シューダスターおすすめランキングTOP3!バスケットボールをする際はバッシュをきれいに保とう

バスケットボールをするうえで気をつけなければならないのが、ほこり・ゴミなどです。ほこりやゴミがバッシュに付着すると、パフォーマンスを落とすだけでなく、ケガのリスクも高まります。まさに競技の天敵と言えるほこりを除去してくれるアイテムが「シューダスター」です。今回は室内競技の必須アイテムであるシューダスターについてご紹介します。

バスケットボールの便利アイテム「シューダスター」とは?

バッシュについた汚れを落とすアイテムを、「シューダスター」と言います。粘着性があるシートをバッシュで踏むことで汚れを落とし、快適な状態にすることができます。

チームによってはシューダスターの代用品として濡れた雑巾を使用する場合もありますが、これは一時的な効果はあっても、長時間継続するものではありません。さらに過剰な水分がついていると体育館のワックスと反応して滑るリスクがあります。

雑巾で代用するのではなく、シューダスターをきちんと使用することが、パフォーマンス向上のカギとなりますよ。

バスケットボールシューズ 男

使用方法

置き場所は、体育館の中でも比較的多くの選手が利用しやすいところが好ましいです。例えば、水分補給ができるボトルが置かれている場所や集合などで集まりやすいコーチのそばなどです。

使用していて粘着性が落ちてきたときが、取り替えのタイミングです。中央部分は多くの選手が使用して劣化しやすいので、端の部分もうまく使うと長持ちします。使用中は常にキレイな状態にしておく必要はないので、1日のうちに何枚も取り替える必要はありません。

なお、プレー中にがすべってしまう原因は、ほこり・ゴミ・乾燥・ワックスなどです。体育館は共用スペースとして使われる場合が多いので、その体育館の管理や他の使用者によっても、体育館の状況は大きく変わっていきます。

バッシュのケアも大事ですが、ますは可能な限り滑らない環境づくりをしましょう。使用前・後には丁寧にモップをかけることは、大切なマナーのひとつですね。

効果

グリップ性能の向上

バッシュが滑ってしまうと、思ったようなステップや足運びをすることができなくなります。そうすると相手を抜く際にはトップスピードに乗ることができず、相手からゴールを守るときには相手についていくことが不可能となります。

また滑りやすいバッシュは足に余分なチカラを消費させるため、体力の消耗も激しくなります。

そこでシューダスターを使用すれば、バッシュをクリーンな状態に保ち、いつも新品のようなキレ味を体感できます。

ポジションによっては程良いすべりがあった方が良い場合もありますが、足の親指・小指のエッジ部分には、やはりグリップ力が欲しいところです。

特に、日本はアメリカなどの海外とは異なり、空中戦ではなく地上で戦うプレースタイルが主流です。ドリブル・ドライブ・ターンなどの激しい動きに対応するためには、シューダスターでバッシュの底をきれいに保つことが不可欠です。

ケガのリスク回避

シューダスターは、プレー中のケガを防止することにも役立ちます。

バスケットボールの中で最も多いケガが足首の捻挫であり、その原因のひとつがバッシュのスリップです。

バッシュが滑るということは、脚の制御が効かないということです。脚が滑ることでカラダの制限可動域を超えて、足首の靱帯を損傷してしまいます。もしもグリップ性が良く、脚がすべらなければ、自分の意志通りに動かすことができたでしょう。

足首のケガは癖になりやすいと言われており、靱帯は一度伸ばしてしまうと手術をしない限り治ることがありません。また、滑りやすいバッシュは、ケガから復帰しても痛みへの不安や再発のリスクが高まるばかりです。

ケガがなく気持ち良くプレーするために、シューダスターを活用しましょう。

バッシュの劣化防止

バッシュについたゴミなどは、裏面のラバーの劣化を早め、かかとの擦り減りも促進させます。バッシュのグリップ力を長持ちさせるには、使用後に必ずケアをしましょう。

靴を脱ぐ直前には、シューダスターでゴミを落としてください。また、家に帰った後に雑巾・タオルなどで埃などを取り除き、なるべく汚れがつきにくい場所で保管することが大切です。

なおバッシュの寿命は、1〜2年ほどです。ただし、アスリートや学生の場合は毎日のように使用するため、グリップ力の消耗が早く、足のサイズも大きくなるので、半年に一回は買い替えることをおすすめします。

シューダスターおすすめランキングTOP3

【モルテン】シューダスターシートセット

様々な室内競技の商品が有名な『モルテン』の商品です。シューダスターシートが、靴についたゴミ・埃などを絡めとり快適なプレーを実現させます。

なお、シューダスターシートだけでは使用しづらいため、シューダスターボードとケースを併せて購入するのがおすすめです。

【ミカサ】めくり式靴底クリーナー

『ミカサ』の靴底をキレイに保つシューダスターです。粘着力がなくなるまで使用可能であり、なくなったときにはシートをめくって新しいものにできるタイプです。

シートが30枚入っているので、長期間に渡って使用できます。これだけあれば他の付属品を買う必要がないので、持ち運びも簡単です。

【アシックス】室内バッシュ用ソールクリーンシートセット

室内バッシュの人気メーカーとして知られている『アシックス』のシューダスターです。今回紹介する商品はすべて同じですが、シートが不要になった場合、1枚ずつ剥がせるように作られているので、バッシュを常に清潔に保つことができますよ。

強力な粘着性がゴミをしっかりと取り、スリップなどによるケガの危険を軽減します。

その他のバッシュクリーナー

【モルテン】体育館用シューズ滑り止め

『モルテン』より出されている、ハンドスプレータイプのシューズクリーナーです。バッシュの裏に直接吹きかけることで滑りにくくし、その後にキレイな雑巾などで靴裏を拭けば、ゴミなども取り除くことができます。

【ミカサ】体育館用すべり止めシューズクリーナー

『ミカサ』が発売する、ムースタイプのシューズクリーナーです。バッシュの裏にスプレーした後キレイにふき取ることで、体育館のワックスやゴミなどを取り除くことができます。

バスケットボール以外のシューズにも使用できる、マルチタイプの商品です。

一瞬で最高のプレーをするために細かいケアを行おう

シューダスターを使用することで多くのメリットが生まれ、パフォーマンスをすばやく向上させることができます。

グリップ性が上がることでプレーにキレが生まれることも大事ですが、ケガをしないということも選手にとって重要なポイントです。安定したプレーを長時間できるという点も、選手として求められる部分ではないでしょうか。

バッシュのケアというのは、正直面倒だという人が大半の意見かと思います。長時間のハードな練習後、さらに手を動かすことは、選手にとって辛いことです。しかし、そのときの一手間をすることによって、次回以降のあなたのパフォーマンス・成長スピードは大きく変わってくるでしょう。

他の人の差をつける部分は、ポテンシャルだけではありません。道具を大切する堅実な行動が、身に着けたギアの性能を最大限に引き出し、次のステージへとあなたを導くかもしれません。