ロードバイクにおすすめのアームカバー男女別人気ランキング20選!

街乗り、ロングライド、ヒルクライムなどロードバイクの乗り方は人によって様々ありますが、今回はロングライドやヒルクライムなどの主に長時間乗り続けたり、スポーツとしてロードバイクに乗っている方におすすめのアームカバーについて紹介していきます。

ロードバイク乗りには『アームカバー』がおすすめ!

そもそもアームカバーとは?

ロードバイクに乗るときに避けて通れないのは、外の紫外線や気温の変化、また夏場であれば日焼け、熱中症です。

そこで必要になるのがアームカバーです。全身サイクリングウェアを着て、汗をかいても涼しくいられる一方、夏場であれば、腕や足、首回りなど露出する部分は増えていきます。

一見「露出していた方が涼しいんじゃないか?」と思う方もいるでしょう。しかし日焼けをすればそれだけ体力も奪われてしまいます

アームカバーは季節によって素材と機能が違います。例えば夏用のアームカバーは、腕に密着していて風に当たると肌にそのまま風が当たるより涼しく、速乾機能やUVカットなどの機能もあり、アームカバーを使った方がより快適にサイクリングを楽しめます。

アームカバーの使い方

アームカバーは基本的に少しきつめに感じますが、肌に密着しているほど効果を得られます
使用していれば当然汗をかくため、アームカバーが汗を吸ってくれます。洗濯もできるので「1回使っておしまい」ということもないです。

アームカバーには日焼けなどを防ぐだけでなく、サポーターとしての役割も担ってくれるため、長時間のサイクリングなどで体を支える腕への負担も減らしてくれます。翌日に疲れを引きずることも軽減できますよ。

疲れからくる不調や怪我を減らすということでも、アームカバーを使うメリットはとても多いです。

アームカバーのつけ方はいたってシンプルで、長袖のTシャツに腕を通すように、手を通して肘の上、二の腕あたりまで引っ張りあげてつけるだけなので、買ってきてすぐに使うことができます。

アームカバー以外にもレッグカバーというものもあり、手足を日焼けや気温の変化から守ってくれるものです。夏用、冬用とあるので店頭やネットで購入するときはサイズと素材に気を付けて購入しましょう。

真夏や真冬であれば外すこともあまりないため、夏用、冬用のグローブや日焼け止め、ネックウォーマーなどと併用して使うことでより一層の効果を期待できます。

アームカバーは邪魔にならない?

上着やハーフパンツと異なり簡単に付け外しができ、厚さもありません。サイクリングウェアであれば背中のポケット、バックパックを背負っていれば中に入れられてかさばることなく収納できます。

サイズ感に気をつけて購入しないと使用中にずり落ちてくることもあります。緩めのサイズで購入してしまうと、煩わしく感じその点では邪魔になってしまいます。

アームカバーは大体のものが袖口などに滑り止めがついていて、ずり落ちを防いでくれますが、やはりそこでサイズの選択を間違えてしまうと逆効果になってしまいます。

効果的になおかつ快適に使うために、ネットや実際の店舗で採寸を図ったり、腕を通してみることで実際のサイズ感を確認できるので、あらかじめ自分の合ったサイズや寸法を把握することも大切です。

また、様々なメーカーからアームカバーが発売されています。シンプルなものからカラーバリエーションの豊富なもの、柄物などのデザインも豊富なので、自分で気に入ったものであれば邪魔になるどころかむしろ気に入って使いたくなりますよ。

日焼け対策だけじゃない!アームカバーは季節によって使い分ける

C_30_1,ロードバイク アームカバー

春にもアームカバーは必要?

