【2019年最新】マウンテンバイクおすすめランキング24選!人気メーカーと選び方のポイントも解説

険しく凸凹した道や、砂利道を颯爽と走るマウンテンバイクですが、シティサイクルとの大きな違いは太くて安定感抜群のタイヤにあります。そんなマウンテンバイクを最近、街中でもよくみかけるようになりました。そこで今回はマウンテンバイクの選び方やポイントを解説し、様々な基準とともにおすすめのマウンテンバイクをランキング形式で紹介していきます。

マウンテンバイクはメーカーで選べば間違いなし!

これからマウンテンバイクに挑戦してみよう、または、いま乗っているシティサイクルから、マウンテンバイクに乗り換えてみようと考えている方も多いかと思います。しかし実際に何もわからないことだらけの初心者にとって、マウンテンバイク選びは非常に難しいと言えます。

そこでマウンテンバイクの選び方のポイントのひとつとして、人気メーカーで選ぶという方法があります。多くのマウンテンバイクユーザーが認めるメーカーであれば、まず大けがすることはありません。そんな人気メーカーのエントリーユーザーモデルを選べば間違いなしです。

C_09_1, マウンテンバイク おすすめ

おすすめメーカー3選

GT

マウンテンバイクといえばGT、GTといえばマウンテンバイクと呼ばれるほど実績、知名度抜群なメーカーとされる『GT』です。1979年にアメリカで誕生して以来、その耐久性あふれるフレーム構造と抜群のコストパフォーマンスの高さ、独自のトリプルトライアングルフレーム構造を武器に、成長を続けてきた老舗メーカーです。

エントリーユーザーモデルも多数展開しています。

Bianchi

『Bianchi』は、チェレステカラーでお馴染みのイタリアを代表する人気マウンテンバイクメーカーです。「チェレステ」とは、明るい若草色でイタリアの空の色を模しており、とても鮮やかでエントリーユーザーにも優しいおしゃれブランドとして名声を馳せています。

創業以来130年を超えるマウンテンバイク界最古の老舗メーカーで、その実力は折り紙付きです。

ANCHOR

日本が誇る人気タイヤメーカーのブリジストン系、ブリジストンサイクルが展開するスポーツバイクブランドです。日本メーカーということだけあり、日本人の体型に合わせた設計になっており、誰にでも乗りやすいマウンテンバイクが特徴です。

また、自分の体型に合わせて自由に部品をカスタマイズできるというミクロ視点な気遣いも日本らしく、高評価を得ている理由とされています。

マウンテンバイクのタイヤの違いとは?

マウンテンバイクのタイヤは、通勤通学などの街乗り目的の「オンロード用」、または、山道やでこぼこ道などの「オフロード用」など、実際の用途により、大きく分けて4種類に分かれます。

以下ではマウンテンバイク用の4種類のタイヤの違いを紹介していきます。自分がよく走る路面をイメージしながら選ぶのがおすすめです。

C_09_2, マウンテンバイク おすすめ

ブロックタイヤ

ブロックタイヤとは、山道やでこぼこした道をメインに走行する方におすすめのオフロード用タイヤです。表面が凹凸になっているため、ぬかるんだ道や舗装されていない道をしっかりグリップし、さらに地面からの衝撃を吸収するうえ、耐久性にも優れている点が特徴です。

ブロックタイヤでオンロードを走行すると、サッカーや野球のスパイクをイメージすればわかるように、凹凸部分がコンクリートで削れてしまい、タイヤの寿命を減らしてしまうので注意が必要です。

センターリッジタイヤ

オンロードでもオフロードでもバランスよく利用したいという方におすすめのマウンテンバイク用タイヤです。センターリッジタイヤの特徴は、中央のブロックが進行方向に逆らわないように設計されているため、ブロックタイヤに比べて抵抗が少なく、オンロードでもスピードが出る設計になっているところです。

