バナナが運動時の補給食品として人気No.1に!10月14日の令和最初の『体育の日』にも取り入れてみよう

10月14日は、令和最初の体育の日です。運動をする予定の方は、栄養補給にバナナを選んでみてはいかがですか?バナナは運動時の補給食品として、人気第1位をとったそうですよ!その調査結果について詳しくご紹介します。

日本バナナ輸入組合が『バナナと運動に関する調査』の結果を発表!

日本バナナ輸入組合は、バナナに関する様々な情報を発信していて、『バナナ大学』というウェブサイトを運営しています。

そして今回、ラグビーワールドカップや来年のオリンピックの影響から、スポーツが盛り上がりを見せているので、バナナと運動に関する調査を行ないました。その結果、バナナはスポーツに励む人たちの強い味方であることが分かりました!

日頃から運動している人は意外に多い

あなたが実施している運動はなんですか?のアンケート結果

「あなたが実施している運動はなんですか?」という質問では、約半数の人が何かしらの運動を行なっていました。さらに週に1回以上運動をしていると答えたのは、8割にまでのぼります。

人気の運動はウォーキングやジョギング、筋トレという結果となり、意外と多くの人が運動を心掛けているようです。

運動時の栄養補給ではバナナが人気第1位に!

スポーツ時に補給する食品はありますか?のアンケート結果

そして、日頃から運動を行なっていると答えた方に、運動時に補給する食品について聞いたところ、3位におにぎり、2位はエネルギーゼリー、そして1位にはバナナが選ばれる結果となりました。

バナナを運動時に食べるメリットとは?

運動時にどうしてバナナを食べるのかを聞いてみると、エネルギー補給として食べている方が1番多く、次いで食べやすさに注目が集まっていました。もう少し詳しく、バナナを運動時に食べるメリットについて見てみましょう。

糖質の種類が豊富

バナナにはエネルギーになるタイミングが異なる、多様な糖質が含まれているため、即効性にも持続性にも優れています。

筋肉に嬉しい成分が入っている

筋肉のエネルギーとなり、筋タンパク質の合成を促す働きもある“BCAA”も豊富に含まれています。さらに、カリウムも入っているので、運動前に摂取するとけいれんや筋肉パフォーマンスの低下を防ぐことが期待できるのです。

消化に良く低カロリーなのが嬉しい

バナナは消化が良いため、胃腸に負担がかかりにくいのが特徴です。そして、栄養補給系食品のなかでは低カロリーのため、ダイエット中でも気軽に食べやすいでしょう。

バナナに含まれる糖質(炭水化物)

体育の日にはバナナを摂って、たくさん体を動かそう!

バナナは、スポーツととても相性の良い食品ということが改めてわかりました。持ち運びも便利で、消化にも良いので小腹が空いときにはバナナがおすすめです。次の体育の日にはバナナを食べながら、スポーツを楽しんでみてはいかがですか?

参考:PRTIMES