ハンドボールのゴール3選!楽天などで購入することはできる?

ハンドボールをプレイするうえで欠かせないものが、ゴールです。そこで、練習時にも活用できるハンドボールのゴールについて見てみましょう。選び方のポイントを押さえて、長く使えるものを選ぶことが大切です。

ハンドボールのゴールの選び方

ハンドボールのゴールは、以下の選び方のポイントを押さえたうえで商品購入を検討してみましょう。

H_06_2,ハンドボール ゴール

まずはゴールの規格を知ろう

ハンドボールのゴールを選ぶ際、まずはゴールの規格について知っておく必要があります。縦と横の長さがきちんと決められており、それに沿ってゴールを選ぶようにしましょう。

縦:200cm
横:300cm

縦と横のサイズはきちんと決まっている一方で、上下の奥行に関しては商品によって差があります。上奥行であれば80~100cm、下奥行であれば100~150cmといったように幅があるため、商品ごとに細かく確認しましょう。

素材にも注目しよう

ゴールの規格について確認ができたら、続いて素材にも注目しましょう。以下のような素材が用いられており、素材によってメリットとデメリットがあります。

ナイロン 長く使用することで、繊維がほどけてしまうことがあります。最終的にちぎれてしまい、ゴールとして使えなくなってしまうこともあるでしょう。
ポリエステル ナイロンと似ているポリエステルは、ショックを吸収してくれるというメリットがあります。キーパーにとっても安全であり、シュートしたボールが転がることがないため安心です。素材自体が軽く、吸水性にも優れているため屋外で使用する際におすすめです。
ポリエチレン 強度に優れており、とても軽いという特徴も持っています。様々な天候にも対応できる丈夫さを持っている反面、弾力性には欠けます。

素材ごとに、特徴が大きく異なります。どこにゴールを置くのか、求める機能について考えながら選ぶようにしましょう。

ゴールネットの種類も確認しよう

ハンドボールのゴールに貼られているネットについては、いくつか種類があります。その種類を把握して、より適したゴールを選ぶようにしましょう。

ネットの結束タイプ ゴールに貼られているネットにも、結束タイプがあります。糸同士を結束させて編んでいるものと、結束せずに編んでいるものの2種類に分けることができます。有結束タイプは、糸を交差させて結び目を作り網目状にしていくという方法です。

一方の無結束タイプは、結び目を作らずにネットを編んでいくという方法を取っています。それぞれのタイプによってゴールネットの特徴は大きく異なるため、結束についてもしっかり確認しておきましょう。

網目の形 結束のタイプに続いて、網目の形にも注目しましょう。四角と亀甲の2種類があり、それぞれ形が異なります。ハンドボールをはじめ、多くの競技において四角形が一般的です。亀甲タイプのゴールは商品数が限られており、四角に比べて価格が高くなる傾向にあります。

メーカー別おすすめハンドボールのゴール3選

ハンドボールのゴールにおける特徴や選び方のポイントを押さえたうえで、おすすめの商品をご紹介します。

クイックプレイ

『クイックプレイ』は、サッカーの発祥地であるイギリスから生まれたサッカーゴールなどの用品を取り扱うブランドです。

ポータブル ハンドボールゴール 3m×2m

『クイックプレイ』の“ポータブル ハンドボールゴール 3m×2m”は、折りたたみが可能です。15,000円程度と、ハンドボールゴールとしては比較的リーズナブルな価格になっています。ポールはあらかじめ連結されているため、組み立てるときも簡単です。

ハンドボール専用のモデルとして、赤と白のラインが入っています。折りたたみ式でありながらも丈夫なスチールフレームを採用しているため、安全性の高いゴールと言えるでしょう。持ち運びしやすいバッグも付いており、どこでもハンドボールを楽しむことができます。

モルテン

『モルテン』は、スポーツ用品をはじめ、健康用品、介護用品など様々な商品を展開しているブランドです。

ハンドボール 小学生専用簡易ゴール

小学生でハンドボールを練習している人におすすめなのが、“ハンドボール 小学生専用簡易ゴール”です。ネットを固定しておくファスナーが付いているため、ネットが外れたりヨレるのを予防できます。簡易ゴールとして設置が手軽にできるのも魅力と言えるでしょう。

トーエイライト

『トーエイライト』は、様々なスポーツ用品を展開しており、学校で使う道具なども販売しています。

アルミハンドゴール SG300

約20万円と高価なハンドボールのゴールで、しっかりとハンドボールに取り組みたい、本格的なゴールで練習をしたいという人におすすめです。

オールアルミ製で、比較的軽く作られているのも特徴となっています。固定するための杭が8本付いているため、安心してハンドボールの練習ができるでしょう。

安全なハンドボールのゴールでアクティブに楽しもう

ハンドボールのゴールは商品数こそ少ないものの、品質重視で考案されているものばかりです。価格や機能性、網目の形や結束のタイプなどにも注目しながら、長く利用できるゴールを選びましょう。

ハンドボール用設備・備品の最新記事8件