オンでもオフでもほどよく使えるメリットがありますが、トレイル走行の際には、ブロックタイヤに比べてスピードが出やすく、凹凸が少ないため注意が必要です。

スリックタイヤ

スリックタイヤは、通勤通学に便利なタイヤです。スリックタイヤの特徴は、表面に凹凸がない平のタイプで、スリムで細めに作られているという点です。そのため、道路との摩擦が無いことからスピードが出やすく、ペダルをこいでいても疲れにくいというメリットがあります。

逆に、未舗装の道路ではグリップ力がないため滑りやすく、オフロードには向きません。

セミスリックタイヤ

セミスリックタイヤは、基本的に通勤通学などの街乗りがメインで、たまにオフロードで使いたいという方におすすめのマウンテンバイク用タイヤです。

ブロックタイヤとスリックタイヤを融合させたというイメージのタイヤで、中央部分はスリックタイヤで、両サイドがブロックタイヤになっています。そのため、漕ぎだしが軽く、オフロードではグリップ力を発揮します。

【メーカー別】おすすめマウンテンバイク15選

GT

第5位【GT】AGGRESSOR SPORT 2019

耐久性に優れた「6061-T6アルミニウム」による、GT独自開発の「トリプルトライアングルフレーム」を搭載したハードテイルタイプなので、フルサスペンションのような重たさがなく初心者でも扱いやすくなっています。通勤通学などの街乗りから、キャンプに出掛けたり、友達とのサイクリングにも使える人気のマウンテンバイクです。

これだけの機能性を備えているにもかかわらず、低価格というコストパフォーマンスの高さが魅力ですね。

第4位【GT】VERB COMP

『GT』のVERB COMPシリーズの2019年最新モデルは、しなやかで耐久性に優れた6061アルミニウムフレーム合金を使用したことで強度と軽量化を兼ね備えました。また複雑形状のフレームである「ハイドロフォーミング加工」の採用により、あらゆるオフロードによる地面からの衝撃を吸収する、優れたフルサスペンションマウンテンバイクです。

最大の特徴は初心者によくあるペダリングロスによるスピードの出にくさを、GT独自のテクノロジーである「iDrive」を搭載することで解消している点です。そのため、初心者にも扱いやすい人気のマウンテンバイクとして、多くの支持を集めているモデルです。

第3位【GT】AGGRESSOR COMP

AGGRESSOR COMPは、オンロードもオフロードもどちらでも乗りこなすことができるSUVスタイルの人気マウンテンバイクです。『GT』独自開発の強靭な「トリプルトライアングルフレーム」を搭載し、強度・剛性・耐久性・快適性を高めています。

タイヤにはファットスリックタイヤを搭載しているため、オンロードでは抜群のスピード感を味わうことができ、オフロードでは耐久性に優れたフレームと上り坂の軽さ、砂利道や段差をもものともしない圧倒的な走破性が特徴です。

ディスクブレーキを搭載しているため、ブレーキに安定感があり、雨の日でも安全に走行することができる人気でおすすめのマウンテンバイクです。

第2位【GT】AVALANCHE ELITE

『GT』AVALANCHE ELITEは、通勤通学をメインに、そして休日はハードにトレイルライドという方におすすめのハードテイルタイプのマウンテンバイクです。フレームには耐久性と軽量性に優れた「6061-T6ハイドロフォームアルミフレーム」を採用し、街乗りやトレイルライドでも安心感が高い低スタンドオーバーを使用しています。

また、ホイールは走破性とスピードのバランスに優れた大きすぎず小さすぎない27.5インチホイールを採用し、街乗りからトレイルライドまで様々な走りをサポートする人気でおすすめのマウンテンバイクです。

第1位【GT】AGGRESSOR EXPERT

『GT』AGGRESSOR EXPERTは、すべてのコンディションに対応することができるSUVタイプの人気マウンテンバイクです。街乗りでも十分すぎる強靭な強さを誇る「6061-T6アルミフレーム」を採用し、足がつきやすくて安心な低スタンドオーバーを搭載、バランスの良い27.5インチホイールを採用して街乗りからトレイルまで幅広くサポートする人気のマウンテンバイクです。