春や秋などの暑すぎず寒すぎない気温はサイクリングがしやすいので、ロングライドなどに出かけることも多いのではないでしょうか?夏に比べて紫外線も少ないので「アームカバーはいらないのでは?」と感じますが、ロードバイクに乗っていれば汗をかき、体温も上がります。

そして長袖の上着を着ていると脱ぎたくなるときもあるので、代わりに夏用、冬用のアームカバーを持っていれば、「太陽が出ていて昼間は暑い、日が落ちてきて風も冷たくなり寒い」といった状況にも対応できるので、春や秋にもアームカバーは必要になる場面はあります。

夏用、冬用と1セットずつ持っておくだけでも役に立つこと間違いなしです。また、薄着になる季節では転倒したときの外傷からも少なからず守ってくれるため、擦り傷や切り傷を避けるといった意味でもアームカバーは必要でしょう。

ロードバイクは遅くても時速20㎞、下り坂やスプリントの時は40㎞、それ以上の速度も出すことができます。そのスピードで転倒をすることを考えると、怪我を負うリスクを少しでも減らすことを念頭において使うことも重要です。

夏に使いたいアームカバー

もともと夏は暑いものではありますが、近年ますます気温が上がっており、35℃以上の気温も当たり前になってきています。そうなれば1日サイクリングに出かければ日焼けもして熱中症になる確率も高くなります

女性の方であれば日焼けはより一層大敵です。そこで夏用のアームカバーを使えば、より涼しく、日焼けもあまり気にすることなく楽しいサイクリングができます。

夏に使うアームカバーに必要な機能は、主にUVカットや吸汗速乾や熱反射、抗菌防臭など日焼けや熱中症、汗をかいてべたつくことを避けられる機能を持っているものが最適です。

袖口などに滑り止めのラッセルテープがついてるため、だんだんとずり落ちてくることもなく安心して使用できます。

手首から上腕部まで守ってくれるアームカバーを持っていれば、何もつけず半袖のまま肌を露出している状態とは違い、快適なサイクリングを体感できると思います。

冬に必要なアームカバー

ここまでは夏のものを紹介してきましたが、冬用のアームカバーもまた優れものです。冬用は『アームカバー』というよりも『アームウォーマー』といった方が分かりやすいかもしれません。

夏用のアームカバーとの違いは、裏起毛や防風効果などとなっており、夏とは打って変わって逆の機能になります。冬用の長袖のウェアであれば大体のものが裏起毛で、フリースのような素材が使用されています。

またウェアのアウターとして、風を通さず防風効果の高いゴアテックス素材のものもあり、アームウォーマーと併用して使うことでより効果が望めます。

冬のサイクリングでは昼間でもスピードが出ればより風を浴びることになります。通常の気温より体感温度がぐっと下がるため、防寒、防風、保温機能が大切になります

外出するときの普段着のように温かいものを何枚も重ね着すると、体温が上がってきたときに、蒸れたり脱ぎ着するときに一旦止まらなければいけません。そしてその上着をしまうバックパックなども必要になってしまいます。

アームカバーは上着よりもかさばることなく、風がよく当たる腕の部分を覆ってくれるので、まずは必要最低限の上着を着て、それでも寒く感じるようであればアームカバーを装着しましょう。

そうすることで、冬の気温変化、サイクリング中の体温変化に幅広く対応できるようになり、体力の消耗を抑えられます。冬用のアームカバーもかさばるものではないので、万が一に備えてポケットに忍ばせておくこともできます。

おすすめのアームカバー男女別ランキング20選!

アームカバーはデザインが基本的にシンプルなものが多く、ものによっては気に入ってるサイクルジャージとの組み合わせが楽しめるデザインものもあります。夏用のアームカバーの方がデザインが豊富なものが多い傾向にあります。

冬用のものは夏用のものと比べるとかなりシンプルなものがメインとなっています、ここからは夏用、冬用別けておすすめのアームカバーをご紹介していきます。

【男性向け】春夏用アームカバー5選

【SHIMANO】 SUN PROTECTION・COOLアームカバー LIMITED PRO AC-077R

『SHIMANO』といえばロードバイク乗りで知らない人はほとんどいないでしょう。パーツ以外でもウェアが出ているのでおすすめです。ブラック、またはホワイトの二色ですが、ゴールドのロゴが入っており高級感があります。

