登山用ストックおすすめ10選!初心者も必見の折りたたみ商品をご紹介

登山に出かけるときに必要なもののひとつに、ストックが挙げられます。ストックがあることで登山をより快適に楽しめたり、安全に歩いたりすることができます。今回は登山用ストックについて、選び方のポイントからおすすめ商品をチェックしていきましょう。

登山用ストックの選び方

雪山登山をする人

自分にぴったりな登山用ストックで山登りを楽しむため、以下の点に注意しながら選びましょう。

素材に注目しよう

登山用ストックには、様々な素材が使われています。素材の種類によって特徴が異なるため、次の点を参考にしながら商品をチェックしてみてください。

カーボン素材 ・他の素材に比べると価格が高い
・軽くて扱いやすい
・折れやすいというデメリットがある
ジュラルミン素材
(アルミニウムにマグネシウムなどを混ぜたもの)
・重さがあるので丈夫
・アルミニウム素材よりも強度がある
アルミニウム素材 ・低価格であるため気軽に購入できる
・軽くて曲がりやすく取り回ししやすい

素材によって、重さや扱いやすさが大きく異なります。登山用ストックを選ぶときは、直接店舗に足を運ぶのがおすすめです。実物を見て、素材や使いやすさなどを確認しましょう。

調節の仕方もチェックしよう

登山用ストックは、商品によって調節の仕方が異なります。自分に合う商品の特徴を押さえて、使い勝手の良いものを選びましょう。

レバーロックタイプ レバーの先端に指をかけてひねることで、調節が可能なタイプです。調節が終わったあとは、レバーを元の位置に戻すと調節が完了します。

一人ひとりの身長に合わせて長さを調節する必要があるため、ストックごとに調節法を確認しておくと安心ですね。

スクリュータイプ 太い方のシャフトを握り、細い方のシャフトを反時計周りに回すことで調節ができます。長さが決まったら、右に回して固定しましょう。虫取り網と同じ要領で、長さ調節ができますよ。
ラチェットタイプ ボタンでストックの長さが調節できるタイプです。ちょうど良い長さのところで、ストッパー穴に引っ掛けると固定できます。怪我を予防するため、穴にボタンがきちんと差し込んであるか確認をしましょう。

収納のしやすさも重要なポイント

登山用ストックを選ぶうえで、収納のしやすさにも注目したいです。ストックを持ったまま岩場を歩いたり、長い状態のままリュックサックに入れておくのは危険です。収納のポイントを押さえて、安全に使えるストックを選びましょう。

伸び縮みできるストックや折りたたみ式ストックを選ぶと、コンパクトにしてからリュックサックに収納できます。これに合わせてリュックサックの収納力や、備わっている機能についても確認しておくと安心です。

登山用ストックおすすめ10選!

登山ストック

素材や調節・収納の仕方に注目しつつ厳選した登山用ストックを10選ご紹介します。

【Bestamber】トレッキングポール 2本セット 折りたたみ式

折りたたみ式の『Bestamber』トレッキングポールは、5節から3節にまでポールを縮めて収納できるコンパクトなポールです。3節まで縮めた場合、全体の長さは36cm、重さは1本300g程度と扱いやすくなります。リュックサックのサイドポケットなどにすっきりと収まるでしょう。

素材はアルミニウムを採用しており、軽くて持ち運びやすいです。ストック本体には目盛が表示されているため、調節が簡単にできます。身長に合わせて、適した長さに合わせてみてください。

付属品としてラバーキャップがついているため、様々な地形に応じて付け替えることができます。より安全に登山を楽しむため、細部にこだわってつくられているストックです。

【Moon Lence】トレッキングポール 超軽量

砂利道や岩場など、様々な状況に応じて使い分けられるアダプターがついており、登山を幅広く楽しめるストックです。アダプターが壊れてしまった場合には、追加で注文することも可能です。

アルミ合金という高い強度を持つ素材を使用しているため、耐久性と軽量性の両方が備わっています。初めて登山に挑戦する人も、扱いやすいストックですよ。

スクリュータイプの調節法で、簡単かつスムーズに長さの調整ができるでしょう。手にぴったりフィットするグリップで、登山を快適に楽しむことができます。

【Taococo】トレッキングポール 登山ストック

軽くて丈夫なアルミニウム素材を使用したストックで、隠しロックとレバーによって簡単に長さ調節が可能です。三段伸縮式を採用しているため、使わないときはコンパクトに収納できます。折りたたむと長さが41cmになり、リュックサックにすっきりと収められるでしょう。

