サイクルキャップおすすめ30選を人気ブランド&目的別で紹介!おしゃれで汗止め・防寒バッチリなのはどれ?

通勤通学など街乗りとして人気のロードバイクですが、サイクルキャップは夏の暑い季節には日よけや汗止め対策として、寒い冬には防寒対策として必須アイテムです。また、近年ではカジュアルにも使えるようなおしゃれなデザインが人気です。そこで今回はサイクルキャップの選び方を解説し、人気おすすめの商品をランキング形式で紹介していきます。

サイクルキャップを着用する2つのメリット

紫外線、遮光対策になる

ツバ付きのサイクルキャップは、5月から夏にかけての紫外線や暑い陽ざしを遮ることに役立ちます。「サングラスがあれば大丈夫!」という方も多いかと思いますが、ツバ付きのサイクルキャップを合わせることで効果は各段に上がります。

前傾姿勢が主なロードバイクの場合、どうしても上目遣いになってしまいます。そんなときにサイクルキャップのツバが紫外線、遮光対策として効果的なのです。

汗対策や防寒対策になる

ツバがないタイプは、汗や雨が垂れてくるのを防いでくれます。夏場などでは特に陽ざしを浴びて汗をかくことがあります。

そんな汗が目の中に入ると、その度に自転車を漕ぎながらぬぐうのは、少し危険ですよね。そこでツバがないタイプのサイクルキャップをかぶることで、汗が目に入ることを防いでくれます。

また、秋や冬の寒い季節には防寒対策にもなります。素材に裏起毛を採用したような保温性に優れたサイクルキャップを使えば、さらに暖かさを感じることができますよ。

【用途別】サイクルキャップおすすめ12選

ツバなしタイプは汗止め効果抜群

ツバなしタイプは額部分で汗を食い止めてくれるため、汗が目に入ることを防ぎ、サイクリング中のストレスを防止することに役立ちます。

【パールイズミ】コールド シェイド ヘルメット ビーニー

『パールイズミ』の「コールド シェイド ヘルメット ビーニー」は、紫外線カット機能、そして太陽光を遮断してウェア内の温度上昇を抑える「コールドシェイド」素材を採用した夏におすすめのアイテムです。

紫外線はUPF値最高の50+を備え、吸汗速乾性に優れ、さらに抗菌防臭機能でいやなニオイの発生を抑える素材を採用しているので、ヘルメットの下のインナーとしておすすめですよ。

【TARO WORKS】ビーニースカルキャップ

『TARO WORKS』から発売されているサイクルキャップです。素材にはポリエステルを採用しているので吸汗速乾性に優れ、キャップ内の蒸れを防止します。

シンプルなデザインと高機能性をもったインナーにも使えるサイクルキャップで、coolメッシュ素材で通気性を確保し、パワーストレッチ機能で、汗が額にたれることを防いでくれるので、ストレスなく快適にサイクリングを楽しむことができますよ。

【TARO WORKS】カジュアルスポーツビーニースカルキャップ

機能はそのままに「シマリが悪い、浅い、ズレル、ダサい」といった不満を解消した『TARO WORKS』のサイクルキャップです。

汗をかいてもすぐに吸収、発散することでいつでもサラっとした着用感を保ち、伸縮性抜群のストレッチ素材を採用しているため、どなたにもピッタリとフィットします。シンプルなデザインなのでどのようなウェアにも合わせやすいカジュアル感あふれるサイクルキャップです。

ツバありタイプで紫外線・眩しさを防ぐ

ツバありタイプは、ツバの部分が紫外線や眩しさを防ぐ役割を担い、安全なサイクリングをサポートします。

【APIS】レトロレーシングサイクリングキャップ

『APIS』のサイクルキャップは、デザイン性に優れているという特徴があります。

こちらのサイクルキャップは「MOLTENI」のロゴを前面にデザインしたモデルで、そのおしゃれさからカジュアルとして使うユーザーも多くいます。素材にはコットンを採用しているので夏対策におすすめですよ。

【カペルミュール】サイクルキャップkccap006

『カペルミュール』が発売しているこちらのサイクルキャップは、ベルギーカラーのテープをアレンジしたおしゃれなデザインが特徴になっています。サイドにはカペルミュールライオンを、チラっと覗かせるつば下には「KAPELMUUR」の文字をプリントしています。

また、デザイン性だけではなく、キャップ内側3/4週にわたり1.5cm幅の綿テープを縫製したことで、汗止め効果を発揮します。

【シールスキンズ】サイクリングキャップ

『シールスキンズ』から発売されているサイクルキャップで、最大の特徴は完全防水である点です。

オールシーズンに対応するモデルで、継ぎ目を溶着し、テーピング加工で仕上げた3パネル構造を採用しています。ヘルメットなしでもスタイリッシュに使いこなすことができ、汗や雨、太陽の光から目を守ってくれますよ。

