チャコットのバレエレオタードおすすめ10選!スカート付き製品や選び方などご紹介

バレエの必須アイテム、バレエレオタード。体にピタッとフィットし、ボディラインもはっきり出てしまうので、着用することに抵抗ある方もいるでしょう。しかしバレエレオタードを着用することでバレエの上達も変わってきます。数あるバレエレオタードの中でも有名な『チャコット』を紹介していきます。ぜひはじめてのバレエレオタード選びの参考にしてみてくださいね。 

バレエレオタードの選び方

バレリーナ

バレエレオタードには、スタンダードなものからスカート付きなど、様々なデザインがあり、カラーも豊富です。通う教室によっては指定のレオタードを着用することもあります。

特に指定がない場合どのようなバレエレオタードを選べば良いのか気になりますよね。そのポイントを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ボディラインが分かるもの

体にピタッとフィットし、ボディラインがはっきり出てしまうバレエレオタードに、初めは抵抗のある方もいるでしょう。バレエには、足や腕の決められたポジションがあるので、その基本の動きを覚えることから始まります。

このボディラインがはっきり出るレオタードを着用すれば、姿勢や筋肉の動きが良く分かり、バレエの繊細でしなやかな動きを表現するのに最適です。この動きの確認ができなけばバレエの上達も遅れてしまいます。

始めは抵抗があるかもしれませんが、ボディラインがしっかり出るジャストサイズのものを選びましょう。また1枚で着回しが利き、袖付きのものであるとより良いでしょう。袖付きであれば二の腕をサポートしてくれるので、バランスよく見せることができます。

レオタードの色は濃い方がおすすめ

初めてのバレエレオタードでおすすめの色は黒です。スタンダードカラーであり、トップスやボトムスが増えた際の着回しにも便利です。黒であれば透ける心配もなく、カラー効果で体型をスリムに見せてくれます

ただ、黒のバレエレオタードを禁止している教室もあるので、通う教室にバレエレオタードのカラーの確認をしておくと良いでしょう。

1枚で便利なユニタードタイプを選ぶ

1枚で上下が繋がっているタイプのレオタードです。「ユニタード」と呼ばれ、1枚で着用することができるので、アンダーから下着が見えることもありません。

レギンスなどを着用することもありますが、ユニタードタイプであれば1枚のみで着用できます。デザイン的にもスタイリッシュでかっこいいので、見た目も上手そうに見えるのが嬉しいですね。

ハイネックタイプのレオタードで胸元を保護

バレエレオタードといえば、胸元が広く開いて露出が高い印象がありますが、ハイネックタイプのレオタードもあります。グラマーで胸元が強調されるのは苦手・・という方には、首から胸元にかけて隠れているレオタードがおすすめです。

ボディファンデーションでもある程度収まりますが、それでもストレッチや屈んだポーズのときなど、胸元があらわになって恥ずかしいという方はぜひお試しください。

首からデコルテ部分が隠れてしまうので、上半身の動きを確認する際には注意してくださいね。

【チャコット】バレエレオタードおすすめ10選!

『チャコット』は70年近くもの間、世界一流のアーティストから、本物であること、美しさを追求することを学んできました。その長い歴史のなかで、高い理想と技術力を培ってきました。

『チャコット』のバレエレオタードは、より良いフィット感を出すため、伸縮率の違うストレッチ素材を高度な技術で縫製しています。

フィット感だけでなく、デザイン性も素敵なものばかりで有名です。その数あるバレエレオタードのなかでも、特に初めての方におすすめのレオタードを紹介していきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

オーバーオールタイツ(つま先なし)

薄手のユニタードタイプのレオタードです。インナーのような薄さですが温かい着用感があり、ふんわりとボディラインにフィットしながらもスリムなラインを出します

タイツ素材なので軽く、よく伸び肌触りもいいので、レッスン時もとても快適です。今までになかったつま先がないタイプなので、着替えの際もとても楽ですよ。

丸首半袖レオタード(スムース)