特徴は文句なしの冷却、遮熱、吸水速乾、UPF50+などの機能で、真夏の厳しい日差しからも守りつつ快適にサイクリングが楽しめます。なかでも、SUN PROTECTION COOL は、使ったその瞬間から冷たく感じられる機能のため着心地抜群です。

【Eadali 】アームカバー

こちらはほかの商品と比べ安価ですし、2枚組なので頻繁にサイクリングでかける方にもおすすめです。UPF50+、吸汗速乾、抗菌防臭など夏には嬉しい機能が備わってます。

また、サイクリング以外にも使用できるので、サイクリングだけでなく野外でスポーツや活動するときなど幅広く役立ってくれるでしょう。カラーバリエーションも豊富なため、ちょっとおしゃれに決めたいときにもおすすめの一品です。

【PEARL IZUMI 】401 コールドブラック® アームカバー

デザインにはブランドロゴが施されており、ブラックとホワイトの2色展開でシンプルなデザインのため、アームカバーをあまり目立たせたくないという方におすすめです。

夏に欲しい機能のUPF50+UVカット、吸汗・速乾、抗菌防臭、そして夜間に光を反射させてくれる素材が使われているので、日が沈んで薄暗くなっても安全にアイクリングができます。
しっかりと夏には外せない機能がすべて備わっていて安心できます。

こちらもSHIMANO同様に有名なブランドなので、迷ったらこちらを選ぶのも良いですよ。

【KAPELMUUR 】UVカットアームカバー

こちらはブラックのみのカラーですが、おしゃれロードバイク乗り御用達ともいえる『カペルミュール』のアームカバーです。シンプルなデザインですが、機能は他のものと変わらずUPF50+、紫外線防止率97.5%以上と日焼け対策にばっちりです。

吸汗・速乾、通気性の良いストレッチメッシュ素材を採用していて肌触りも良く、伸縮性もあるのでフィット感も安心です。また、縫い目がフラットになっており「使用中の縫い目が気になる」というトラブルもないでしょう。

また、右腕部分についているロゴは、光が当たると反射してくれるリフレクターになっているので、夜間の安全性も確保されています。シンプルでありながら、ロゴでさりげないおしゃれさをアピールできる一品です。

【COOLOMG 】アームカバー

夏用アームカバーラストはこちらの『COOLOMG』アームカバーです。

こちらは今までの商品より幅広いカラーバリエーションで、お気に入りのサイクリングウェアと合わせて選べます。シンプルなものは飽きてしまった方や好みのデザインのものが見つからない方のための「痒い所にも手の届く」ラインナップです。

これだけバリエーションが多いと「機能はあまり充実してないのでは?」と不安になりますが、そこもしっかりとカバーしており、UPF30~50 UVカット率90%以上、水や汗で濡れたときにひんやりと感じさせてくれる機能も備わっています。

「シンプルなものは嫌だけど機能はしっかりしたものが良い」と思っている方にもおすすめです。

【男性向け】冬用アームカバー5選

【SHIMANO】 アームウォーマー

夏用、冬用共にアームカバーが充実している『SHIMANO』の製品です。ずり落ち防止の滑り止めシリコンを冬用でもしっかりついているので、こちらも使用中にずり落ちることなく、安心して使用できます。

リフレクター機能もあり、日の落ちる時間の早い冬でも安全にサイクリングができるようになります。また、裏起毛になっているので、サイクリング中に腕が寒いとき、朝方からサイクリングに出かけるときなど、気温の低い状況でも暖かく腕を守ってくれます。

長袖のウェアだけでは対応できない気温でもこれがあれば体力の消耗も抑えてくれます。

【Wellcls】 アームウォーマー

こちらも裏起毛、裏地がフリース素材なので、暖かく腕を包んでくれます。カラーはブラックとホワイトの二色展開で、デザインにはロゴなどなく非常にシンプルなものです。

サイズも4種類から選べるので、ウェアの上から、または腕に直接つけることを想定してサイズを選ぶこともできます。シンプルなデザインのためサイクリングだけでなく、野外でのスポーツや活動などでも使えるものとなっています。

