クワハラのBMXおすすめ3選!あの人気映画で採用された商品の詳細をチェック

  • 2020年6月17日
  • BMX
BMX クワハラのBMXおすすめ3選!あの人気映画で採用された商品の詳細をチェック

bmxを販売する自転車メーカーは数多くあります。なかでも『クワハラ』は、歴史ある老舗で根強いファンを持つメーカーです。あの映画「E.T.」で登場したこともあり、一度は見たことがあるでしょう!本記事では、『クワハラ』のbmxについて選び方やおすすめ車種をご紹介します。

クワハラってどんなメーカー?

『クワハラ』が販売しているbmxの車種を見ていく前に、『クワハラ』がどんなメーカーなのかを知っておきましょう。

映画「E.T.」に登場しただけではなく、他にも多くの知っておきたい歴史や功績があります。さっそく『クワハラ』について、詳しくご紹介していきます!

クワハラってどんなメーカー?

映画「E.T」にbmxが採用された有名メーカー!

『クワハラ』を語るうえで外せないのが、映画「E.T.」に登場したことです。クワハラの「KZ-01」というモデルが映画「E.T.」の監督、スティーブン・スピルバーグ氏の目に留まり、映画に採用されました

劇中に登場するエリオット少年が乗っているbmxが「KZ-01」です。映画を観たことがある人なら、「あの自転車か!」と思い出されることでしょう。映画は日本だけでなく世界的にヒットし、クワハラのbmxも世界に知られることになりました。

映画で使用したモデルのレプリカは海外で販売され、復刻モデルも販売されています。E.T.ファンはもちろん、E.T.からクワハラを知る人も多く、世界中で有名な自転車メーカーです。

大阪で生まれた老舗自転車メーカー

E.T.が公開されたのは1982年ですが、クワハラの始まりは60年以上前にさかのぼります。クワハラは、1918年に桑原仙太郎氏が設立した自転車品の卸問屋「桑原商店」が始まりです。

1925年からロシア・中国・東南アジア向けに自転車やパーツの輸出を始めるものの、1940年~1945年の間第二次世界大戦によって一時休業します。

1947年に大阪で営業を再開すると、カナダへの輸出やアメリカ向けブランドの生産開始などを経て、1972年クワハラの代名詞であるbmxが開発されました。

1979年にはKUWAHARA BMXチームが各国に編成され、輸出や販売以外でもクワハラの名が広がっていきます。クワハラのbmxは、各国のチームで使用され、ソウル五輪やワールドカップでも乗られるようになりました。

E.T.だけでなく、2001年にはユニバーサルスタジオジャパンにレプリカを納品、2009年には映画「ヤッターマン」のおしおき自転車の制作に協力するなど、多方面で活躍を続けています。

クワハラ bmxの取扱店

昔E.T.を見ていた方のなかには、登場したクワハラのbmxが欲しいという方もいるでしょう。クワハラのbmxは、日本全国のサイクルショップで取り扱われています

北海道から沖縄県まで数多くのショップで扱われているので、気になっている方は一度サイクルショップに問い合わせてみましょう!

【クワハラ】bmxの選び方

クワハラでは、E.T.で使用された「KZ-01」以外にも、いくつかのモデルを販売しています。フォルムやデザインなどが異なるので、選ぶうえで注目したいポイントをご紹介します。

クワハラ bmxの選び方

フォルムで選ぶ

bmxを選ぶときには、フォルムなど見た目の印象もこだわりたいポイントですよね。

E.T.で使用された「KZ-01」は、bmxらしいフォルムでレトロな印象があります。オールドスクールbmxとも呼ばれ、昔ながらのbmxに乗りたい方におすすめです。

また、クワハラではカジュアルなフォルムのbmxも販売しています。街乗りに合うbmxを欲しいという方にぴったりのシティサイクルモデルです。

ホイールサイズで選ぶ

bmxといえば、小さくて小回りの利くタイヤを思い浮かべるでしょう。「KZ-01」は、bmxらしいホイールサイズですが、「Survivor 26」はbmxの発祥地であるアメリカで人気のあるビッグホイールを採用しています。

ビッグホイールは、安定感や加速力にも優れているので、ホイールの見た目だけでなく、走行性能にこだわる方にもおすすめです。

カラーデザインで選ぶ

愛着を持ってbmxを楽しむなら、カラーデザインにもこだわりましょう。モデルによっていくつかのカラーバリエーションがあり、シンプルなシルバーやブラックだけでなく、レッドやイエロー、空色などがあります。

また「KZ-01」を復刻した「KE-01」には、映画で使われていたカラーが採用されています。レッドとホワイトが組み合わさったカラーで映画を思い出させてくれます。好みのカラーのbmxを選んでみましょう。

【クワハラ】bmxおすすめ3選!

クワハラのbmxのなかでも、おすすめしたい3車種をピックアップしました。それぞれの特徴をご紹介するので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてくださいね。

【クワハラ】KZ-01

『クワハラ』のbmxと言えば、やはり“KZ-01”です。当時のモデルから改良し、何度か再リリースされており、現在も購入することができます。

新しくなりながらも、当時を思い出させるレトロなデザインで、E.T.好きだけでなく、bmxマニアにもたまらないオールドスクールな見た目が魅力です。

街乗りで他の人とは違う自転車を乗りこなしたいという方もぜひチェックしてみましょう。

Yahoo!ショッピング

【クワハラ】Survivor26

『クワハラ』の“Survivor26”は、26インチホイールを採用したビッグホイールbmxです。クラシカルなデザインが特徴で、シティサイクルにぴったり合うフォルムが魅力を放っています。

ビッグホイールに合わせて、制動力を高めるVブレーキをリアブレーキに採用したり、パッドタイプのサドルを搭載したりするなど、安定感にも配慮されているので、安全に街乗りでbmxを楽しみたい方にもおすすめです。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【クワハラ】KE-01 2nd lot

【クワハラ】KE-01 2nd lot

出典:KUWAHARA

『クワハラ』の“KE-01 2nd lot”は、“KZ-01”をリメイクした“KE-01”の取り扱い店舗限定モデルです。

“KE-01”のオールドスクールな見た目が魅力的で、さらにシルバー・イエロー・空色からカラーを選べます

クワハラらしいレトロなbmxを楽しみつつ、カラーでおしゃれにもこだわりたい方におすすめです。

公式サイトはコチラ

クワハラのオールドスクールbmxに乗り始めよう!

映画「E.T.」に登場したことで知られるクワハラは、輸出や販売、レースなど幅広いシーンで事業を展開しています。“KZ-01”や“KE-01”、“Survivor26”などの魅力的なモデルがあります。

フォルムやホイールサイズ、カラーデザインなどに注目すると、自分に合ったbmxが見つかるはずです。クワハラのオールドスクールbmxで、bmxのある生活を始めてみましょう!