。
お味は豆乳の甘いバージョンのような感じで飲みやすく美味しくいただけました。これなら毎日続けられそうです。

その後100均でシェイカー買って試してみたら、そっちの方が断然美味しかったです!!

・引用:みーままさん@amazonカスタマーレビュー

【九州アミノシェイク】ソフトプロテイン

アミノ酸スコア100の九州産「きな粉」をベースに、必須アミノ酸を豊富に含むスーパーフード「モリンガ」が配合されたソイプロテインです。

味付けは黒糖とてんさい由来の砂糖のみと自然由来の原料しか使用していないため、添加物を気にしている方におすすめのプロテインと言えます。

大豆が大好きなので、買って見ました。
とても美味しく飲みやすい。水でも、牛乳でも良いです。冷水が無いときは、水道水に氷を2~3個を入れてシェークして飲みましたが
美味しいです。

パッケージもシンプルで良いですね。
なかに、スプーンが入ってます。
但し、
毎日飲むには量が少ないくて、
お値段が高いですね😵

・引用:明日も休みたいさん@amazonカスタマーレビュー

【ヘルスラボラトリー】ハッピーソイ

『ヘルスラボラトリー』は、医薬品を製造できるくらいのトップレベルで工場管理を徹底しています。乳酸菌が3,000億個も含まれているため、腸内環境も整えてくれるソイプロテインです。

内容量が300gと試しやすいサイズなので、初めてプロテインを飲む方のお試し用にもおすすめです。

豆乳の味が苦手なため、筋肉をつけるついでにイソフラボンが摂取できればと思いこちらを購入しました。
個人的に豆乳よりも飲みやすい味でしたので続けて飲んでいます。
メインはプロテインのため平行して運動もしていますが、心なしか筋肉も付いてきた気がします。
プロテインの中ではお手頃価格だと思うので、ソイプロテインを試してみたい方にはおすすめです。

・引用:ARY32さん@amazonカスタマーレビュー

【ビーレジェンド】ストイックソイ

多種多様なホエイプロテインを販売している『ビーレジェンド』のソイプロテイン。「ソイプロテインは粉っぽい」とよく言われていますが、このプロテインはダマになりにくくしっかり水に溶けてくれるため粉っぽさが抑えられています。

こちらもタンパク質含量70%以上をキープしているソイプロテインです。この秋にソイプロテインの新フレーバーが展開されるという情報があり、待ち遠しいですね。

ソイプロテインはどこのメーカーもまだまだ味の種類が少なく、甘ったるいものばかりの印象が強かったですが、この商品はさっぱりとした味で飲みやすいです。
やや値段はしますが、beLEGENDはホエイでも多種多様の味を出しているのでソイプロテインもそれと同等に今後味のレパートリーを増やして欲しいという期待を込めて星5つにしました。

・引用:一般トレーニング人@amazonカスタマーレビュー

【HIGHCLEAR】ソイプロテイン100 ステビア ココア味

『ハイクリア』は、低価格で高品質な高品質な商品を提供するためにノーブランドとして、広告宣伝費などにコストをかけることなく販売を行なっている会社です。

こちらのソイプロテインの魅力は、タンパク質含有率80%を超える含有量の多さと、人口甘味料フリーで天然由来甘味料を使用したフレーバー付プロテインであることです。ソイプロテインのナチュラルな風味が苦手な方にもおすすめです。

ココア以外にも黒蜜きなこ、抹茶風味がラインナップされています。

今まで飲んでいた大手商品よりも、水でもサラッと溶け作るストレスが全くありませんでした。
お味はステビア特有の甘みはあるものの、人工甘味料が使われていない安心感で許容範囲かなと思います。
個人的には、甘みがいらないのでステビアさえいらない気がしますが。

お値段もリーズナブルで、リピート、他の味にも挑戦してみたいと思います!

・引用:manami_16_@amazonカスタマーレビュー

【ヘルシーベスト】大豆プロテイン

こちらはなんと、タンパク質含有量90%以上と非常に高い数値が魅力的なソイプロテインです。味付けになるものや甘味料などを一切使用していないため、「他のプロテインは甘すぎて飲めない」という方におすすめです。

私は味がついているプロテインがどうも飲みにくく感じていたのですが、このプロテインは味がついていないので非常に飲みやすいです。私の場合は低脂肪牛乳にノンカロリーのシロップを入れて更に飲みやすくして飲んでます。このプロテインなら飲み続けられそうです!

・引用:ryudyさん@amazonカスタマーレビュー

ソイプロテインで女性らしい体を手に入れよう

今回は、おすすめのソイプロテインをご紹介してきました。プロテインを飲むタイミングは、「運動後30分以内」「朝食時」「就寝前」の3つをおすすめします。特に運動後30分は「ゴールデンタイム」とも呼ばれていて、筋肉がもっとも栄養を必要とし吸収が高まるタイミングなのでおすすめです。

またソイプロテインは、食事で不足するタンパク質や他の栄養素を補うこともできます。あなたも、毎日の食生活にソイプロテインを取り入れてみてはいかがでしょうか。