【PEARL IZUMI】 408 アームウォーマ

『PEARL IZUMI』もSHIMANOと同じように、夏用と冬用のアームカバーを販売しているので、メーカーを揃えたい方や、どれを買ったらいいかわからない方など、これを選んでおけば安心とも言えます。吸汗・速乾、保温といった冬には逃せない機能もしっかりとしています。

サイズも4種類揃っていて、腕の長さや太さなど様々な方に対応可能です。再帰反射、リフレクター機能もあるので、暗くなってからも安全にサイクリングができますよ。

こちらはレッグウォーマーも出ているので上下で揃えて使用できるところもおすすめです。

【le coq sportif】 アームカバー

冬用のアームカバーは基本的にブラック、ホワイトなどシンプルなものが多いですが、冬場でも少しおしゃれにしたい方には『le coq sportif』のアームカバーがおすすめのデザインとなっています。

また、『le coq sportif』はサイクリングウェアもおしゃれなものが多く出ているので、アームカバーのデザインが好みという方は、ウェアと合わせて購入することもおすすめです。

【DECOJA】 アームウォーマー

サイズ展開、カラーバリエーションも冬用のなかではとても豊富で、裏起毛、リフレクターロゴの機能が備わっているので安価ながらもしっかりとしています。ロゴのパターンも選べるので、ワンポイントのおしゃれもできますよ。

「派手なのは嫌だけどさりげなくおしゃれにしたい」という方にはこちらがおすすめです。裏起毛、ずり落ち防止のテープもついているので、おしゃれながらも機能も心配ありません。

◇【女性向け】春夏用アームカバー5選

【Eadali】アームカバー

こちらは男女兼用のものですが、ほかの商品との違いは手の甲までカバーしてくれるところです。サイクリング中にはグローブをつける人がほとんどだと思いますが、アームカバーとグローブの隙間は気を付けていても日焼けをしてしまいます。

日焼け止めを塗っていても、汗で流れたり、布との擦れでいつの間にか落ちてしまい、その部分だけ日焼けしてしまうことも多いです。しかしこの商品では手の甲までカバーすることで、グローブとの隙間をなくし、細かい部分の日焼けも防いでくれる優れものです。

サイクリング以外でも使用しているレビューもあるので、一般で売られているアームカバーをこちらに代えるというのも良いですね。ブラックとホワイトの色があるので好みに合わせて選べます。

【ThankSmile】 アームカバー

こちらも手の甲まで袖があり、カラー展開もブラック、ホワイト、グレー、ピンクの4色から選べます。UVカット、抗菌・消臭機能がありフリーサイズなので、サイズの図り方が分からなかったり、初めて買う方などは難しいことを考えずに購入できます。

ロゴなどはなくシンプルなものなのでサイクリング以外でも使えるところがポイントです。
紫外線の増える季節に備えての購入もおすすめです。

【Anbella】アームカバー

UVカット率99%以上、UPF50+、接触冷感-5℃、フリーサイズと、こちらもどれを選んだら良いのか悩んでいる方におすすめです。女性用のものだと手の甲までカバーしてくれているものが多く、組み合わせでは私服でも使えるものになっております。

カラーはブラック、ホワイト、グレーの3色展開しており、ストレッチ素材が使われているので、締め付けのストレスなく使用できるのもおすすめです。

【Rivroo】アームカバー

こちらも男女兼用で、手首までのものですがカラーバリエーションが豊富です。UVカット、通気、吸汗・速乾機能により日焼け防止、暑さ対策にもつかえますよ。
ので、夏場のサイクリングでも休憩中に水をかけたり汗をかいても、よりひんやりと感じられます
ウェアに合わせて色を選びたい方、逆にあまり目立たせたくない方にも対応できる色があるので、それぞれの用途に合わせて購入できます。

