【2019年版】バッシュランキングおすすめTOP10!メンズ・レディース人気はナイキとアシックス?

バスケットシューズは、毎年のように新しいモデルが発売され、流行りのデザインや機能性もどんどん変化しています。今回は、2019年の最新バスケットシューズランキングをご紹介します。これからバスケットボールを始めようとしている方や、バスケットシューズの買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

バッシュの有名ブランドとそれぞれの特徴

様々なブランドからバスケットシューズが発売されていますが、有名ブランドとしては以下の6つが挙げられます。各ブランドによってフィット感や滑りにくさ、屈曲性や効果などがやや異なります。バスケットシューズを購入する前に、まずはそれぞれのブランドの特徴を知っておきましょう。

ナイキ

『ナイキ』は多くのNBAスター選手にも愛用されており、様々な選手のシグネチャーモデルが販売されています。“バスケットボールの神様”と呼ばれるマイケル・ジョーダンの“エア・ジョーダン”シリーズは、今でも高い人気を誇っており、バスケットボールをしている人であれば一度は履いてみたいと憧れるのではないでしょうか。

しかし、『ナイキ』のバスケットシューズは、欧米人の足に合わせて作られているため、靴幅がやや狭く、日本人の足には合わないことが多いと言われています。そのため、履き始めは靴擦れを起こしてしまうこともあるようです。

度々使用していけばだんだんと自分の足に合ってきますが、最初のはき心地は他のブランドに劣る可能性があるということを知っておきましょう。最初の履き心地にやや難があるものの、軽量感があり、クッション性も優れているため、機能面で優れているのは間違いないです。

アディダス

『アディダス』と聞くとサッカーのイメージが強いかもしれませんが、実はNBAの公式スポンサーになっています。そのため、NBAで活躍している様々な選手も、『アディダス』のバスケットシューズを愛用しています。

『アディダス』のシューズも、『ナイキ』のように軽量感とクッション性に定評がありますが、欧米人の足を基準として作られているため、履き始めは靴擦れを起こしてしまう可能性があります。足の小指が特に靴擦れを起こしやすいため、履いた時の感覚を入念にチェックしておきましょう。

アシックス

『アシックス』は日本発のブランドであるため、日本人の足にフィットするように作られています。フィット感では、もっとも日本人の足に合っているブランドといえるでしょう。足への負担が少ないことから、初級者から上級者まで幅広い層に人気があります。

このブランドのバスケットシューズは軽くてグリップ性能に優れ、しっかりと止まることができます。また、海外メーカーに比べると値段も手頃で、初めてのバスケットシューズを購入するのであればまずは『アシックス』を試すことをおすすめします。

ミズノ

『ミズノ』のバスケットシューズのポイントは、何と言っても“滑りにくさ”でしょう。『ミズノ』も日本のブランドであるため日本人の足にフィットし、履きやすさでは『アシックス』と同等の高いレベルを誇ります。グリップ性能が高く、初めての一足にもおすすめです。

ただ、『アシックス』も『ミズノ』も、海外ブランドに比べるとデザイン性が劣るという声があるのも確かです。かっこよさも機能性も捨て難いところですが、機能性を重視してバスケットシューズを選びたいのであれば、『ミズノ』も選択肢に入れておくと良いでしょう。

アンダーアーマー

『アンダーアーマー』は、NBAのスター選手であるステファン・カリーが履いていたことで一躍注目を集め、世界的に有名になったブランドです。このブランドのバスケットシューズの特徴は、とても軽いこと、そしてデザイン性が高いことにあります。

軽量シューズを愛用する人からは高い人気を誇っていますが、軽い素材を使用しているため耐久性にやや不安があり、つま先などが擦り切れやすいというデメリットもあるようです。

アンドワン

『アンドワン』は、アメリカ発のストリートバスケ用品ブランドです。とにかく派手で目立つデザインが多い傾向にあります。最近ではバスケットシューズとしてだけでなく、おしゃれアイテムとして着用されることもありますよ。

デザイン重視のイメージが強いブランドですが、NBAや日本のBリーグでも使用している選手がいますので、機能面で他のブランドより劣るということもありません。

自分に合ったバッシュはどう選ぶ?

