ミニサッカーゴールおすすめランキングTOP10!練習向けからレジャー向けまで人気なのはどれ?

サッカーゴールは本格的な練習向けのものから、片手で手軽に開くレジャー向けのミニサッカーゴールまでサイズも種類も様々です。サッカーゴール選びに迷ったら、使う目的に合わせて順序立てて選ぶと失敗の心配がいりません。この記事では目的に合わせたミニサッカーゴールの選び方やサイズによる違いなどを紹介します。

ミニサッカーゴールは使う目的に合わせてタイプを選ぶ

サッカーゴールは本格的な練習向けから、ワンタッチで手軽に使えるレジャー向けのものまでサイズも素材も様々です。サッカーゴールは頻繁に買い換えることも少ないので、自分に合うサッカーゴールは慎重に選ぶ必要があります。どの商品から選んでよいか分からない場合は、使う目的に合わせて選ぶと失敗も少なく安心です。

S_01_1,ミニサッカーゴール

本格志向で選ぶなら常設できる組み立て式

自宅の庭や常設できるスペースがある場合、組み立て式のサッカーゴールがおすすめです。

組み立て式のサッカーゴールは、丈夫な素材が使われており耐久性にも優れています。素材そのものに重さがあって、他のミニサッカーゴールに比べて力強いシュートでも倒れにくい特徴があります。雨ざらしになる点で定期的なメンテナンスが必要です。

さらに実践的な練習を望む上昇志向のお子さまには、8人制ジュニア公式戦で使われるミニサッカーゴールがおすすめです。試合形式のサッカー練習は上達する成長も早く、全国日本少年サッカー大会で使われるミニサッカーゴールを活用した練習が増えています。

組み立て式のミニサッカーゴールは重さもあり、練習の度に移動させたり組み立てて設置するのは考えているより大変です。

本格的な練習のできる組み立て式ミニサッカーゴールであれば、設置時間で時間を無駄にすることなく練習に集中できるメリットもあります。

常設のできるサッカーゴールは他に比べるとやや高めの価格帯ですが、試合さながらの本格的な練習ができるので、レギュラー選手を目指す小学生に向いたミニサッカーゴールです。

場所移動が多いなら折りたたみ式

しっかり練習したいけど常設する範囲が狭い場合には、移動しやすく設置もしやすい折りたたみ式ミニサッカーゴールがおすすめです。

折りたたみ式のサッカーゴールは、軽くて丈夫な素材が使われており、折りたたんで狭い隙間に収納できる優れものです。雨ざらしにならないので錆びにくくメンテナンスに手間がかからないのも特徴です。

価格も手頃なものが多く、サッカーに興味を持ち始めた小学生や親子で楽しく遊びたい家族に向いているミニサッカーゴールです。

S_01_2,ミニサッカーゴール

持ち運びやすさを重視するならポップアップ式

レジャーや広い公園に出かけてサッカーを楽しむなら、ポップアップ式のミニサッカーゴールがおすすめです。

ポップアップ式のミニサッカーゴールは、専用の収納バッグで手軽に持ち運べる点で評価が高く、「パッ」と開くだけで手軽に設置できるのも魅力です。レジャーから本格的なひとり練習と使える用途は幅広いのも特徴です。

車のトランクに収納しても邪魔にならないサイズで、レジャーの多い家庭ならサッカーボールと合わせてセットで購入がおすすめです。

安全性を考えるなら空気式

ボールに興味を示したばかりの幼児には、頭や足をぶつけても安全な空気式のミニサッカーゴールがおすすめです。

空気式ミニサッカーゴールは、遊びたいタイミングで空気を入れて使える魅力があります。収納スペースを大きく取る必要がないのも人気のひとつです。

ボールを投げたり転がしたり、歩けるように成長すれば小さなサッカーボールを蹴って遊ぶこともできるおすすめのミニサッカーゴールです。

サッカーゴールの大きさにも違いがある

ミニサッカーゴールのサイズ選びに迷ったら、遊びや練習の内容に合わせて大きさを選ぶと失敗が少なくておすすめです。

S_01_3,ミニサッカーゴール

幅2mx高さ1m程度はミニサッカーゴール

キーパーがサッカーゴールを守らないひとり練習や親子遊びに向いたミニサッカーゴールです。

コンパクトなサッカーゴールは、ゴールキーパーが守ると点数が入りにくくなるため、一般的な練習や遊びではひとり練習やふたり遊びに適しています。少人数で遊ぶ場合、移動や片付けもひとりで出来るためコンパクトな手軽さが評判です。