【BOXUAN】アームカバー

こちらは袖の長さが、手の甲まで、手首までの2種類に分かれており、「手の甲までカバーしてくれているものを持ってるけど、あまり使わないので手首までのものが良い」という方や、その逆の方にも対応してくれます。同じデザインでどちらか選べるのがうれしいポイントです。

UVカット99%、UPF50+、冷却機能もしっかりとしているので、デザインと機能の両面を気にしている方も安心できます。また、カラーバリエーションもパステル系の色が多く、女性らしい色が欲しいと思う方にもおすすめですよ。

【女性向け】冬用アームカバー5選

【PEARL IZUMI】アームウォーマ 女性用

男性向けにも登場した『PEARL IZUMI』ですが、女性用も発売しています。裏地が起毛素材になっていて柔らかく暖かくなっていて、上腕部の袖口にはずり落ち防止のラッセルテープが付いています。

保温、吸汗速乾、再帰反射など、冬場に必要な機能がしっかり備わっています。男性、女性用と発売しているので、ペアにして使用できるのでお揃いにして使うこともできますよ。

【KOMINE】 サイクルアームウォーマー

デザインは少し無骨なデザインですが、ロゴの部分がリフレクターになっていて、風が当たる部分の素材は透湿防風素材のため、<走行中に腕が寒くなることや体温が上がった時にムレることも防いでくれます/span>。

レディースのなかではシンプルデザインなので、可愛くではなくかっこよくまとめたい方におすすめです。

【LION DE KAPELMUUR】 アームウォーマ

男性用のものでもおすすめした『カペルミュール』ですが、こちらの『リオン・ド・カペルミュール』は、レースシーンやトレーニングに向けて打ち出されたブランドで機能だけでなく、デザイン性もより優れたものが揃っています。

冬用のものでもUVカット、UPF50+が備わっているので冬場の紫外線対策にも期待できます。
リフレクトテープも腕の横側にさりげなく縫い付けられていて、機能、デザインともにしっかり作られているのがおすすめできる大きいポイントです。

おしゃれさんに是非使っていただきたいアームカバーです。

【MAVIC】アームウォーマー

テフロンコーティング加工をされていて、不意に降ってきた雨を弾いてくれます。外側は水を弾くので、水に濡れて体が冷えることを防いでくれます。また、裏地は裏起毛素材でつけ心地も良く、悪天候でもしっかり機能してくれます。

腕の横側についている白い斑点がリフレクターになっていて、他のアームカバーよりもリフレクター部分が広いので、日が沈んで薄暗くなってからもより安全性を高く、機能性もかなりしっかりしています。

ひとつ持っていれば、冬場のサイクリングがより一層楽しくなりますよ。

【KAPELMUUR】アームウォーマ

最後は『カペルミュール』のアームウォーマです全体的にシンプルなデザインで、右腕にはおしゃれな筆記体ロゴ、左腕にライオンの刺繍が施されています。裁縫部は凹凸の少ないフラットシーマ裁縫で作られており、肌へのストレスが大幅に軽減されています。

腕口部分にずり落ち防止の滑り止めのゴム、UVカット、UPF50+、イタリア製の防寒保温素材でできており、機能性は抜群でデザイン性も主張しすぎず、シンプルさと機能性の両面がおすすめできるポイントとなっています。

使用してみて「少し長い」と感じる場合は、ゴムの部分を折り返して長さを調節することもできるので、長さに不満がある方にも対応してくれます。

季節問わず活躍するアームカバーがあればロードバイクをもっと楽しめる!

アームカバーは夏でも冬でも間違いなく役立ってくれるもので、今まで必要ないと思っていた方や、これからロードバイクを始めようという方は是非使ってみてはいかがでしょうか?その快適さに気付いたら、もうアームカバーを手放せなくなるかもしれません。

春夏の紫外線、日焼け、熱中症対策や、秋冬の気温差や体力温存など、使える場面はたくさんあります。デザイン、機能と選択肢の多いなかからお気に入りのものを見つけられると、サイクリングへのモチベーションもきっとあがりますよ!