卓球ラケットケース人気19選!世界にひとつだけのかわいいケースを手作りしてみよう

卓球にとって欠かせないラケットは、大事に保管しておきたいものです。ラケットケースに入っていることで、持ち運ぶ際もより安心できるでしょう。今回は、大切なラケットを保管しておくためのラケットケースを、各メーカーのおすすめ商品をご紹介します。卓球ラケットケースは手作りも可能なため、材料や作り方のポイントについても見てみましょう。

メーカー別卓球ラケットケース人気19選

各メーカーごとに、おすすめの卓球ラケットケースを見ていきましょう。価格や機能性、デザインなどに注目しながら商品を紹介していきます。気になるブランドや商品をぜひチェックしてみてくださいね。

バタフライ

『バタフライ』からは、数種類の卓球ラケットケースが登場しています。その中から厳選した5つのケースをご紹介しましょう。

スウィーブ・ケース

1,500円程度とリーズナブルな価格で購入できる“スウィーブ・ケース”は、子どもの手にも持ちやすいサイズ感になっています。レッド、ピンク、ゴールド、スカイと4色展開で、内側にはオープンタイプのポケットがひとつ付いています。

この春に発売されたばかりの新しい商品で、卓球ラケット2本と、40ミリボールが4個入る収納力の良さもポイントです。ケースには手首に通せるような紐もついているため、持ち運びにも便利でしょう。

厚めのポリエステル生地を使用していることから、中の卓球ラケットをしっかり保護することができます。

ポルティエ・ハードフルケース

卓球ラケットの型をとったようなケースが特徴的“ポルティエ・ハードフルケース”は、3,000円程度という価格帯で、ケースの内側にポケットがひとつ付いています。

ロゼ、ライム、ブルー、ブラックとはっきりしたカラーが揃っており、卓球ラケットケースで他と差をつけたいというときにもおすすめです。ケース本体には短めの紐がついているため、持ち運びも快適にできます。バッグの中に卓球ラケットを収納する際にも、丈夫なケースがあれば安心です。

メロワ・ケース

『バタフライ』の文字が正面に書いてある卓球ラケットケースで、レッド、ブルー、ライムの3色が展開されています。

卓球ラケット2本に40ミリボールが4個という収納力の良さが特徴です。プラスチックの中板付きのため、ケース内でラケットをしっかり固定することができます。近年発売されたケースと比べると、持ち手の紐がついていません。そのため、持ち運ぶ際には、注意が必要です。

メロワ・DXケース

一般的なメロワ・ケースと比べると、こちらの“メロワ・DXケース”はケース内側にポケットが4つ付いています。収納力の面で優れている卓球ラケットケースです。

カラーはブルーの一色のみとなりますが、ラケットのお手入れに使用するグッズなども収納することができるという点が大きな魅力となっています。丈夫な持ち手もついているため、落下予防にも安心です。

メロワ・フルケース

1,500円程度とお手頃価格で購入できる“メロワ・フルケース”は、卓球ラケットが1本収まるサイズとなっています。卓球ラケットだけを保管しておきたいというときには、ぴったりの商品でしょう。スポーツバッグの中で、卓球ラケットが傷つくこともありません。

ブルー、レッド、ライムの3色があり、男女問わず好みの色を選ぶことができます。ナイロン900デニールと厚めに作られているため、中の卓球ラケットをしっかり守ることができるでしょう。

ミズノ

日本のスポーツメーカーとして高く評価されている『ミズノ』からも、おすすめの卓球ラケットケースが登場しています。

ラケットケース

デザインにもこだわって卓球ラケットケースを選びたい人におすすめなのが、こちらのラケットケースです。

ネイビー×ブルー、ネイビー×ピンク、グレー×ピンクの3パターンがあり、平野美宇選手監修モデルとなっています。丸みを帯びた形が印象的なケースで、外側の模様をよく見ると猫が混じっていて可愛いですよ。

バッグの中でもかさばりにくく、コンパクトにラケットを収納することができます。持ち手の紐もついており、持ち運びにも便利です。

ラケットケース(1本入れ)

卓球ラケットが1本入るこちらのケースは、ブラック、ネイビー、ネイビー×ピンクの3色展開です。ミズノのロゴが正面にプリントされており、デザインも配色もスポーティーに仕上がっています。かっこいい卓球ラケットケースを探している人におすすめです。丈夫な持ち手の紐もついているため、バッグから取り出す場合にも快適でしょう。

卓球ラケットケース ミニドラムケース

一般的な卓球ラケットケースとしてはちょっと見た目が異なる『ミニドラムケース』は、小さなボストンバッグのようになっています。配色が可愛らしく、ライトグレー×ブルー、ブラック×ライム、ネイビー×ピンク、ローズピンク×ライトグレーの4パターン揃っています。

リュックサックやスポーツバッグなどに取り付けられるよう、金具がついているのもポイントです。取り外しも簡単にできるため、アクセサリー入れとして普段使いもできますよ。500円以内で購入できる手頃さも魅力となっています。

卓球ラケット ハードケース(2本入れ)

かっちりとした四角形で卓球ラケットをしっかり守ってくれる商品が、こちらの“ハードケース”です。ラケットが2本入るようになっており、安心して持ち運ぶことができます。

持ち手の紐も丈夫に取り付けられているため、長く愛用することができるでしょう。明るくはっきりとしたピンク色が、女性に人気となっています。

ニッタク

『ニッタク』からも、使いやすく魅力的な卓球ラケットケースが数多く登場しています。

ストリームケース

“ストリームケース”は光沢のある質感になっているケースで、卓球ラケットが2本収納できます。サックス、ブルー、レッド、ピンク、ブラックと5色展開になっており、多くの人に選ばれています。