秋冬用は防寒・保温性があるものを

寒い秋冬には、ウール素材や裏起毛を素材としたサイクルキャップが防寒対策として人気があります。

【カペルミュール】ウインターキャップ ヘザーグレー kpcap066

『カペルミュール』から発売されているウインターキャップで、寒い冬の冷気をシャットアウトするための暖かい耳当てが付いていて、抜群の保温性を保ちながら、従来通りの吸汗速乾性を兼ね備えた人気モデルです。

冬以外の季節でも使用可能で、耳当て部分を折り上げて通常通りの使い方ができる嬉しい2wayタイプです。

【パールイズミ】ウィンターサイクルキャップ 472

『パールイズミ』の秋冬用としておすすめの「サーマフリース」仕様のサイクルキャップです。なおサーマフリースとは、肌触りが良く、耳をかぶせても外の音を聞き取りやすい安全設計の素材です。

温かさを保って汗冷えしない素材を採用し、また吸汗速乾性に優れ、前面に薄手の防風素材もついているため、前からの冷たい風をしっかりとシャットアウトしてくれます。

【SHIMANO】エクストリーム ウインターキャップ

『シマノ』の「エクストリームウインターキャップ」は、素材にポリエステルとエラスタンを採用しており、ぴったりとフィットするサイクルキャップです。

前面には防風素材を使用しているので、小雨や雪でも視界を確保できるようにツバが付いています。また、裏起毛が抜群の保温性で頭部を寒さから守ってくれますよ。

普段使いもできるおしゃれサイクルキャップが人気

近年のサイクルキャップはおしゃれなデザインの商品が豊富に展開されています。カジュアルやストリートなど、様々なシチュエーションでも使える商品をチェックしてみましょう。

【CINELLI】 CORK CAMO CAP

おしゃれデザインの定番であるカモフラ柄のサイクルキャップです。イタリアらしいカジュアルデザインのおしゃれなキャップを多数展開している『チネリ』が発売しているこの商品は、普段使いもできる人気のキャップです。ツバが大きめな点が特徴です。

【bello】サイクリングキャップ

イタリアから日本に上陸したばかりのサイクルキャップブランドの『bello』が発売しているおしゃれなサイクルキャップです。

ボディにはバナナを無数に散りばめ、ツバ裏にはbelloのブランドロゴを施したおしゃれデザインは、街乗りに使うことで周囲の注目を一身に浴びることができますよ。

【クローム】ポーチSNAPBACK CAP

『クローム』は、「メッセンジャーたちに最高のバッグを」といったコンセプトで商品を創造するメーカーです。そんなクロームのこちらのサイクルキャップは実用性よりもデザイン性を追求したいという、街乗りメインのユーザーにおすすめのキャップです。

【メーカー別】サイクルキャップおすすめ18選

ペース

【ペース】COTTON CAP COLUMBUS

『ペース』のこちらのサイクルキャップは、素材にコットンを採用しています。かぶり心地に優れ、キャップ内部には汗止めバンドを使用した、おしゃれで実用性も兼ね備えた人気商品です。夏には日よけになり、冬には防寒用にもなるためオールシーズン活躍する人気アイテムです。

【ペース】CLASSIC COTTON

クラシカルなサイクルキャップが欲しいという人にはこちらの「CLASSIC COTON」がおすすめです。キャップ内部には汗止めバンドが付いているので汗が目に入ることを防止し、冬には防寒用として使うことができます。

機能性の高さのみならず、クラシカル&シンプルなデザインも魅力のアイテムです。

【ペース】COTTON CAP FRANCISCO

『ペース』のサンフランシスコをサイドにデザインしたおしゃれなサイクルキャップです。ヘルメットのインナーとしても活躍するキャップで、キャップ内部には汗止めバンドが装着されています。

おしゃれなデザインなのでそのまま街乗りにも使用することができ、ヘルメットの汚れも解消することができるオールラウンドモデルです。

TARO FIBER

【TARO FIBER】サイクリング ビーニー スカルキャップ

『TARO FIBER』のこちらのサイクルキャップは、あらゆる頭の形状にフィットして、圧迫感がない快適な使い心地を得ることができる商品です。吸汗速乾性にも優れ、おしゃれなカモフラ柄が街乗りにもおすすめです。

【TARO FIBER】インナーキャップ ネックガード

夏場におすすめのネックカバーを追加したサイクルキャップです。夏場の日差し対策だけではなく、冬場の寒い季節にも首元を守ってくれます。ネックカバーは使用しないときはそのままキャップ内に収納することができ、首元を守ることで体力消耗や熱中症予防に役立つ便利なアイテムです。

【TARO FIBER】インナーキャップ ビーニー スカルキャップ

どんなウェアやシーンにも合うように、シンプルなデザインにこだわったサイクルキャップです。また、素材には『TARO FIBER』独自開発のポリエステル素材を使用し、熱を逃がしやすく運動時の使用にも最適なモデルです。

頭の形状にフィットしやすく、圧迫感がないのでストレスを感じることもありませんよ。

チネリ

【チネリ】SPLASH CAP

豊富な種類のラインナップからおすすめしたいサイクルキャップが、こちらのド派手な「スプラッシュキャップ」です。まるで飛び散ったようなカラフルなペイントが特徴で、街乗りに使えばインパクト抜群ですよ。