シンプルで、ボディラインもスッキリ見せてくれるデザインのレオタードです。黒色なので透けることもなく袖もあるので、二の腕もきれいにサポートしてくれます。スムース素材なので着心地もソフトで優しい肌触りです。まさに初心者の方におすすめの一着です。

【THE BALLET】ハイネックレオタード

胸元のフロッキーチュールの透け感とデザインが素敵なハイネックレオタードです。ハイネックタイプのものですが、デコルテ部分をスッキリ見せることのできるデザインです。

胸元は3重仕立てになっているので透ける心配もありません。背中のデザインも大胆かつ上品なので、目を引きます。レッスン時に胸元が気になる方におすすめです。

【THE BALLET】ノーソーイングハイネックトップ

長袖タイプのハイネックトップです。首元の編地を緩くしてあるので、ネック部分が低くなり窮屈感がありません。サイドに紐が付いているとてもカジュアルなデザインも魅力的ですね。ニット編みのデザインも素敵で着心地も柔らかく人気の一着です。

【THE BALLET】スカート付レオタード

袖のレースと全体的に可愛いデザインのスカート付きレオタードです。これ1枚できれいなままレッスンを受けることができます

ソフトスムース素材で着心地も良く、可愛らしいデザインでテンションが上がる一着です。4色あり、それぞれ着用イメージも変わるので、その日の気分に合わせて着るのもいいですね。

【THE BALLET】パフスリーブレオタード

バッグスタイルのチュールリボンが可愛いレオタードです。えりぐりにゴムを通しした仕様になっているので、着用感の調整やゴムが古くなった場合でも交換が可能です。優しくふんわりとしたエレガントなデザインで、ストレッチが利き着やすいので、一着は持っていたいレオタードです。

【THE BALLET】キャミソールレオタード

着用しやすいプリンセスラインを活かしたデザインのキャミソールレオタードです。ベーシックなデザインなので着回しもしやすく、体の動きをしっかり見ることができます。生地も丈夫で着心地も良く、色味もとてもきれいです。

【THE BALLET】スカート付レオタード

肩の透け感と胸元の刺繍のデザインが素敵なスカート付きレオタードです。刺繍は見た目だけでなく、生地の裏側に肌があたっても気にならないように配慮されています

サラサラのスカートとノースリーブタイプのレオタードなので、ボディラインもきれいにスッキリ見せてくれます。

【ローザンヌ】キャミソールレオタード 0103

縦のプリンセスラインによりスッキリしたきれいなボディラインを演出してくれるキャミソールレオタードです。ハイレグスタイルなので足長効果もあります。

生地にはロイヤルスムース素材を使用しているので、しっかりしていて着心地も抜群です。ソフトなストレッチがレッスン時の動きにもピッタリと合わせてくれますよ。何枚でも持ちたくなると評判のレオタードです。

ボディファンデーション、カップ入付き(レギュラーカット)

衣装やレオタードの下に着用するインナーです。薄手で軽く、吸水性と速乾性を持っているので、着心地が抜群です。

薄手ですが、体にピタッとフィットし、上品な光沢があるのでレオタード着用時でも透けにくいです。芯糸には消臭効果もあるので、レッスン時の汗の臭いを軽減してくれます。とっても優れものインナーウェアで1着持っていると便利ですね。

【チャコット】のおしゃれなレオタードでレッスンの楽しさも倍増

数ある『チャコット』のレオタードのなかでも、厳選したものを紹介してきました。どれもデザイン性、機能性に富んでいて、バレエダンサーの動きや気持ちを理解して、機能的なものを取り入れて作られているものがほとんどです。

バレエを楽しみながら技術を上達させるためにも、バレエレオタードは重要なアイテムのひとつです。『チャコット』のバレエレオタードであれば、バレエダンサーの気持ちに寄り添ったレオタードばかりなので、気分も上がった状態でレッスンも楽しめるでしょう。

バレエレオタードを選ぶ際には、ぜひ『チャコット』も候補としていれてみてくださいね。

画像出典:チャコット