11/13(水)11時~天皇杯第99回全日本サッカー選手権大会のチケット発売開始!決勝をこの目で見届けよう

2020年1月1日に国立競技場で天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権が行われます。決勝のチケットは2019年11月13日から販売開始です。この決勝は、6年ぶりにサッカーの聖地である国立競技場で行われることで注目されます。

新しく生まれ変わった国立競技場での天皇杯決勝戦

国立競技場

2020年の元旦に開催される第99回大会決勝は、令和になって初の天皇杯決勝で、2019年11月末完成予定の国立競技場で開催されます。

新しくなった国立競技場で初めてのスポーツ競技大会です。また、サッカーの聖地で決勝戦が行われるのが6年ぶりということが最大の注目ポイントとなっています。

天皇杯について

「天皇杯」とは、日本最強のサッカーチームを決める大会で、「日本プロサッカーリーグ(J1、J2、J3)」と「YBCルヴァンカップ(旧:ヤマザキナビスコカップ)」と並ぶ、日本サッカー界の国内3大タイトルのひとつです。

天皇杯に参加できるチーム

天皇杯参加チームはプロ・アマチュア問いません。一般と大学生が加盟している第1種加盟チームです。大正時代から続く歴史ある大会で、サッカーの聖地である国立競技場で決勝戦を目指して戦います。

99回目を迎える天皇杯の歴史

優勝カップ

天皇杯は1921年から開催されていて、今回で99回目を迎えます。天皇杯が始まったきっかけは、当時の英国大使館がイングランドサッカー協会(FA)が、日本にサッカーが普及するようにと純銀製の優勝カップを日本に寄贈したことです。

この優勝カップの寄贈を受けた日本は、全国規模のサッカー大会を主催するため、JFAを1921に発足させました。そして、その年に天皇杯の前身となる大会が開催されたのです。
 
初めての大会は「ア式全國優勝競技會」という大会名でした。その後、1947年開催の大会を昭和天皇がご観戦したことがきっかけで、1951年度の第31回大会から「天皇杯全日本サッカー選手権大会」と名称が変更され、「天皇杯」と呼ばれるようになりました。

1992年に日本にプロサッカーチームが誕生し、1993年にJリーグが開幕しました。天皇杯ではアマチュアチームがプロチームに勝利することもあり、弱者が強者を倒すという「ジャイアントキリング」が期待されるドラマティックな大会として、多くのファンに愛されています

2020年の元旦に熱いドラマが!

国立競技場での天皇杯決勝戦は、これまで数々のドラマや名勝負を生み出してきました。新しくなった国立競技場で、2020年のオリンピックイヤーに開催される決勝戦は必見ですよ。

決勝のスケジュールとチケット販売について

第98回天皇杯で優勝した浦和レッズ 浦和レッズ

第99回大会決勝
2020年1月1日(水)デーゲーム @国立競技場

チケット販売

販売日時:【先行販売/抽選制】
申込期間: 11月13日(水)11:00~11月19日(火)23:59
対象: 全席種
※チケットJFAでのみ受付します。(http://ticket.jfa.or.jp

【一般販売/先着順】
販売開始日時: 12月14日(土)10:00
対象: 指定席(SS・S・SA・SB)
自由席(一般・高校生・小中学生)
「ラウンジ付シート」・「テーブル付シート」
※各席種の詳細な情報は後日ご案内します。
https://www.jfa.jp/match/emperorscup_2019/ticket.html
「決勝」をご確認ください。

問い合わせ先:ハローダイヤル 03-5777-8600

引用:PRTIMES

参考:PRTIMES