バスケットボールは、プレー中にとても激しい動きを繰り返すため、シューズを注意深く選ぶ必要があります。きちんと自分の足に合ったシューズを選ぶことが、自分の能力を最大限に活かすことに繋がるのです。

単に「デザインがかっこいいから」という選び方ではなく、どのような点に注目してシューズを選ぶべきか正しく知っておきましょう。次は、シューズえらびのポイントについて詳しく説明していきます。

バッシュを選ぶときのポイント

BA_06_2,バッシュ ランキング

サイズ感をチェック

  • 1cm程度余裕のあるものを選ぶ
  • バスケットシューズは、自分の足のサイズよりも1cm程度余裕のあるサイズのものを選びましょう。バスケットボールは激しく動き回るスポーツのため、あまりにもぴったりなサイズのシューズを選んでしまうと、爪や小指などがシューズに当たって靴擦れを起こしてしまう可能性があるのです。

    逆に大きすぎるサイズを選んでしまうと、足がシューズの中で特定の居場所を確保することができず、思ったような動きができなくなってしまいます。自分の足のサイズがわからないという場合は、スポーツショップや靴屋などでしっかり計測してもらいましょう。自分に合ったシューズのサイズを知ることは、正しいバスケットシューズ選びの第一歩と言えます。

  • 立ち上がった時のフィット感も大事に

実際に履いてみたら、立ち上がって感触を確かめましょう。足に体重がかかると、座っている状態よりも少々足幅が広がります。立ち上がったときのフィット感はもちろんのこと、どこか違和感のあるところはないかどうか、2、3歩歩いてチェックしてみてください。

少しでも違和感を感じたら、プレーをするときにトラブルに繋がる可能性がありますので、デザインが気に入ったとしてもやめておいた方が良いでしょう。

また、立った状態で少しだけかかとを浮かせてチェックするのも忘れないようにしてください。かかとを少し浮かせたときに、靴底が足の裏にくっついていれば、そのシューズは自分の足にフィットしていると言えます。フィット感は厳密にチェックして、怪我などのトラブルを未然に防ぎましょう。

動作に対する耐久性をチェック

プレー中の急なストップや加速する動作に耐える靴底の屈曲性、滑りにくさのチェックもバスケットシューズ選びには欠かせません。屈曲性の高いシューズは、加速する瞬間に最大限のスピードを出しやすくなります。また、滑りにくいバスケットシューズを選ぶことは、ディフェンス力の向上などにつながります。

初心者は怪我のしにくさも考慮して

初心者の場合は、“怪我のしにくさ”にも注意してバスケットシューズを選びましょう。初心者プレイヤーの中で、一番多い怪我は捻挫だと言われています。これは、バスケットボール特有の激しい攻守の切り替えに足がついていかず、足首に大きな負担がかかることが原因とされています。

バスケットシューズには“ハイカット”と“ローカット”があり、初心者にはハイカットのバスケットシューズがおすすめです。ハイカットのバスケットシューズは、ローカットに比べて足首をしっかりと固定してくれます。そのため、上下運動や左右の激しい動きに安定感が出て、足首をしっかりと守ってくれるでしょう。

ポジションに合わせたバッシュ選びのポイント

バスケットボールのポジションは、一般的にガード、ジューテングガード、スモールフォワード、パワーフォワード、センターの5つに分類されます。それぞれのポジションでは、プレースタイルや重心がかかる位置が大きく変わってきます。自分のポジションを考慮して、必要な機能を備えたバスケットシューズを選ぶこともとても重要です。