平日は通勤通学に、週末はアウトドアやキャンプにと様々なシチュエーションで活躍し、価格もマウンテンバイクの中では手を出しやすい、抜群のコストパフォーマンスを発揮する人気のマウンテンバイクです。

Bianchi

第5位【Bianchi】MAGMA 27.0

『Bianchi』MAGMA モデルの2019年モデルは、オフロードでもオンロードでも快適に走破できる、初心者から経験者まで幅広く対応するおすすめのマウンテンバイクです。Bianchiらしいチェレステカラーで街乗りすればBinchiのマウンテンバイクだと一目でわかるデザインがおしゃれです。ホイールはちょうど良い27.5インチホイールを採用、フレームには耐久性に優れたアルミフレームを採用しているのでオフロード走行でも十分に耐えられる強靭さをあわせ持ちます。

また、ブレーキはシマノ製「油圧ブレーキ」を搭載し、コンディションの悪い日でも安定したブレーキ力を発揮します。太いタイヤで街中走行を楽しみたいという方におすすめのマウンテンバイクです。

第4位【Bianchi】JAB MTB27.5

『Bianchi』のJBA2018年モデルのMTB27.5は、シマノ社の「DEORE」をメインコンボに採用し、10速 11/42Tと質感の良さが特徴の、街乗りメインにおすすめなハードテールタイプのマウンテンバイクです。太めのタイヤを採用しているのでもちろん街乗りだけではなく、オフロードでも安定した走りを実現することができます。カラーはチェレステカラーとブラックの2色から選ぶことができます。

第3位【Bianchi】MAGMA 27.2 TOURNEY

『Bianchi』MAGMA 27.2 TOURNEYは、Bianchiのマウンテンバイクの中では珍しいチェレステカラーではなく、ブラックを基調としたデザインが特徴です。Bianchiファンの間ではプレミア級のレアなマウンテンバイクです。

さらに軽量で強靭な肉体を持ち、ワイヤー類がすべてダウンチューブの中に収納されているため見た目がとてもスマートでスタイリッシュな印象を受けます。ブレーキシステムはディスクブレーキを搭載しているため操作性が高く、雨などでコンディションが悪い日でも安定して高い操作性を発揮することができます。

普段は街乗りとして、たまにアウトドアやキャンプで使いたいという方におすすめの人気マウンテンバイクです。

第2位【Bianchi】KUMA 27.4

『Bianch』のKUMA27.4は、通勤通学、ちょっと買い物にと街乗りとして使おうと考えている方、また、キャンプやクロスカントリー、山遊びなどに使おうと考えている方におすすめのマウンテンバイクです。シマノ社製の「ディスクブレーキ」を搭載しているので操作性が高く、コンディションが悪い日でも安心です。

Bianchiらしいポップなカラーが特徴で、漕ぎだしがとても滑らかでスピードも維持しやすい27.5インチのホイールがちょうど良いサイズで、おすすめのマウンテンバイクです。

第1位【Bianchi】GRIZZLY SRAM EAGLE

『Bianchi』のGRIZZLY SRAM EAGLEは、Bianchiが展開するマウンテンバイクのラインナップでも、特にロングセラーを続けるKUMAシリーズの上位モデルとして人気のマウンテンバイクです。

街乗りのようなオンロードにも、山道や林道などのオフロードにも対応できるハードテイルモデルで、シマノ社製ではなく、SRAMの「EAGLEコンポーネント」が搭載されていることから、リア変則が最大12速まで操作することが可能になっているので、坂道でもらくらく対応することができます。

Bianchiのイメージカラーであるチェレステカラーで、街乗りで目に付くおしゃれなデザインが特徴のおすすめのマウンテンバイクです。

ANCHOR

第5位【ANCHOR】XNC7 ELITE 2019

『ANCHOR』のXNC7 ELITEの2019年モデルは、「ネオコット」のしなやかさと、安定した伸びのある快適な走り心地を実現する人気のマウンテンバイクです。ネオコットとは、クロモリ鉄素材をスポーツバイクの性能として極限まで鍛えたもので、滑らかな走りを実現します。

