自転車用ヘルメットの選び方&人気おすすめ30選!クロスバイクに乗るときはおしゃれで安全なものを

自転車は、通勤通学など街乗りとして以外にもスポーツとしても人気の高い乗り物ですが、ヘルメットを着用せずに乗っている人も多くいます。最近では安全のためだけではなく、ライドに役立つ機能を備えたヘルメットも豊富に展開されています。そこで今回は自転車用ヘルメットの選び方と、おすすめの商品を紹介していきます。

自転車に乗る際ヘルメットは必要?

C_23_自転車,ヘルメット_3

自転車乗車時のヘルメット着用に関して、道路交通法の規定をきちんと理解していますか? 特に子供の場合は自転車に乗る際のヘルメット着用は法律で義務化されていると理解している人もいますが、正しくは義務ではなく努力規定となります。

道路交通法第63条の11
「児童又は幼児を保護する責任のある者は、児童又は幼児を自転車に乗車させるときは、当該児童又は幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならない」

そのためヘルメットを着用していなくても罰則が与えられることはありませんが、ヘルメットを被ることで確実に頭を守ることができます

実際に、ヘルメットを被っていたから助かったという例もたくさんあります。自転車事故が多発する現在、自転車用ヘルメットは車で例えればシートベルトと同じ役割と言えますよ。

自転車用ヘルメットの選び方

C_23_自転車,ヘルメット_2

自分の頭の形を知ろう

せっかく自転車用ヘルメットを手に入れたとしても、自分の頭の形に合っていなければ意味がありません

そこで、まずは自分の頭の形を把握する必要があります。頭の形は、前後が短く、側頭部が張りだしている日本人型と、左右は狭く、後頭部が張りだしている欧米人型の2種類に分かれています。

ヘルメットの各メーカーやブランドもこの2種類を基本に制作しているので、自分の頭の形がどちらなのかを確認しておくと良いでしょう。

使う目的で選ぶ

自転車をどのような場面で使うのかによって、ヘルメットの選び方にも違いが出てきます。通勤通学に使うのであれば、安全性・視認性が高く、おしゃれなデザインがおすすめです。

また、休日に遠くまで出かけるという方には首や肩への負担を減らすため、軽量性に優れ、空気抵抗を減らすヘルメットが人気です。

キッズ用はかわいいデザインがおすすめ

キッズ用には安全性はもちろんのこと、かわいいデザインのヘルメットがおすすめです。現在ではクマやテントウ虫など様々なキャラクターを施したかわいいヘルメットが豊富にエントリーしています。

自転車の前や後ろにキッズを乗せる際には、かわいいヘルメットでお出かけしてみてはいかがでしょうか。

自転車ヘルメットのおすすめ15選

通勤通学に使うなら通気性が大事

通勤通学には、安全性・視認性・通気性・デザイン性に優れたヘルメットがおすすめです。

【LAZER】Blade+AF アジアンフィット

『LAZER』から発売されているBlade+AFアジアンフィットは、軽量性・機能性に優れ、コストパフォーマンスを高めたミドルグレードです。

LAZERでは初となる日本人の頭の形にフィットする「アジアンフィット」モデルで、軽量タイプのロングライドにおすすめしたいヘルメットです。

【KAEMOR】ASMA2

快適なフィット性と流線型の美しいシルエットが人気のヘルメットです。JCF公認のため、公式レースにも使えるモデルで、風通しが良く、スムーズなエアロフローが特徴です。

3段階の高さ調節ができるので深くも浅くも被ることが可能で、ライド中に異物が入らないようにインナーパッドが装着されています。高い機能性に、優れたデザイン性が兼ね備えられたエントリーユーザーにもおすすめのモデルです。

【ABUS】Aventor

こちらのヘルメットは、モビスターチームが使用するハイエンドモデルをそのまま踏襲した、エントリーユーザーにおすすめの軽量ヘルメットです。

前面の4つのベンチレーションから空気を取り入れ、ヘルメット内部を冷却し、14個のホールから放出することでヘルメット内を常にクールに保つことができます。

また、冷却機能だけではなく、後頭部を左右からやさしく頭を包み込むことで締め付けすぎず、それでいて緩すぎない適度なフィッティングを実現しています。ハイエンドにも負けない『ABUS』のコスパ最強のヘルメットです。