サッカー上級者によっては、ゴール範囲が狭いほど練習になると好まれます。また、小さなサイズのサッカーゴールなので、室内で活用できる点も他のサイズにない魅力です。

幅3mx高さ2m程度はフットサルゴール

主にフットサルの公式戦で使うサイズのサッカーゴールです。野外で親戚や家族が集まってサッカーを楽しむのにもおすすめです。ゴールキーパーを含めて5人のチームに分かれて遊ぶのに適しています。

少人数ながら実践的な練習が学べると人気の練習メニューで、広いコートをミニサッカーゴールで分割して練習する姿も見られます。

動き回れる範囲が小さい分、パスの正確性や的確なシュートコースが求められると指導者からも人気のサッカーゴールです。

幅5mx高さ2mはジュニア公式戦サイズ

本格的なシュート練習をしたい方におすすめのミニサッカーゴールです。

レギュラー選手を目指す小学生や指導者から、自宅でも本格的な練習ができると人気の大きさです。

健康を意識する運動にも使えるため、社会人チームや親子揃って練習するのに用意するなど、購入を検討する方も増えております。

ジュニア公式試合と同じサイズのサッカーゴールで、実践的なサッカー練習に向いています。サッカーゴールの幅が広いので、シュートターゲットを活用したPK練習ができるのも特徴です。

ドリブルからゴールコーナーを狙ったシュート練習や、ゴールキーパーがキャッチしにくいコースを実戦形式に練習できる本格的なミニサッカーゴールです。

設置環境によって素材選びに注意する

サッカーゴールに使われる素材は、錆びにくい塗装が施されているものや、軽く丈夫で取り扱いしやすいものや、素材によって特徴が大きく変わります。使っている内に錆びてしまったり、重くて組み立てるのが大変など、サッカーゴールを設置する場所にあった素材を選ぶことが重要です。

S_01_4,ミニサッカーゴール

常設するならアルミ、ステンレス製がおすすめ

屋根のない環境でサッカーゴールを常設するなら、アルミかステンレス製のサッカーゴールがおすすめです。アルミとステンレス素材は、錆びにくい素材のためサッカーゴールを常用するのに適しています。

特にステンレス素材は、「丈夫で力強いシュートで凹んだりする心配がない」とサッカー上級者に人気です。

アルミ製のサッカーゴールは、ステンレスやスチール製のゴールに比べ、軽量でメンテナンスしやすさが特徴です。手頃な価格のサッカーゴールも多く、これから練習しはじめる方におすすめです。

毎回組み立てるならポリ塩化ビニル製がおすすめ

練習のたびにサッカーゴールを組み立てる必要があるなら、ポリ塩化ビニル製のサッカーゴールがおすすめです。重い素材だとひとりでの組み立ては大変です。軽くても強度が弱いと直ぐに壊れる心配もあります。

ポリ塩化ビニルは、軽く丈夫な素材で大人から子どもまで取り扱いしやすく、組み立てに適した素材です。他のビニール素材に比べても、ポリ塩化ビニルは紫外線に強く、野外で遊ぶ製品に適しています。

小さなお子さまや小学生低学年のご家庭にもおすすめのミニサッカーゴールです。軽く丈夫な素材は、万が一頭や身体をぶつけても、素材により大怪我になる心配はありません。安心して使える点でも評価されています。