様々な地形やコンディションに合わせて、ストック先端部のバスケットを自由に組み替えることができるのもポイントです。

【COLMO】トレッキングポール 2本セット

『COLMO』の“トレッキングポール 2本セット”は、三段階に調節が可能なストックです。丈夫さを追求したアルミニウム素材を使用し、長時間の登山や険しい山道にもしっかり対応できます。

長さは110~130cmまで調整が可能で、折りたたむと36cmとコンパクトになるのもポイントです。子どもから大人まで使用できます

状況に応じて使い分けられる3種類の先端も付いており、様々な登山スタイルを楽しめるでしょう。膝関節に極力負担をかけずに済むよう設計されています。登山初心者や高齢者で登山に挑戦したい人にもおすすめです。

【IREGRO】トレッキングポール 登山ストック 2本セット

2019年に改良された『IREGRO』の“トレッキングポール 登山ストック 2本セット”は、軽くて丈夫なアルミニウムを使用しています。あらゆる地形や季節に対応できるストックになっており、収納に便利なポーチ付きで使い勝手も抜群です。

ストラップの長さは自由に調節できるため、一人ひとりの腕や手のサイズに合わせて使用できます。3段階に伸縮が可能なストックで、反時計周りに回すことで長さの調節が可能です。

グリップ部分の素材にもこだわっており、握り心地と通気性を追求しました。長時間の登山も快適に行なうことができますよ。

【ワールドスポーツオンライン】HAWK GEAR(ホークギア) 超軽量アルミ トレッキングポール 2本セット

超軽量アルミ素材を使用し、先端部分のパーツに備わっているアンチショック機能によって、より登山や歩行が快適にできます。子どもから大人まで使えるストックとして、幅広い世代の人に選ばれていますよ。

分解して収めると42cmとコンパクトにまとまり、リュックサックにもすっきり収められるでしょう。低反発ウレタンのグリップによって、雨や手汗などで滑りにくい仕様になっています。様々な環境において、安心して使用できるでしょう。

【Brotree】トレッキングポール 2本セット

フィット感抜群のアルミ合金素材を使用したこちらは、丈夫で変形しにくい特徴を持つストックです。3段階に伸縮でき、収納時もコンパクトに収まります。

1本270gと軽く作られており、持ち運びも快適です。砂や泥、雪などの場面でも、専用のバスケットを付けることで対応できます。スピードロックによって、硬くしっかりと固定することも可能です。

【JVMAC】トレッキングポール 2本セット

耐久性に優れたアルミ合金素材を使用したストックで、グリップ部分が柔らかく、握りやすく作られています。汗もしっかり吸い取ってくれるため、夏場の登山時も快適でしょう。

回すだけで簡単に長さ調節ができる仕様になっており、登山用ストックを初めて持つ人にとっても扱いやすいですよ。

長時間歩いても疲れにくいようにアンチショック機能を搭載しており、身体にかかる負担を軽減します。最短65cmまで縮めることができ、大きめリュックサックに収めることも可能です。

【Black Diamond】トレイル BD82328

『Black Diamond』の“トレイル BD82328”は、小型化され扱いやすいサイズが特徴的です。シンプルな機能が備わっているストックで、長さ調節などの操作が簡単できます。

スタンダードモデルと紹介されているため、登山初心者にとっても使いやすいでしょう。

【Unigear】トレッキングポール 登山ストック

軽いのが特徴的なカーボンファイバーとアルミ合金を採用した登山用ストックで、丈夫さの面でも信頼できる商品です。3段に折りたたんで収納可能で、最短37cmにまで縮めることができます。

登山やウォーキングなど様々なシーンで活用できるよう、アタッチメントが4種類備わっているのもポイントです。レバー式ロックを採用しているため、いつでもスピーディーに長さ調節ができます。

フィット感に優れたグリップで、「登山を始めてみたい」「今までと違うコースに挑戦したい」といった方におすすめです。

機能的な登山用ストックで快適!

登山用ストックは、大手のアウトドアメーカーからだけでなく、通販サイトでも様々な商品が販売されています。長さ調節の仕方やグリップの持ちやすさ、使用されている素材などに注目して、長く愛用できる1本を見つけてみましょう。

コンパクトに収納できるストックを選んでおくと、様々なシーンで活用できますよ。登山がもっと楽しくなるようなストックを見つけて、アウトドアを楽しんでみてくださいね。