街乗りにはおしゃれカジュアルデザインを

買い物やちょっとしたお出かけなど自転車を街乗りに使うなら、おしゃれでカジュアルなデザインのヘルメットがおすすめです。

【カスク】MOJITO X

スタイリッシュなラインが特徴のハイエンドユーザーにおすすめの軽量モデルです。『KASK』独自のUP&DOWN SYSTEMを採用することで、2ヶ所のリンク機構が後頭部を確実にホールドする仕組みになっています。

また、仮にライド中にフィッティングが気になっても、大型の調整ダイヤルのため、簡単に調整することができますよ。

【BROOKS】ISLAND HELMET

『ブルックス』による、高い安全性とデザイン性が特徴の街乗りにおすすめのアーバンヘルメットです。ヘッド部分はハイエンド用と違って通気孔が少ない設計になっていますが、その分、防災用としても使うことができる2wayタイプになっています。

デザインも4つの中から好きなデザインのものを選ぶことができるので、街乗り向けでかっこよく使うことができるモデルです。

【BELL】ヘルメット トラバース

『BELL』のこちらのヘルメットは、アクティブライフスタイルに適したおしゃれなルックスが特徴のカジュアルヘルメットです。アジアンフィットにより、日本人の頭の形に適したモデルで、より最適なフィッティングを実現しています。

さらに高品質の「インモールドポリカーボネートシェル構造」になっているので、被り心地は抜群です。使い方を限定しないオールラウンドヘルメットです。

キッズにはかわいいデザインがおすすめ

キッズ用のヘルメットはかわいいデザインを選ぶことで、大人も子供も自然と笑顔になりますよ。

【BRIDGESTONE】bikke キッズヘルメット

『ブリジストン』から発売している「ビッケシリーズ」のかわいいヘルメットです。サイズ調整ダイヤルが新たに装着され、安心安全な自転車ライフをサポートします。

様々なカラーが展開しており、親子で組み合わせて使うこともでき、個性的で色鮮やかな自転車ライフを楽しむことができますよ。

【Kanack】キッズヘルメット 東北新幹線E5系はやぶさ

『Kanack』のキッズヘルメットで、「東北新幹線E5系はやぶさ」をモチーフにした子供に喜ばれるヘルメットです。新幹線のかっこいいイラストはそのままに、後部には「はやぶさ」の文字がプリントされています。調節はダイヤル式を採用し、ピッタリサイズで使うことができます。

また、子供の首への負担を考慮して軽量タイプになっているので、しっかりと頭部を守ります。

【Bern】NINO

明るいカラーやクールで可愛いデザインが特徴の、キッズ用ヘルメットです。子供用の小さい頭に適したサイズと、太陽光や紫外線を防ぐためのバイザー付きです。また心地良いフィッティングを実現させる「ベルクロ式調整システム」を兼ね備えた、高機能ヘルメットです。

キッズ用といっても大人用と同質の素材とテクノロジーで作られているので、機能性抜群な安心できるヘルメットです。

レースに参加したいならJCF公認

【OGK KABUTO】FIGO

初めてレースに出場する方にもおすすめの『オージーケーカブト』から発売されている「FIGO」シリーズです。

レースに使用可能なJCF公認モデルで、メーカー独自開発の「クラニウムロック-8」を採用し、3段階の角度調節を可能にしました。また、ヘルメットのズレやブレをおさえ、さらに装着感を高めることでよりベストなフィッティングを実現しています。

レースに慣れていない人でも安心して使うことができますよ。

【GVR】G-307V

レース中でも視界を守る「クリアシールド」を装備したモデルです。このシールドはマグネット式なので、必要ないという人には簡単に取り外しが可能です。

また、合計18個のベンチレーションを採用し、前面から空気を取り入れ、後頭部へ抜けていくことで頭部を常に冷却することができます。そして、高度な抗菌技術を持つ生地をパッドに採用しているので、速乾性にも優れいつでも清潔に使うことができます。

【rh+(アールエイチプラス)】ヘルメット ランボ EHX6077

「LAMBO」は、ツール・ド・フランス2017でTeam Wantyが着用して話題となったモデルで、カウンタックでお馴染みのイタリア・ランボルギーニ社の車からデザインのインスピレーションを得た新機軸のエアロヘルメットです。