  • ガード・シューティングガード・スモールフォワード
  • ガードとスモールフォワードのポジションの選手は、オフェンスではパス回しをして攻撃を仕掛け、ディフェンスでは相手のガードやスモールフォワードをマークするため、運動量が非常に多くなります。そのため、走り回るこれらのポジションの選手には、軽いシューズがおすすめです。

    数値の上ではシューズの重さの違いはわずかに見えますが、そのわずかな違いがゲームの後半を大きく左右するのです。軽いシューズの方が、明らかに疲労度が少なくなると言われています。

    また、攻守の切り替えが激しいため、瞬発力を活かすために屈曲性にも注目して選びましょう。屈曲性の高いシューズは、動きの切り替えをスムーズにし、相手の動きに遅れずについていくスキルをサポートします。

  • パワーフォワード・センター

パワーフォワードやセンターは、リバウンドやゴール下で激しくぶつかり合いながらボールを奪い、ゴールを決めなくてはいけません。そのため、瞬発力よりも、安定感や着地した際の足の負担軽減に注目してシューズを選ぶことが大切です。

クッション性の高いシューズは足の負担を軽減し、怪我の予防にもつながります。足裏が硬めで安定感のあるフラットなバスケットシューズが、これらのポジションに合っていると言えるでしょう。

おすすめバッシュランキングTOP10<メンズ>

10位【ナイキ】バスケットシューズレブロン ウィットネスII EP

クッション性を求めるプレイヤーにおすすめの一足です。NBAのスパースターとして知られている、レブロン・ジェームスのシグネチャーモデルとして『ナイキ』が発売しました。

ダンクシュートやシュートブロック、接触プレーなど、激しいゴール下の攻防を得意とするレブロン選手のために開発されたシューズのため、クッション性が抜群です。センターやパワーフォワードのポジションの選手は、ぜひこの一足をチェックしてみてください。高い反発力を感じさせながらも軽量で、動きやすさにも定評があります。

9位【アンドワン】バスケットシューズTAI CHI LX

『アンドワン』のシューズは、カラーリングが印象的で、コートの中でも目立つでしょう。ソールにはグリップ性の高いヘリボーン・パターン、ミッドソールにはクッション性の高いEVA素材を使用しています。

機能面でも充実しているため、パワフルなプレーを存分にサポートしてくれるでしょう。個性的な一足が欲しいという人は、迷わずこのバスケットシューズを手にとってみてくださいね。

8位【ナイキ】バスケットシューズレブロン 16 LOW

このシューズも、人気プレイヤーのレブロン・ジェームスのシグネチャーモデルであり、新しい上位モデルシューズとして発売されました。『ナイキ』ならではのクッショニングテクノロジーを搭載し、機能面でもとても充実しています。かかと部分に施された迷彩柄が印象的で、デザインにもこだわりたい人におすすめです。

7位【アディダス】バスケットシューズSPG DRIVE

このバスケットシューズに名付けられた“SPG”とは、“スコアリング・ポイントガード”のことを意味します。つまり、チームを引っ張る司令塔でありながら、得点も自ら稼ぐポイントガードのために設計されたシューズなのです。運動量の多いポイントガードに合わせた高いグリップ性能で、どの方向に踏み出してもしっかりとコートを捉えてくれますよ。

また、アッパー部分はメッシュ素材のため通気性と柔軟性に優れ、フィット感もあるため足の動きを妨げません。『アディダス』のテクノロジーが凝縮したこの一足は、ガードの選手にぜひ試して欲しいシューズです。

6位【ミズノ】バスケットシューズウエーブリアル スーパーライト

このシューズは、『ミズノ』史上もっとも軽量のシューズとして知られています。とても軽いため動きやすく、後半でもしっかりと走りきることができますよ。運動量の多いガードや、パス回しからのカットイン、外角のシュートまで担うオールラウンダーの選手にもおすすめのシューズです。国産ブランドのためフィット感も高く、パワフルにプレーをサポートしてくれる一足です。