おすすめのミニサッカーゴールランキングTOP10

「子どもと一緒にサッカーを楽しみたい」というようなときにあると便利なおすすめのミニサッカーゴールをランキング形式で紹介します。

10位【トーエイライト】ミニサッカーゴール

素材 繊維強化プラスチック
200cm
高さ 150cm
奥行 110cm
重さ 10.8kg
形状 組み立て式

『トーエイライト』のミニサッカーゴールは、他のサッカーゴールに比べて重さがあり、サイズも大きく高さも奥行きも満足できる本格的なサッカーゴールです。

実戦向きのサッカー練習ができると評判で、サッカー上級者から大人まで人気のミニサッカーゴールです。ネットが亀甲型になっており、耐久性も高く連続破網をおこさない点から、直ぐに使えなくなる心配が少ないとメンテナンス性の高さも評判です。

サイズの大きなサッカーゴールの練習は、4対4など実践に近い試合形式の練習に向いています。自宅で本格的なシュート練習をしたい方にもおすすめです。

9位【HAOUN】組み立てミニサッカーゴール2個セット

素材 プラスチック
92cm
高さ 61cm
奥行 48cm
重さ 1.1kg
形状 組み立て式

『HAOUN』のミニサッカーゴールは、組み立て式の中では奥行きが小さく、自宅の庭や公園など限られた場所でも手軽に設置できると評判です。組み立て式のなかでもっとも軽いのも特徴です。サッカーゴールは2つ入りで、ボールとセットになっています。

届いたその日にゲーム形式で遊べると人気があります。兄弟揃ってサッカー練習するご家庭にも、それぞれ専用のゴールを揃えられると評判です。組み立てやすく収納場所も場所を取らないため、年に数回複数の家族で集まってアウトドアや公園に出かけるにも最適です。

8位【トーエイライト】ミニサッカーゴール

素材 スチール
90cm
高さ 60cm
奥行 57cm
重さ 3.6kg
形状 折りたたみ式

『トーエイライト』のミニサッカーゴールは、ナイロンのメッシュネットが特徴的です。組み立ても不要でワンタッチで折りたたみできる手軽さが評判です。折りたたみ式のなかでもっとも重量があり安定性に優れています。

メッシュネットは足が絡まる心配も少なく、歩き始めた頃の2歳でも安心できるとママから人気のミニサッカーゴールです。メッシュネットになっているデザインが特徴的で、ネットに足を引っ掛けて転倒しにくいと幼児期のサッカー遊びに人気です。

折りたたむと10cmのサイズまで小さくなるので車のトランク収納に最適です。

7位【Kaiser】サッカーゴール 跳ね返るネット

素材 スチール
135cm
高さ 122cm
奥行 61cm
重さ 6.7kg
形状 組み立て式

『カイザー』のミニサッカーゴールはリバウンドネットが付属するお得なセットのミニサッカーゴールです。リバウンドネットは取り外しできるため、外して通常のサッカーゴールとしても使えます。

蹴ったボールが跳ね返るので、蹴ったボールを取りに行く手間がない分、ひとり練習でも無駄なく練習できます。サッカーを始められた初心者から、繰り返し練習を重ねたい上級者まで評価が高く人気のミニサッカーゴールです。

ミニサッカーゴールの角度を後ろに6段階調節できます。蹴ったサッカーボールを上に向けて跳ね返らせることが可能で、トラップ練習やヘディングシュートの練習にもなると評判です。これから本格的にサッカー練習をされる子どもにプレゼントとして贈ると喜ばれますよ。

6位【Dimples Excel】折りたたみサッカーゴール 2個セット

素材 ポリエステル・グラスファイバー
110cm
高さ 76cm
奥行 75cm
重さ 1.74kg
形状 折りたたみ式

『Dimples Excel』のミニサッカーゴールは、オレンジカラー折りたたんで紐付きの収納バッグで背負って持ち運べる手軽さが便利と人気の折りたたみミニサッカーゴールです。屋外、屋内を気にすることなく使えるタイプで、子どもから大人まで人気のアイテムです。