独自の鋳造技術である「インモールド&インジェクテッドテクノロジー」を搭載し、高次元の耐久性と軽量性を実現しています。

さらに、2種類の樹脂を熱融着させることで成形されたポリカーボネート素材のロウワーリングが、ヘルメットに高い強度を加えます。これにより、頭を事故による衝撃から守ってくれるのです。

ロングライドにはエアロ効果をチェック

【MET】MANTA HES

プロチームからの要望をきっかけに開発された、『MET』史上最軽量のクローズドエアロヘルメットです。シェルの内側にはHESテクノロジーを採用し、軽量ながらも高い強度を兼ね備えています。

JCF公認モデルで、競合する他社製ヘルメットに比べて、50km/h走行時に10ワットの抵抗を削減することができます。また大きく開いた背面の通気口によってエアロ効果を維持しながら、最大限のクーリング性能を発揮する、ロングライドにおすすめのヘルメットです。

【Karmar】MELANO

リアルアジアンフィットのエアロヘルメットです。しかも一般的なエアロヘルメットとは違い、高い通気性と軽量化を目指したことにより、心地良さも兼ね備えた人気モデルです。

高度なベンチレーション機能が速さと快適性を生み出し、カムテイル形状が促す空気の流れが、強力なエアロダイナミクスを可能にしています。

【GORIX】GX-FT-78

超軽量320gの特徴的な流線型のエアロ型フォルムデザインが魅力のヘルメットです。前面から空気を大量に取り入れ、後方に流すタイプとは違い、最小限の風通穴で空気抵抗を低減するタイプのため、走行中の虫や粉塵、ゴミ、ほこりの進入を防ぎやすくしています。

シンプルな艶消しマットカラーが、街乗りにも映える、使いやすいデザインになっています。

【メーカー別】自転車ヘルメットおすすめ15選

オージーケー カブト

CLIFF

『オージーケーカブト』から発売されている「CLIFE」は、リーズナブルな価格でどのようなサイクルスポーツにも対応することができるオールラウンド&エクストリームフォルムなヘルメットです。

フリーサイズのため、どのような人にも使うことができるので、ちょっと買い物に出かけるというような街乗りにピッタリなお手頃なヘルメットです。

FIGO G-1

通勤通学や休日のサイクリング、さらにはJCF公認済のためレースでも使用することができるオールラウンドなヘルメットです。カジュアルスタイルともマッチする丸みを帯びたスタイリッシュなデザインで、クラニウムロック8を装備することで優れたフィット感を実現しています。

リーズナブルな価格で普段使いもできる、手軽なヘルメットが欲しいという方におすすめです。

FIGO レディース

女性向けのすっきりとしたシルエットが特徴のヘルメットで、エントリーユーザーにおすすめの『OGK Kabuto』の商品です。

JCF公認ヘルメットのためレースでも使うことができ、「A.I.ネット」搭載のためエアインテークからの虫やほこりなどの侵入を防ぎ、頭全体を包み込むことで抜群のフィッティングを実現します。

KARMOR

FEROX

『カーマー』は、比較的新しいヘルメットメーカーで、最大の特徴は2万人の日本人を含む約4万人のアジア人の頭の形状をリサーチし、設計開発を行っている点にあります。

こちらの「FEROX」はそんなアジアンフィットを採用し、後頭部の調整システムには調整しやすいダイヤル式を搭載、抗菌速乾タイプのストラップを採用した人気モデルです。

FEROX2

『カーマー』FEROX2は、さらなる軽量化に加えて「Boaクロージャーシステム」を採用し、確実なフィット感を実現するヘルメットです。街乗りにもおすすめな美しく洗練されたデザインが、個性を演出するニューアドバンストモデルです。

サイズはアジアンフィット・トリプルシェルで、日本人の頭の形にフィットしやすい設計になっています。

DITRO

『カーマー』の「ディトロ」シリーズは、Boaクロージャーシステムを採用し、素晴らしいフィット感を実現しました。エアロダイナミックスを追求した、ロングライドにおすすめのハイエンドモデルです。