5位【アンダーアーマー】バスケットシューズクラッチフィットニホン

基本的には海外ブランドのバスケットシューズは、欧米人の足に合わせて設計されていますが、このシューズは『アンダーアーマー』が日本人向けに作ったモデルです。日本人は欧米人に比べて体格が小さいため、パワーよりも機敏さで欧米人に勝負する傾向があります。

その場合、シューズのグリップ性がとても重要となります。そのため、このシューズは高いグリップ性を発揮することに重点を置いて開発されているのです。ガードやフォワードのプレイヤーにおすすめの一足と言えるでしょう。

日本人に合わせて開発された商品ではありますが、やはり日本ブランドのシューズに比べるとやや横幅が狭いという声もあるため、普段よりワンサイズ大きめのものを試してみると良いかもしれません。

4位【ナイキ】バスケットシューズエア ジョーダン 33 PF

『ナイキ』の大人気モデル“エア・ジョーダン”シリーズの新モデルです。画期的な開閉構造が、パワフルなジャンプの後の着地でもしっかりと足を固定して守ります。フラットな靴底でしっかりとパワーを足裏まで伝えるため、ゴール下のポジション争いにも安定して挑むことができるでしょう。

機能性の充実はもちろんのこと、足裏のデザインにまでこだわり抜かれたこのバスケットシューズは、センターやパワーフォワードの選手にはぜひおすすめしたい一足です。

3位【アシックス】バスケットシューズ LYTE NOVA

足入れの柔らかいメッシュアッパーが、しっかりと足にフィットするとともに、通気性をキープしてムレを防ぎます。『アシックス』特有のクッション性の高さなど高機能はもちろんのこと、シンプルながらスタイリッシュなデザインで、かっこよさにもこだわりたい人におすすめです。カラーバリエーションも豊富なため、好みの色をぜひ試してみてくださいね。

2位【ナイキ】バスケットシューズカイリー 5 EP

『ナイキ』からNBAのスター選手である、カイリー・アービングのシグネチャーモデルが発売されました。アウトソールの曲線に馴染む、新技術のクッショニングテクノロジーを搭載しており、どんな角度からでも素早い攻撃を仕掛けやすいデザインになっています。カラーバリエーションも豊富で、機能性だけでなくデザインの遊び心にも注目したい人におすすめです。

1位【アシックス】バスケットシューズGelhoop V 10

『アシックス』のシューズはやはりフィット感が高く、初級者にも上級者にも履きやすいという点からこのバスケットシューズが1位と言えます。足に負担がかかりにくいことや、靴擦れを起こしにくいことはプレー中に非常に重要であり、このシューズであればストレスなくプレーに集中することができるでしょう。

クッション性にも優れており、粘りつくようなNCラバーをソールに使用しているため、グリップ性能が高く、どんな動きにも負けません。シューズ選びに悩んでなかなか決められないのであれば、まずはこのゲルフープを履いてみましょう。

おすすめのバッシュランキングTOP10<レディース>

10位【ミズノ】バスケットシューズ ルーキー BB4

こちらの『ミズノ』のシューズは、履き口の素材がとても柔らかく、足全体を怪我から守るとともに、足への衝撃を分散するEVAミッドソールを採用しています。また、ソール部分は屈曲性が高く、素早い切り替えやスピードアップにもしっかりと対応しますよ。スタンダードな機能をしっかりと備えたシューズですので、これからバスケットボールを始める人にとてもおすすめです。

9位【アシックス】バスケットシューズGELBURST22 GE

こちらの『アシックス』のシューズは、アッパー部分に採用されたメッシュ素材で伸縮性に優れています。もちろん通気性も抜群で、不快感なくプレーに集中することができるでしょう。コートとの摩擦が心配なつま先部分には補強を配置し、毎日のハードな練習の繰り返しにもしっかりと耐える強さを備えています。