18ヶ月間の製品保証がついているので安心してサッカーを楽しめます。

5位【池田工業社】スーパーサッカーゴールセット

素材 ポリプロピレン
50cm
高さ 48cm
奥行 32cm
重さ 0.3kg
形状 ○○式

『池田工業社』のミニサッカーゴールは、幅60cmとコンパクトサイズで小さなお子さまでも自分で持ち運びできる特徴があります。組み立てもジョイントに差し込むだけと簡単で、サッカーに興味を持ち出した時期のお子さまにおすすめのサッカーゴールです。

奥行きがもっとも小さなタイプで、場所の狭い室内でも設置して遊べると評判です。サッカーボールとゴールがセットになっているので、届いたその日から遊べるとお孫さんへのプレゼントとして人気です。

4位【サクライ貿易】ミニサッカーゴール

素材 グラスファイバー・ポリエステル
122cm
高さ 91cm
奥行 91cm
重さ 1.3kg
形状 組み立て式

『サクライ貿易』のミニサッカーゴールは、幅も高さも手頃サイズが人気です。発送時は部材だけで届くため組み立てが必要ですが、組み立ててしまえばテントのようにワンタッチで設置できるため折りたたみ式のように扱えると評判です。

3位【Quickplay Sports】組み立て式ゴール

素材
244cm
高さ 152cm
奥行 95cm
重さ 7kg
形状 組み立て式

『Quickplay Sports』のミニサッカーゴールは、サッカーゴールとリバウンダーの両方で使えると人気です。組み立て式のなかでもっともサイズの大きく重さのある本格志向のサッカーゴールです。

クイックプレイスポーツ社で製造されイギリスの国家規格に合格したデザインで、安心して練習させられると評判があります。適度な軽さと安全性、2分で出し入れできる手軽さが人気です。試合会場に持ち運び空いたスペースでウォーミングアップにも重宝すると評価されています。

2位【PUGG】ポップアップ式ゴール

素材
120cm
高さ 80cm
奥行 80cm
重さ 1kg
形状 折りたたみ式

『PUGG』のミニサッカーゴールは、折りたたみ式のなかではもっとも幅が大きくカラフルなデザインに人気があります。その他にも、女性や子どもの力でも楽に運べると軽さに定評があります。折りたたんで収納すると涙のようなデザインが特徴的です。

ゴール幅がしっかりある割に収納時は90cmと背負って運べるサイズと評判です。カラーはサイズで色分けされており、小サイズはブルー、大サイズはイエローの2色展開です。おしゃれな収納ケースに合わせ、軽く丈夫で持ち運びできる便利さから女性のサッカー選手に人気のミニサッカーゴールです。

1位【Amazonベーシック】ポップアップ式ゴール2個セット

素材 グラスファイバー
76cm
高さ 55cm
奥行 55cm
重さ 1.1kg
形状 折りたたみ式

遠征や1対1や2対2など少人数での練習にぴったりのミニサッカーゴールです。少人数に分かれた練習ではサッカーゴールの数が必要で、まとめての購入におすすめです。

コート全体を使う試合形式の練習やコートを分割した少人数の試合練習と、練習内容に合わせて簡単に設置移動できる点も人気のひとつです。

ミニサッカーゴールと合わせて用意すると良いもの

自宅でサッカーゴールを使って本格的な練習を考えた場合、周りの安全や騒音に配慮する必要があります。練習の仕方に合わせてあると便利なアイテムから、周りの安全や騒音対策に必要なアイテムを紹介します。

S_01_5,ミニサッカーゴール

家庭用の練習ネット

家庭用の練習ネットは周りの安全対策にあると便利なアイテムです。ミニサッカーゴールの背後に設置しておくことで、ゴールから外れたこぼれ球も安全にキャッチする効果があります。高さのある練習ネットを設置する場合には、強風でも倒れないよう専門の業者に相談するのがおすすめです。

サッカーボールを上手に扱える上級者であれば「家庭用の練習ネットは必要ない」と思われがちですが、練習ネットがあると、思い切ってシュート練習できると人気です。こぼれ球をキャッチしてくれるため、PK戦のようにコーナー際を狙ったシュート練習も可能です。