【チネリ】Street Kings

派手なイメージが強い『チネリ』のこちらのサイクルキャップは、ニューヨークを拠点に活動するメッセンジャー集団「Street Kings NYC」のオフィシャルキャップとして作られました。

斬新なスカルグラフィックが特徴で、ブラックを基調にしているのでどのようなウェアにもマッチしますよ。

【チネリ】COLUMBUS DOVES

ブラックを基調にした『チネリ』の「COLUMBUS DOVES」モデルです。ボディ全体にはCOLUMBUSのロゴが一面に散りばめられ、ツバの裏側には特大のロゴがデザインされている点が特徴です。

ツバを上げればロゴが顔を覗かせる仕組みになっていて、とてもおしゃれなイメージを与えますね。

ルコックスポルティフ

【ルコックスポルティフ】サイクルキャップQCBLJ60BL

人気スポーツメーカー『ルコックスポルティフ』のこちらのサイクルキャップは、プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」のレプリカモデルです。普段使いもできるデザインが嬉しいですね。

素材には吸汗速乾性に優れたポリエステル素材を使用しており、機能性・デザイン性ともに文句なしのアイテムです。

【ルコックスポルティフ】サイクルウインタキャップQAC133173

寒い冬の季節におすすめの『ルコックスポルティフ』のサイクルキャップです。素材にはフリースを採用したことで保温性に優れ、一般的なサイクルキャップにくらべてツバが大きな点がカジュアルチックでおしゃれな印象を与えます。

【ルコックスポルティフ】サイクリングキャップQCALGC02

こちらは『ルコックスポルティフ』の定番コットンキャップです。ベーシックなカラーであるにもかかわらず、大胆なトリコロールテープがアクセントになって、デザイン性を高めた人気モデルになっています。

アピス

【アピス】De Rpsa-Santini 18

おしゃれなサイクルキャップを豊富に展開していることでも知られる『アピス』のおすすめ商品です。クラシックスタイルのイタリア製コットン素材を採用しています。ヘルメットで乱れた髪形を隠すことができ、夏には日よけや汗対策として、冬には防寒対策として幅広く活躍しますよ。

【アピス】SALVRANI

ホワイトを基調にした『アピス』のSALVARANIモデルです。ホワイトのボディにレッドのラインを施したクラシカルデザインが特徴で、素材にはコットンを採用しているため、かぶり心地は抜群です。頭にピッタリとフィットし、ヘルメットのインナーとしてもおすすめですよ。

【アピス】G.S.FAUSTO COPPI-BIANCHI

知名度抜群の『アピス』から発売されているこちらのサイクルキャップは、イタリアの空を表現したチェレステカラーが特徴で、ビアンキのロードバイクと合わせて統一感を出す人が続出するほどの高い人気を誇っています。爽やかな気分でサイクリングすることができますよ。

カペルミュール

【カペルミュール】ワークキャップ kpcap067

『カペルミュール』の商品は、街に溶け込むカジュアルデザインが特徴で、こちらは、スタンダードでキレイなシルエットのコットン製サイクルキャップです。

キャップ前面とサイズ調整ベルトにカペルミュールのブランドロゴであるライオンを施し、シックなカラーリングがカジュアル感を演出してくれるため、幅広いスタイルでコーデしやすくなっています。

【カペルミュール】サイクルキャップ kpcap055

『カペルミュール』の千鳥グレーとレッドをコラボしたシックで個性的なデザインに仕上がったサイクルキャップです。柔らかくて軽量なポリエステル素材を採用しており、抜群の吸汗速乾機能を備えています。

ツバは小さめなので、ヘルメットのインナーとして利用しても視界を遮ることなく、日よけ・雨よけとして使用することができます。

【カペルミュール】サイクルキャップ kpcap050

メッシュ素材をメインに採用し、ヘルメット内部を常に快適な状態に保つ、『カペルミュール』の人気インナーキャップです。サイクルキャップの内側には1.5cm幅の綿のテープを装着することで汗をしっかり止めながら、抜群の風通しを発揮するメッシュ素材が蒸れを防止します。

また、後頭部付近にはリフレクティブタブを施しているので、薄暗い夜間でも視認性を高めた安心安全タイプです。

サイクルキャップはおしゃれで実用的なものを選ぼう

通勤通学でも幅広く利用されるロードバイクですが、汗が目に入ったり、眩しさなどでストレスを感じることも多々あるかと思います。サイクルキャップはそのようなストレスを排除し、快適なライドを楽しむことをサポートする優れたアイテムです。

さらに近年のサイクルキャップは、少し前までの浅めでピッタリしていて、どこか格好悪いイメージとは程遠く、カジュアルやストリートとして普段使いもできるような、おしゃれなデザインが多くなっています。

自分に合ったおしゃれで実用的なサイクルキャップを選んで、快適にロードバイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。