シマノの磯竿おすすめ5選!選ぶときは長さをしっかり見ておこう

釣り具メーカー『シマノ』の磯竿に興味を持っている方も多いでしょう。釣り具と言ったら『シマノ』というほど有名なメーカーです。今回は、『シマノ』のおすすめ磯竿をご紹介するとともに、選び方などもあわせてご説明します。

【シマノ】磯竿を選ぶときのポイント

いろいろな種類の磯竿

磯竿とは、地磯や沖磯などで魚を釣るときに使用する釣竿です。ここでは、『シマノ』の磯竿を選ぶときのポイントをご紹介します。

釣り方を決める

まずは「釣り方」を決めていきましょう。

ウキ釣りやサビキ釣りなどの軽い仕掛けを行いたい方は「1.5号前後」、泳がせや遠投カゴなどの大きな仕掛けを行いたい方は大きな負担に耐えられる「3号以上」が良いですよ。

自分が行いたい磯釣りはどのようなものなのか、きちんとイメージしてから選ぶことをおすすめします。

長さ

シマノの磯竿を選ぶときには、なるべく長さのあるものを選びましょう。磯釣りのポイントは、足場が悪く釣り人から遠く離れた場所が多いです。そのため、磯竿の先についた仕掛けをいかに遠くに投げられるかが重要視されます。

一般的に、磯竿の長さは「5〜5.5m」が良いとされています。先に述べたように長い磯竿を選ばないと、仕掛けを遠くまで投げられません。

堤防で魚を釣るときに使う通常の釣竿の長さは、およそ「4m」と短くなっています。これは、足場も安定していて仕掛けを遠くに投げる必要があまりないからです。

ルアーの種類

エサ釣りとルアー釣りの両方を満喫したい方は、『シマノ』の「ボーダレス(オリジナルモデル)」のロッドを選ぶと良いでしょう。基盤は磯竿なので、一般的なルアーロッドよりもしなやかに曲がります。

また、用途が絞れない、様々な釣りを楽しみたいという方は、使い勝手の良いロッドを選びましょう。

予算

シマノの磯竿は、安いものは8,000円から高いもので14万円と幅広く取り揃えられています。高価な磯竿ほど、しなりも滑らかで、魚とのやりとりも邪魔しません。

そして軽量で扱いやすいのも特徴です。魚とのやりとりを慎重に行わなければラインが切れてしまうような場面では、やはり高価な磯竿が優勢でしょう。

そのため、磯竿を選ぶときには性能重視で、多少高価な磯竿を選ばざるを得ないかもしれません。反対に、堤防で中型程度の魚を釣りたいという方は、リーズナブルな価格帯で選んでも良いですね。

【シマノ】磯竿おすすめ5選!

ここからは、『シマノ』のおすすめ磯竿を見ていきましょう。これから磯竿を購入予定の方は参考にしてください。

ラフィーネ

従来の「ラフィーネ」がフルモデルチェンジしたものです。

つぶれ剛性とねじり剛性を併せ持ったスパイラルXの竿と、強度がありつつも繊細でしなやかな動きができるタフテックαを搭載しています。

また、シマノオリジナル技術のXガイドが備え付けられています。Xガイドとは、ライントラブルを最低限に抑え、軽量さ、キャスト性能などを融合させている機能です。Xガイドがあることで、磯竿本来の機能が十二分に発揮できます。

スクリューシートは、シマノオリジナルスクリューシートになっており、手に合わせた形状で持ちやすく、きちんとリールを固定するメタルフードを採用しています。しっとりしたグリップにしたことで、さらに手元に安定感が生まれているのも嬉しい特徴ですね。

HOLIDAY ISO

過去にメガヒットした「HOLIDAY ISO(ホリデーイソ)」のフルモデルチェンジ版です。

カーボン素材を変更したことで、軽やかな操作が可能になり、幅広い方にとって使いやすい磯竿となりました。外装は本格的なクールデザインを使用しており、使うことにも持つことにも楽しさを感じる磯竿です。

ノーマルモデルでは、サビキ釣りなどやチョイ投げに最適な3mから、磯のハイクラスな魚にもチャレンジできる5m30cmまで幅広くラインナップされています。

そして、白塗り穂先と呼ばれるアオリイカモデルは、アジの泳ぎやイカの動きなどの感知能力にも優れている磯竿です。また、パイプシートを使用している遠投モデルはカゴサビキからマダイ、青物までの幅広い獲物を狙うことができます。

磯 遠投 AX

遠投ロッドとしてベストセラーだった「磯 遠投EV」がフルモデルチェンジし、「磯 遠投AX 3ー520PK」として登場しました。従来品からブランクスやガイド、リールシートなどを一新し、スパイラルXなどの最新技術を搭載したモデルとなります。

これまでの「投げる」というノウハウをぎゅっと詰め込んだ、遠投モデルのスタンダード品として販売されている磯竿です。

IG ハイスピード アペルト

高級感あふれるデザインにモデルチェンジした「IG ハイスピード アペルト」です。悪天候や夜間の視界の悪さなどに左右されずにコンディションに左右されにくいインナーガイドを搭載しています。このため、ビギナーでも使いやすいモデルと言えるでしょう。

また、ハイパーリペル処理が施されてライン放出性能も優れています。1.5号420〜5号ー520遠投まで幅広いラインナップで、多種多様なフィールドや釣法にフレキシブルに対応します。

そして、遠投モデル以外はすべてのピースを分解可能です。ご自身で簡単なメンテナンスもできるため、より長く初期性能を保つことができますよ。メカニックなお手入れが好きという方にもおすすめしたモデルです。

「IG ハイスピード アペルト」のアオリイカモデルでは、アタリの視認性を高めるための白塗り穂先を採用しています。

RAIARM GP

「RAIARM(ライアーム)」は、フルスペックなミドル級磯竿です。細仕掛けをカバーする粘りの胴調子や、爽快な操作性能などが癖になる1本です。

スパイラルX搭載で、細身で軽量かつ強度も併せ持っています。そしてタフテックα採用により、感度や安定感も備わっていますよ。最新の技術を凝縮させた磯竿ですので、初心者や磯釣りに慣れてきた方など多くの方が使いやすいモデルです。

上位モデルにも負けないほどの戦闘力を秘めている商品ですので、多少価格は上がりますが、ミドル級の磯竿でこれほどのハイスペックは他にはありません。

シマノの磯竿を使って釣りを楽しもう!

今回は、『シマノ』の磯竿についてご紹介してきました。釣りに特化したメーカーだからこそ、初心者から上級者まで幅広く愛されているブランドです。

『シマノ』の磯竿を選ぶときには「釣り方」「長さ」「ルアーの種類」「予算」のポイントを押さえながら選びましょう。

堤防や磯釣りの両方を楽しみたい方は、両方で使える磯竿がおすすめです。ぜひ、自分に合った磯竿を見つけて大人な休日を過ごしてくださいね。