力強く蹴るシュートはコントロールが非常に難しく、サッカーに慣れない時期には練習ネットが欠かせません。サッカーゴールを飛び越えて、ご近所のお宅に迷惑をかけてる心配もなくなるので安心して練習させられると評判です。

ボールコントロールに慣れない初心者の方から上級者まで安全な練習に必要なおすすめアイテムです。

リバウンダー

リバウンダーは、ひとり練習に欠かせないアイテムです。蹴ったサッカーボールがバウンダーネットで跳ね返り、戻ってくる便利なアイテムです。跳ね返る角度を調節すれば、トラップの練習からヘディングの練習まで幅広い練習が可能になります。

蹴ったボールを取りに行く必要がないため、練習時間を無駄にすることなく、繰り返し反復練習に役立つと評判です。子どもから大人まで使える便利なアイテムで、ひとり練習の多い方におすすめです。

リバウンダーにはいくつか種類があり、サッカーゴールに直接設置するネットタイプのリバウンダーから、ゴール前に置いて設置する壁タイプのリバウンダーがあります。タイプによって跳ね返りの力や跳ね返る角度に違いがあるため、練習の内容に合わせて選ぶ必要があります。

ゴール前に置く壁タイプは、ボールコントロールの練習に向く傾向にあります。サッカーゴールに直接設置するタイプは、角度を調節できるものも多く、角度のついた跳ね返りでトラップ練習にも適しています。

シュートターゲット

シュートターゲットはボールコントロールを上達させたい方におすすめのアイテムです。番号が振られているデザインが一般的で、的に向けてボールを蹴りシュートのコントロール練習で使います。

サッカーに慣れない初心者の方であれば、順に的を狙う練習がおすすめです。順番に蹴り比べると、次第に苦手な番号がわかるようになります。苦手な番号を集中的に練習することで、得点力を高める練習に効果的です。

その他にもコーナーキックの練習やパス練習など、コントロールを必要とする練習にも役立ちます。サッカーの試合で必要となる全般的なコントロール練習が上達するすると、サッカー上級者からも評判です。

さらに上級者になると、ボールポストの角に設置する上級者向けのアイテムも人気です。ゴールキーパーがキャッチしにくい死角を狙ったシュート練習が可能です。

S_01_6,ミニサッカーゴール

サッカーゴール用サンドバッグ

サッカーゴールの重り用サンドバックは、力強く蹴るサッカーボールの衝撃からサッカーゴールの転倒を防いだり、衝撃移動のズレを防ぐための専用のウェイトです。

大まかに砂を入れるタイプと水を入れるタイプに分かれます。どちらのタイプもそれぞれ利点があり、砂のタイプは少々の穴でも続けて使える効果があります。水のタイプは穴が空くと水漏れするので使えなくなりますが、中に入れる水は流せば小さく折り畳め持ち運べる点で、取り扱いのしやすさに優れています。

サンドバックを置くことで、サッカーゴールの重心が下に集まり、繰り返しのシュート練習でも安定した練習が可能になります。付属の固定ピンと合わせて設置がおすすめで、安定性がさらに高まります。

シュートするたび元に戻す作業はとても面倒で、サンドバックを置くことで練習に集中できるとサッカー上級者から高評価のアイテムです。

休日のたびミニサッカーゴールと思い出が増える

親子で一緒に楽しめるおすすめのミニサッカーゴールを紹介しました。サッカーゴールはサイズも大きく設置場所も必要になることから「さすがにサッカーゴールまでは…」と考えられる方も少なくありません。

しかし、いざ購入してみると休みが来るたびに親子揃って一緒にサッカーしたり、

その他にも、「思春期でも共通の話題があるのでしっかりコミュニケーションが取れて安心だ」「考えていた以上に、子どもとの思い出がたくさんできて楽しさが倍だ」などメリットは数多くあります。

なかにはお孫さんにプレゼントすると喜んでくれると、一緒に楽しめるミニサッカーゴールを探していられる方も多くいます。

お子さんがサッカーに興味を感じているのであれば、ミニサッカーゴールを用意して楽しんでみてはいかがでしょうか?