GELBURSTシリーズの特徴とも言える外付けの樹脂製ヒールカウンターもしっかりと搭載し、プレー時のかかとのブレを防いでくれるでしょう。

8位【ミズノ】バスケットシューズ ウエーブプライドBB3

シューズの側面に『ミズノ』特有の波型のプレートを埋め込むことで、安定性とクッション性をを両立したバスケットシューズです。ソール内の温度と湿度を下げる通気システムを採用しているため、長時間の着用でもムレを防ぎ、快適なプレーをサポートします。

カラフルなカラーコンビネーションが可愛らしく、女性らしいデザインのバスケットシューズを購入したいと考えている人のおすすめです。

7位【アシックス】バスケットシューズ LADY GELFLASH5

女性の足の形を研究して設計されており、足の保護機能が強化された『アシックス』のシューズです。靴底の中央部分に樹脂パーツを採用してフットワークの安定性を高め、母趾球部や土踏まずへの負担を分散します。

足首の周りには大型のスポンジを設置するとともに、アッパー素材に柔らかい人工皮革を使用し、フィット性を最大限に発揮するようデザインされたレディス用シューズです。

6位【アシックス】バスケットシューズGELSCOOP TBF313

『アシックス』ならではの設計で、足にしっかりとフィットします。個性が引き立つクールなデザインと、充実した機能性を兼ね備えています。ベロ部とアッパー部を一体化させて足をしっかりと包み込む形状に仕上げた“モノソック”構造を搭載し、柔らかな履き心地と高いフィット性を実現したシューズです。

5位【アシックス】バスケットシューズGELHOOP V 10

メンズバスケットシューズでもランクインした『アシックス』の“GELHOOP V10”です。ユニセックスモデルとして販売されており、女性にも負担がかからない軽さは、パワフルなプレーをしっかりとサポートしてくれます。

男性に比べて女性は筋肉が少ない傾向がありますが、このシューズはクッション性に優れているため、足への衝撃を減らして筋肉の少ない女性の足もしっかりと守ります。

4位【ミズノ】バスケットシューズウエーブリアルBB7

こちらの『ミズノ』のシューズは、クッション性とフィット感が高いインソールに耐久性をプラスし、毎日のハードな練習もしっかりとサポートします。屈曲性の高いソールでスピードが出やすく、瞬発力が必要なガードやスモールフォワードのポジションの選手におすすめの一足です。

3位【ナイキ】バスケットシューズジョーダン “Why Not?” Zer0.2

オールホワイトのシンプルな見た目にもかかわらず、充実した機能性がどんなプレーも効果的にサポートしてくれる『ナイキ』のシューズです。靴底の屈曲性が高く、スピードが出しやすいため、運動量の多いガードのポジションにもおすすめです。

調和の取れた機能でバランスがよく、どんなポジションのプレイヤーにも使いやすいため、まだポジションが定まっていないという選手にもぜひチェックしてもらいたい一足です。

2位【アディダス】PRO BOUNCE 2018

『アディダス』のシューズは、あらゆるプレースタイルに対応し、初心者から上級者まで使用できると言っても過言ではありません。高パフォーマンスなミッドカットモデルのシューズは、通気性の高いテキスタイルアッパーが軽さとサポート性をもたらし、しっかりと足首を固定します。クッション性が高く、ピボットやカットの動きに対しても素早く対応できる一足です。

1位【アシックス】バスケットシューズLady GELFAIRY 8

動きやすさと足の負担軽減を両立した『アシックス』のシューズです。女性に適したフィット性とサポート力を追求し、アウターソールに配置されたダッシュグルーヴが鋭い蹴り出しやスピードを最大限に発揮します。ムレを軽減するマジックベンチレーションや、消臭・吸汗速乾機能を備えた素材を使用した中敷を採用し、手入れしやすく汗のニオイもしっかりと防ぎます。

お気に入りの一足でパワフルなプレーを

今回は、2019年版おすすめのバスケットシューズランキングについてご紹介しました。自分に適したバスケットシューズ選びは、自分の能力を最大限に引き出すことにつながります。自分の足に馴染む一足を購入して、パワフルなプレーを楽しみましょう。