クロモリチューブはラグを使わずに直接溶接しているので、とてもしなやかで軽量性を体感することができ、操作性と高速巡行性に優れたホイールを組み合わせているため、伸びのある爽快なペダリングを実現し、トレイルライドにも対応できるおすすめのマウンテンバイクです。

第4位【ANCHOR】XG6 SPORT 2019

『ANCHOR』XG6 SPORTの2019年モデルは、27.5インチホイールによる走破性と操作性、さらにXG6ジオメトリーを誰でも気軽に体感することができるエントリーユーザーモデルのおすすめのマウンテンバイクです。

通勤通学や買い物などの街乗りから、林道や山道などアウトドア使いとしても対応することができるオールラウンドなマウンテンバイクで、最新のXG6ジオメトリーを初心者でも手軽に体感することができます。

フレームの操作性、ループ形状での振動吸収性、地面からの突き上げ抑制、細かなターン性能など、ANCHORの上位モデルをそのまま受け継いだ人気でおすすめのマウンテンバイクです。

第3位【ANCHOR】XR9 2019

ANCHORのXR9の2019年モデルは、本格的なXCレーシングモデルのフラッグシップモデルです。軽さと安定した操作感で、ライバルに差をつけたいという上級者におすすめのマウンテンバイクです。

最大の特徴は、身軽な操作性と安定した速さを兼ね備える「650Bホイール」を搭載している点にあります。さらに、「3ピース構造HMカーボン」の軽さはもちろん、重心をマウンテンバイクの中心周辺に低く保つことで様々な振動を吸収し、後三角のしなりと加速感は文句なしです。

また、前後のホイールのバランスが絶妙に設計されているので、どのような悪路でも扱いやすく、細かいターンも思いのままの、上級者におすすめのマウンテンバイクです。

第2位【ANCHOR】XNC7 EQUIPE

『ANCHOR』のXNC7 EQUIPEは、ネオコット搭載に合わせ、最新の27.5インチホイールがコラボした爽快な走りを実現するお手頃価格が魅力のマウンテンバイクです。ラグを使わずに溶接したネオコットとANCHOR独自開発のクロモリチューブが林道などの砂利道の振動をすべて吸収することによって抜群の走り心地を実現しています。

また、オフロードにも適したジオメトリーと操作性、巡行性に優れたホイールが、どこまでも走り続けたくなるような爽快で快適な走りを体感させてくれる、人気でおすすめのマウンテンバイクです。

第1位【ANCHOR】XG6 EQUIPE

『ANCHOR』のXG6 EQUIPEの2019年モデルは、通勤通学のような街乗りから、山道や林道といったアウトドアまで幅広く使いたいという方におすすめのマウンテンバイクです。そんなXG6 EQUIPEは自由なライン取りを可能にする重心位置が特徴で、さらにシマノ社製「SLXコンポ」を装備した価格と操作性のバランスのマウンテンバイクです。

27.5インチホイールを採用し、走行性能と細やかな操作性を兼ね備えています。また、スルーアクセルを搭載したことで抜群の振動吸収性を可能にする後三角と、ロングトラベルにフロントサスペンションの走破性が、より滑らかで抜群の走り心地を可能にしました。そのため、オンロードでもオフロードでも快適に走ることができるオールラウンドなマウンテンバイクとなっています。

街乗りマウンテンバイクはデザイン性を重視

マウンテンバイクをどのような目的で使うのかは、人によって様々です。街乗り・トレイルライド・ダウンヒル・クロスカントリーなど幅広い目的の中で、街乗りをメインに考えているのであれば、機能性よりもデザイン性を重視することをおすすめします。

おしゃれなマウンテンバイクは街乗りで大注目

街乗りメインでマウンテンバイクを使う場合、オフロードに適したタイヤを装備したり、フルサスペンションモデルを選ぶと、コストが余計にかかるうえに、逆にタイヤの寿命を縮めたりと、デメリットが多々あります。

