マウンテンバイク用タイヤおすすめ5選!サイズ・幅・軽さによってスピードが速くなる!?

オフロードを走破できるマウンテンバイクの特徴を引き立てるためには、車種選びだけでなく、パーツ選びも重要です。なかでもタイヤは走行性能や安定感に直結するので、こだわりたいパーツとなっています。本記事ではマウンテンバイクのタイヤの選び方やおすすめタイヤをご紹介します。

マウンテンバイクのタイヤの選び方

マウンテンバイクを選ぶ際に、フレームやサスペンションなどに注目しがちですが、タイヤもこだわりたいパーツです。種類や路面に合わせた性能など、マウンテンバイクのタイヤの選び方をご紹介します。

マウンテンバイクのタイヤの選び方

マウンテンバイクタイヤの種類で選ぶ

マウンテンバイクのタイヤには、4つの種類があります。それぞれに特徴があるので、重視したい性能をイメージしながら、タイヤの種類を見ていきましょう。

グリップの強いブロックタイヤ

ブロックタイヤは、表面に凹凸があるタイプのタイヤです。凹凸が地面をしっかりつかむので、グリップが強く安定性に優れています

ぬかるみや凹凸のあるオフロード、岩・木などがあるトレイル・クロスカントリーなどにおすすめです。

滑らかな漕ぎ出しができるスリックタイヤ

凹凸のあるブロックタイヤに対して、スリックタイヤは凹凸がないタイヤです。地面とのひっかかりが少なくスムーズに漕ぎだせるのが特徴で、スピード感のある走りを楽しめます。

一方で、衝撃への耐久性には不安があるので、段差や石などが多いオフロードには不向きです。

オフロードでもグリップが強いセンターリッジタイヤ

センターリッジタイヤは、ブロックタイヤの1種ですが、中央のブロックが地面と噛みすぎないようになっています。

グリップ力がありながらも、ブロックタイヤよりもスムーズな走行を実現します。街乗りでもオフロードでも乗りたい方におすすめのタイヤです。

グリップと滑らかさを兼ね備えたセミスリックタイヤ

セミスリックタイヤは、スリックタイヤの良さとブロックタイヤの良さを併せ持ったタイヤです。タイヤ中央はスリックタイヤのようになっているので、スムーズに漕ぎだせます。

サイドはブロックパターンになっていて、グリップ力にも優れています。スピードを出しながらも安全に走りたいときに活躍します。

マウンテンバイクのタイヤの選び方

オフロードタイヤの種類で選ぶ

オフロードを走行するなら、フィールドに合わせたオフロードタイヤだと走りやすくなります。オフロードタイヤの3つの種類をご紹介します。

全天候型

全天候型は、雨でぬかるんだフィールドや晴れていて乾いたフィールドのどちらにも対応できます。天候に関わらずオフロードを走行する場合におすすめです。

ただ、万能な分、ドライ型・マッド型といった専用タイプには性能が劣る点に注意しましょう。

ドライ型

ドライ型のオフロードタイヤは、乾いた路面に適したタイプです。晴れの日の路面コンディションで性能を発揮します。

マッド型

ドライ型に対して、マッド型は水分を含んだ路面やぬかるんだコンディションに適しています。ドライ型とマッド型を持っていれば、コンディションに合わせて路面に合った走りが可能です。

マウンテンバイクのタイヤの選び方

ホイールサイズで走行性能が変わる

走行性能にこだわりたい場合は、ホイールサイズに気をつけましょう。ホイールサイズによって操作性やスピードが変わってきます。主なホイールサイズの特徴をおさえていきましょう。

操作性に優れた26インチ

26インチのホイールサイズは、小回りが効くので操作性に優れています。オフロードで小さくジャンプしたり、コーナーを軽快に曲がったりできるので、オフロードやクロスカントリーのレースなどにおすすめです。

スピードを重視するなら29インチ

29インチのホイールサイズは、接地面積が広くスピードを維持できます。街乗りやサイクリングをスピーディーに乗りこなすだけでなく、レースでの障害物を越える力強さもあります。

速さや安定感にこだわってタイヤ幅を選ぶ

ホイールサイズと合わせてこだわりたいのがタイヤ幅です。タイヤ幅が細いか太いかでスピードや安定感が異なるので、主なタイヤ幅の特徴をおさえましょう。

幅を細くすると転がりやすく速さが出る

タイヤ幅は細いほど転がりやすくスピードが出ます。また太めタイヤに比べて軽いので、マウンテンバイク全体の重量をおさえ、速さを追求できます。

太いタイヤは安定感が増す

太めタイヤは、地面との接地面が広く、安定感に優れています。不安定なオフロードやクロスカントリーでもバランスをとり、安全に走行できます。

段差が多い街乗りでもハンドルをとられる心配が少ないので、太めタイヤがおすすめです。

マウンテンバイクのタイヤおすすめ5選!

マウンテンバイクのタイヤは、『Panaracer』や『SCHWALBE』など様々なメーカーから販売されているので、どのタイヤが良いのか迷ってしまうでしょう。

そこで、マウンテンバイクタイヤのなかでも、特におすすめの5つのタイヤをピックアップしました。走行環境や求める性能に合ったタイヤを見つけてみましょう。

【Panaracer】Ridge Line 8H2620-RL

『Panaracer』の“Ridge Line”は、センターリッジタイヤで、オンロード・オフロードでも快適に走れます。

グリップ力がありつつ、センターラインのブロックがスムーズな走行を可能にします。街乗りでもオフロードでもマウンテンバイクを楽しみたい方におすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Continental】レース キング

『Continental』の“レース キング”は、オールラウンドなタイヤでありながら、ドライなコンディションにも対応しています。ドライのオフロードはもちろん、舗装路での街乗りにもおすすめです。

口コミでは、耐久性に満足している声が多いので、長持ちするタイヤを探している方もチェックしてみましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【SCHWALBE】マラソン

『SCHWALBE』の“マラソン”には、グリーンガードという耐パンクベルトが搭載されています。釘やガラス片などによるパンクを防ぎます。

また、耐摩耗性やグリップ性能、走行性能にも優れている万能なタイヤです。通勤や通学はもちろん、レースやツーリングなど幅広いシーンで活躍します。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【CHAO YANG】H-481 セミスリックタイヤ

『CHAO YANG』は、マウンテンバイクだけでなく、自動車やトラックなどのタイヤも扱うメーカーです。

セミスリックタイヤは、レッド・ホワイト・ブラックのカラーバリエーションから選べます。マウンテンバイクのカラーに合わせてカラーを選べるのが魅力です。

デザインにこだわってタイヤを選びたい方はぜひチェックしてみましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【シンコー】オフロードタイヤ SR081

『シンコー』の“オフロードタイヤ SR081”は、オフロード走行に適したブロックタイヤです。オフロードでしっかり路面をグリップするので、バランス感のある走行を可能にします

比較的価格が安いので、ブロックタイヤを試したいときやコストをおさえてオフロードタイヤを使いたいときにもおすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

マウンテンバイクのタイヤにこだわって快適な走行を楽しもう

マウンテンバイクのタイヤには、種類があり、グリップや滑らかな漕ぎ出しなど性能に特徴があります。オフロードタイヤなら走行環境に合わせて種類があるので、オフロードを走りたい方は要チェックです。

さらに、ホイールサイズやタイヤ幅にこだわれば、スピードや安定感を備えられます。選び方だけでなく、おすすめタイヤ5選も参考にして、マウンテンバイクのタイヤにこだわって選んでみましょう。