幅は30cmとやや大きめになっていますが、初めての卓球ラケットケースにおすすめです。ケース内側には名前を書くスペースもあるため、子どもに持たせる際にも安心でしょう。ラケット2本にその他小物も収納できるスペースがある、使い勝手抜群のラケットケースです。

ストリームフル

“ストリームケース”とデザインは同じですが、こちらはラケットの形をしています。ラケット1本用になっており、2,000円以内とリーズナブルな価格で購入できます。

内側には名前を書くスペースがあり、子どもが卓球を始める際にもおすすめです。保護クッションが入っているため、しっかりとラケットを守ってくれますよ。

ストリームラウンド

“ストリームラウンド”は、卓球ラケットのブレード面をしっかり保護できるケースで、ラケット1本のブレード面のみをカバーできるケースとして扱いやすいです。保護クッションのおかげで、卓球ラケットを傷つけずに済むでしょう。

5色から好みの色を選ぶことができ、ひとつ持っていると気軽に活用できる卓球ラケットケースとなっています。

スマッシュラウンド

“スマッシュラウンド”は、卓球ラケットのブレード面のみを保護するためのケースです。“ストリームラウンド”とはややデザインが異なります。色味は同じ5色展開です。

内側の名前を書くスペースもしっかりとついており、部活動や試合のときにも無くさずに済むでしょう。カバーの取り外しがしやすい作りになっているので、子どもから大人までの多くの人におすすめです。

スマッシュケース

卓球ラケットが2本収納できる“スマッシュケース”は、幅が30cmと大きめです。ライトブルーやサックスなど全部で5色あり、好みの色を選ぶ楽しみもあるでしょう。

ラケットは2本収納でき、内側にはポケットも付いています。ボールやちょっとした小物も収納できるため、初めての卓球ラケットケースとしてもおすすめです。

ビクタス

卓球メーカーである『ビクタス』からも、様々なラケットケースが販売されています。

ロングランデールケース

マチの幅が4cmとスリムに仕上がっている“ロングランデールケース”は、バッグの中でかさばることなく、快適に持ち運びができます。黒を基調に、シンプルなデザインが幅広い世代に人気です。

持ち手の紐は付いておらず、代わりにジッパー部分のチャックが2つ付いています。簡易的な卓球ラケットケースを探しているという人には、満足してもらえる商品でしょう。

グランデールケース

“グランデールケース”は、小物をきちんと収納でき、卓球ラケットもしっかり保護できるケースとなっています。ケース外側の背面には大きめのポケットが付いているため、内側だけでなく外側にも小物を収納することが可能です。

青や赤、ピンク、黒と、シンプルな色合いが人気を集めています。卓球ラケット以外にも、いろいろと小物を収納しておきたいという人に満足してもらえるケースでしょう。

エアブレスケース

“エアブレスケース”は、卓球ラケットをしっかり固定しておくことができるラケットケースです。ケース内側には、メッシュ素材のポケットが付いており、小物を挟んでおくことが可能です。通気性の面にもこだわって作られており、外側は丈夫なハードケースになっています。

卓球ラケットが1本すっきりと収まるサイズ感で、普段使いにも便利でしょう。持ち手の紐もついており、安心して持ち運ぶことができます。

プリーレケース

収納力抜群、リーズナブルな価格で購入できるラケットケースが、“プリーレケース”です。卓球ラケットが1本、ボール2個、ゼッケンやハンドタオルなどの小物も十分収納できます。

このケースひとつで、卓球に必要な小物類を収納できますよ。バッグの中で小物が散乱することもなく、整理しやすいケースです。

ロンプリーレケース

P_11,卓球ラケットケース

・画像引用:VICTAS HP

卓球ラケット2本にゼッケンやハンドタオルなども収納できる、便利なラケットケースです。ラケットの型に沿った丸みのあるケースで、スポーツバッグの中でも収納しやすいです。収納力に対して厚みはできるだけ抑えてあるため、使い勝手も抜群です。

卓球ラケットケースを手作りしてかわいいものを持とう!

卓球ラケットケースは、多くのメーカーから様々な商品が販売されています。その中で、世界にひとつしかない手作り感のあるラケットケースを持ちたいという人もいるでしょう。意外と簡単に卓球ラケットケースは作れるため、材料を揃えて作ってみてくださいね。

材料はシンプルで作り方も簡単

卓球ラケットケースを作るときの材料はとてもシンプルで、作り方も簡単です。自分で作ることによって、自分好みのラケットケースを用意することができますよ。

【材料】

  • ジッパー
  • キルト芯
  • 接着のり

P_11_2,卓球ラケットケース

できれば、キルティング生地にしておくと適度な厚みを出すことができ、ラケットをしっかり保護することができるでしょう。ジッパーなどは手芸屋さんや100円ショップでも購入可能です。

接着のりなどは100均で揃う

卓球ラケットケースを手作りする際に欠かせない接着のりは、100均でも売っています。手作りに興味があり手軽にケースを作りたいというときは、まず100均に足を運んでみると良いでしょう。

今はいろんな100均があるので、生地やジッパーなども揃う場合がありますよ。100均でどんな道具が揃っているかを確認し、足りないものは手芸屋さんへ足を運んでみてくださいね。

お気に入りの卓球ラケットケースで卓球をもっと楽しもう

卓球ラケットは、専用のラケットケースにきちんと収納して持ち運ぶことで、より長持ちさせることができます。卓球ラケットを扱っているメーカーからも様々なラケットケースが登場しており、機能性や価格帯に注目しながら選ぶと良いでしょう。

また、ラケットケースは簡単に手作りすることも可能なので、お気に入りの布で作りたいというときは材料を揃えて手作りしてみましょう。ボールも収納できるように作っておくと、コンパクトな卓球セットに仕上がりますよ。