そのため、機能性にかかるコストをデザイン性に向けたほうが、はるかに適した選び方と言えます。そして、シティサイクルに物足りなさを感じ始めたユーザーから、おしゃれなマウンテンバイクは街乗りとして大注目を集めています。

街乗りにおすすめのマウンテンバイクBEST3

第3位【HUMMER】フルサスペンションDH2618-E

『HUMMER』といえば、力強い出で立ちのハードな車をイメージする方も多いかと思いますが、そのままのイメージを保ったマウンテンバイクが人気を集めています。イメージカラーのイエローを基調に、マウンテンバイクらしい力強さが特徴です。

HUMMERのこちらのマウンテンバイクは、デザイン性だけではなく、強度の高い独自設計のフレームを採用して耐久性の強さをアピールしています。

第2位【BIANCHI】 マウンテンバイク MAGMA29.0

『Bianchi』は、マウンテンバイクを手掛けるメーカーの中で最も歴史あるメーカーです。MAGMA29.0は、そのBianchiのイメージカラーであるイタリアの空をイメージした「チェレステカラー」が街に映える、おしゃれなデザインが特徴のおすすめのマウンテンバイクです。

Bianchiのマウンテンバイクを通勤通学に使えば、そのスタイル、デザイン性に注目が集まることは間違いありません。

第1位【GT】 マウンテンバイク パロマーアロイ

『GT』から発売されているパロマーは、毎日の通勤通学に気軽に使える街乗りに向けて開発されたマウンテンバイクですが、オフロードでも十分に使うことができる、耐久性に優れたフレームやタイヤを備えたマウンテンバイクです。ブラックを基調としたシックでモダンなデザインが力強さを演出し、存在感を見せつけています。

高校生の通学には安いマウンテンバイクがおすすめ

数万円から数十万円するマウンテンバイクを高校生が購入するのは至難の技です。しかし自転車通学している高校生がシティサイクルを購入し、すぐに乗り潰して買い替えを余儀なくされるのに比べ、耐久性に優れたマウンテンバイクを購入して長持ちさせるのは、ひとつの手かもしれません。そこで高校生の通学におすすめなのが、安いマウンテンバイクです。

高校生にはコスパに優れたマウンテンバイク

安いマウンテンバイクといっても、ただ安いだけではなく、耐久性や軽量性、安定性といった、それなりの機能性を備えたコストパフォーマンスに優れたマウンテンバイクがおすすめです。

【10万円以下】おすすめマウンテンバイクBEST3

第3位【ANIMAT】フルサスペンション SANDPIPER

『ANIMAT』から発売されているSANDPIPERは、通勤通学など街に溶け込むタウンユースを意識した、カジュアルなデザインが特徴の人気のマウンテンバイクです。軽量なアルミフレームにフロントリアサスペンションを搭載した「シマノ18段変速機」と優れた機能性を持ちながら、破格の安さで、高校生にも手が届くほどの安さが魅力的です。

第2位【Raychell】折りたたみマウンテンバイク2618RR

『Raychell』のこちらのマウンテンバイクは、ブランドの代表作である「MTB-2618R」をシティライドに、より特化したデザインへリニューアルさせたマウンテンバイクです。「フロントリアサスペンション」に、シマノ製「18段変速ギア」を搭載し、高校生の通勤には十分すぎるほどの機能性を揃えているにもかかわらず、2万円を切るという抜群のコストパフォーマンスを発揮するマウンテンバイクです。

これならシティサイクルを買い替えるよりも断然お得です。

第1位【HUMMER】フルサスペンション AL-ATB2621Wsus

『HUMMER』のこちらのマウンテンバイクは、スリムな仕上がりながら、HUMMERのブランドロゴが目を惹くデザインが特徴で、前後にはダブルサスペンションを採用して地面からの衝撃をおさえ、マウンテンバイク用の太めのタイヤが快適な走りをサポートします。