JCFの公認を得たレースに最適なアジアンフィット・トリプルシェル・オプティマイズエアロフローシステムを搭載したハイスペックモデルです。

MET

トレンタ ヘルメット

『MET』のこちらのヘルメットは、トレンタ3Kカーボンを搭載したヘルメットです。カーボンの弾性を衝撃吸収することで、EPSフォームの密度を減らして軽量化させつつ、従来と同レベルの強度を持たせることに成功しています。

METがラインナップしているヘルメットの中でも、最高のエアロフローを実現したモデルです。

リヴァーレ HES エアロヘルメット

クラス最軽量の『MET』のオープンロードヘルメットです。他社ヘルメットに比べてコンパクト設計になっており、50km/h走行時に3ワットの抵抗を削減することができます。大きく開いた通気口により、エアロ効果を維持しながら最大限のクーリング性能を発揮しています。

ポリウレタン製のパッドを搭載したことによりフィット感が向上し、快適な被り心地でライドを楽しむことができますよ。

クロスオーバー

取り外し可能なバイザーが付いており、様々なシチュエーションのライドに使用することができる『MET』のスタンダードモデルのヘルメットです。

また快適さを維持するための「ベンチレーションホール」や、正確なフィット調整が容易なフィッティングシステムを搭載するなど、高級感のあるシルエットにもかかわらず、リーズナブルな価格が特徴のヘルメットです。

衝撃を吸収するポリスチレン製インナーとアウターシェルを接着したインモールド工法も、安全性の向上に一役買っています。

BELL

CREST

『BELL』から発売している「クレスト」シリーズは、陽ざしや紫外線をカットすることができるバイザーを装備しており、様々なアクティブライフに役立てることができる人気モデルです。

DRAFT AF

街乗りにおすすめの『BELL』のおしゃれなカジュアルヘルメットです。Draftの機能やデザインを前面に受け継ぎながら、バイザーはアクティブライフスタイルに適したルックスを醸し出しています。

サイズはアジアンフィットを採用し、片手でいつでも簡単に調節することができる新型ERGOフィットを採用したヘルメットです。

ZOOM2

『BELL』のキッズ商品の中で、ロングセラーとして人気の「ZOOM2」です。日々成長を続ける子供に合わせてサイズ調節が可能で、子どもの首に負担がかからない軽量仕様のヘルメットです。

夏の暑い季節でも快適に使用できるアウターシェルは、耐候性を向上し、美しいグラフィックでおしゃれに使うことができます。

KASK

VALEGRO

ベンチレーションを37ヶ所に設けたことで、180gという『KASK』最軽量を実現したロングライドにおすすめのヘルメットです。また、優秀な後頭部のアジャスターが優れたフィット感を実現し、どのような形の後頭部にもジャストフィットします。

Team SKYとの共同開発により生まれたヒルクライムにおすすめのヘルメットです。

PROTONE

重さ215gとかなりの軽量で、また何層にも重ねたオープンセル構造の「3Dドライパッド」で、快適な乗り心地をサポートする人気のヘルメットです。インナーパッドには「クールマックス素材」を採用しており、取り外しや丸洗いが簡単です。またファブリックには、抗菌性の高い「Sanitized加工」を取り入れました。

さらに『KASK』独自の「インモールディングテクノロジー」でインナーキャップを連結させているためは衝撃をしっかりと吸収性してくれ、強化フレームの搭載により、シェルがあらゆる衝撃で破損するリスクを軽減させてくれます。

INFINITY

『KASK』初となる、ベント完全調節タイプのヘルメットです。

クローズドヘルメットのエアロダイナミクスに、レース用オープンモデルの冷却性能を組み合わせたことにより、様々な気候に対応できるようになりました。上り坂では通気孔を開いて風通しを良くし、スプリント開始時や悪天候時には通気孔を閉じることができますよ。

自分に合ったヘルメットを選んで安心安全なライドに役立てよう

ライダーの頭を守る自転車用ヘルメットは、数多くの種類が展開しています。通勤通学に使う場合には、安全性・通気性に優れたヘルメットがおすすめです。また、休日にロングライドを楽しみたいというハイエンドユーザーには、エアロ効果・軽量性に優れたヘルメットを、そしてレースに出場する方にはJCF公認のヘルメットが良いでしょう。

ヘルメットは自分の命を守ってくれる大切な仲間です。頭の形や目的に応じて使い分け、ぜひ快適で楽しいライディングにしてくださいね。