さらにシマノ「21段変速ギア」を搭載しながら3万円を切る安さが魅力で、高校生にも手が届くおすすめのマウンテンバイクです。

女性はトップチューブが低いタイプ

近年は男性に限らず、女性でもマウンテンバイクを利用する方が増え続けており、今や男女を問わず移動の足として大活躍しています。そんな女性には、またぎやすいトップチューブが低いタイプがおすすめです。

女性にはスカートを履いたままでも乗れるマウンテンバイク

女性にはなぜトップチューブが低いマウンテンバイクがおすすめなのかというと、スカートを履いたままでも乗りやすくするためです。

マウンテンバイクは耐久性の関係でトップチューブを高くするのが一般的ですが、なかには女性にもまたぎやすいように、トップチューブ付近をカーブさせて低くしたデザインもあります。小柄でまたぎにくい、またはスカートを履いたままマウンテンバイクに乗りたいという女性には特におすすめのタイプと言えます。

女性におすすめのマウンテンバイクBEST3

第3位【CHEVROLET】WサスFD-MT26

『CHEVROLET』のWサスFD-MT26は、折りたたみ式26インチで、トップチューブが下がり気味になっているので女性にもまたぎやすいマウンテンバイクとして人気があります。さらに前後の「ダブルサスペンション機能」が地面からの衝撃を緩和させ、18段ギアを搭載し、女性でも楽に漕ぎだすことができます。

夜間や暗い場所でも安心の「リアリフレクター」も付いた、女性におすすめのマウンテンバイクです。

第2位【CAPTAIN STAG】 ダートキング26インチWサスATB330

『CAPTAIN STAG』のダートキング26インチWサスATB330は、小学生から乗れるほどサドルを下げることができる点が特徴です。

CAPTAIN STAG独自の「イージータッチデザイン」を採用したことでフレームサイズを33cmまで短くし、サドル座面の地上高を70cmまで低くすることに成功しました。そうすることで、股下約60cmから使用することができ、スカートを履いたままの女性でも安心して使うことができます。

また、前後に搭載された「ダブルサスペンション」が、地面からの衝撃を吸収してくれるので、女性におすすめのマウンテンバイクです。

第1位【21Technology】 MTB折りたたみ26X 1.95

『21Technology』のこちらの折りたたみ式マウンテンバイクは、トップチューブが下がっているため、小柄な女性やスカートを履いたままの女性にもまたぎやすいおすすめのマウンテンバイクです。

クイックレバーで女性でも簡単に折りたたむことが可能で、前後ダブルサスペンション付きでさらに「Vブレーキ」を採用しているので、抜群の制動力で雨の日などコンディションが悪い日でも安心して走行ができる女性におすすめのマウンテンバイクです。

お気に入りのマウンテンバイクを選ぼう

数あるマウンテンバイクの選び方のポイントは、どのようなマウンテンバイクを選べば良いかわからないときには、有名なメーカーから選ぶこと、そして街乗りをメインに選ぶならデザイン性を重視すること、高校生にはコスパに優れたマウンテンバイクを選ぶこと、そして女性はトップチューブが低いタイプを選ぶことです。

とにかくマウンテンバイクについて全く無知で、何を選べば良いのか全くわからないという方には、有名メーカーから選べば、デザイン性・機能性の面において大けがすることはありません。また舗装されたオンロードをメインにする街乗りに使うのであれば、機能性はそこそこに、デザイン性に優れたかっこいいマウンテンバイクを乗って注目を集めるのも良いですね。

資金的に乏しい高校生にとってマウンテンバイクは高級すぎるかもしれません。しかし機能性にこだわらなければ、シティサイクルよりも耐久性に優れた安いマウンテンバイクは見つかります。そしてスカートを履いたままの女性や小柄な女性には、またぎやすいように、トップチューブが低いタイプがおすすめです。

マウンテンバイクにはいろいろな楽しみ方があります。自分に合った使い方ができるマウンテンバイクを探して、快適にサイクリングを楽しみましょう。