バレーボールシューズおすすめ24選!ポジション・初心者・レディース・ジュニアで違う選び方

バレーボールシューズを選ぶとき、どんなことに気をつけて選べば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。今回は、シューズ選びのポイントとおすすめシューズについてご紹介していきますので、バレーボールシューズを新しく購入しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

バレーボールシューズの2大メーカー

バレーボールシューズの2大メーカーと言えば、『アシックス』と『ミズノ』です。デサントやナイキなどからも発売されていますが、バレーボーラーの大半はアシックスかミズノのシューズを着用しています。アシックスとミズノのバレーボールシューズには、それぞれ次のような特徴があります。

アシックス

V_01_5,バレーボール シューズ おすすめ

『アシックス』は、全日本男子バレーボールチームのオフィシャルサプライヤーとしても知られているメーカーで、ラインナップが豊富なのが特徴です。色や形は様々ですが、全体的にシンプルで落ち着いたデザインのシューズが多い印象です。

ただし、最近ではカラフルで目立つデザインのシューズも増えてきました。サイズの大きいシューズ(30cm以上)も、ミズノより多くの種類があります。

ミズノ

V_01_4,バレーボール シューズ おすすめ

『ミズノ』は、全日本女子バレーボールチームのオフィシャルサプライヤーとしても知られているメーカーです。鮮やかで人目を惹く色のシューズも比較的多くラインナップされているうえ、全体的にデザイン性の高いおしゃれなシューズが多いのが特徴です。足元から目立たせたい人や、周りとは違うデザインのシューズを探しているという人にはおすすめです。

バレーボールシューズのタイプ

ミドルカットかローカットかという点は、人によってはこだわりが出てくるポイントです。また、バレーボールシューズはほとんどが紐で結ぶタイプですが、なかにはマジックテープタイプのものもあります。それぞれの特徴を知って、シューズ選びの参考にしましょう。

ミドルカット/ローカット

ミドルカットの特徴

ミドルカットとは、足首まで生地が覆ってくれるタイプのシューズです。

足首がしっかりと固定されるので、捻挫などの怪我をしにくいというメリットがあります。着地時の衝撃吸収も、ミドルカットの方が優れています。ブロックを多く飛ぶミドルブロッカーや、アタックの回数が多いウイングスパイカーにおすすめのシューズと言えます。

デメリットとしては、足首がホールドされることによって、素早い動き(とくに横移動)に対応しにくいことが挙げられます。セッターやリベロなど、俊敏な動きを求められるポジションには向かないシューズです。

また、ローカットに比べるとシューズ自体に重さがあるため、疲れやすさや動きにくさを感じる人もいるようです。ただし、シューズの重さに関しては個人の感覚によるところが大きいため、それまで気にする必要はないでしょう。

ローカットの特徴

ローカットとは、くるぶしあたりまでしか覆われていないタイプのシューズです。バレーボーラーの多くは、このローカットタイプのシューズを着用しています。

ミドルカットと違って足首が固定されていないため、素早く動けるというメリットがあります。とくに、横方向への移動に関しては、ミドルカットよりもはるかに動きやすいです。また、シューズ自体の重量もミドルカットより軽いため、初心者や女性にもおすすめです。

ただし、固定されていない分、足首への負担はかかりやすくなります。また、ミドルカットに比べてソールが薄いため、着地時の衝撃が相対的に大きくなってしまうことも、デメリットとして知っておきましょう。

V_01_3,バレーボール シューズ おすすめ

紐/マジックテープ

紐タイプの特徴

紐タイプの一番のメリットは、足がしっかりとシューズに固定されることです。足とシューズの一体感は、パフォーマンスにも影響する重要な要素のため、足のホールド具合を細かく調整できるのは紐タイプの良いところと言えるでしょう。

また、バレーボールシューズの大半は紐で結ぶタイプなので、豊富な色・デザインの中からシューズを選ぶことができるのも魅力です。

着脱に少々時間がかかることはデメリットかもしれませんが、そこまで気にならないという人がほとんどでしょう。

マジックテープタイプの特徴

マジックテープタイプは、時間をかけずにラクに着脱できることが最大のメリットです。テープを留めるだけでいいので、紐を結ぶのが手間、結んでいる時間すら惜しいという人にはいいかもしれませんね。

ただし、マジックテープが劣化してくると、だんだんと緩んできてしまう可能性がある点はデメリットと言えます。

シューズを選ぶときの最重要ポイントとは?

バレーボールシューズを選ぶときには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。もっとも重要視すべきポイントと、失敗しがちな選び方について説明していきます。

V_01_2,バレーボール シューズ おすすめ

自分の足にフィットしているかどうか

バレーボールシューズを選ぶ基準としてもっとも重要なのは、足へのフィット感です。自分の足にしっかりフィットするシューズを選ぶことは、バレーボール上達の基本と言えます。

足に合わないシューズを履いていると、パフォーマンスにも悪影響を及ぼしてしまうため、フィット感(サイズ感)に関しては、決して妥協しないようにしましょう。

自分の足にぴったり合うシューズを見つけるためにも、必ず左右両方の足で履いてサイズ感を確かめるようにしましょう。座った状態や立った状態での履き心地だけではなく、可能であれば、軽くジャンプしたり屈伸をするなどして、動いた際の履き心地も最低限確かめておきたいところです。

また、朝よりも夕方の方が若干足のサイズが大きくなるので、試着は夕方に行なうことをおすすめします。かかとからつま先までの長さはもちろん、足の幅や足の甲の高さなどのチェックも忘れずに行ないましょう。

こんな選び方はNG!

「ちょっとサイズが合わないけど、デザインが気に入ったからこれにしよう」「どのシューズが良いのか分からないから、とりあえず一番安いものにしよう」というような選び方はやめましょう。

足へのフィット感は一番妥協してはいけないポイントですし、バレーボールの経験年数やポジションによっても、シューズに求める性能は異なります。それらをしっかりと理解したうえで、バレーボールシューズを選ぶようにしましょう。

ウイングスパイカーにおすすめのバレーボールシューズ4選!

アタックの打数が多いうえに、レセプション(サーブレシーブ)やディグ(スパイクレシーブ)においても中心的な役割を担うのがウイングスパイカーです。縦横・上下の全方向の動きに対応できる、グリップ性やクッション性に優れたシューズがおすすめです。

【アシックス】V-SWIFT FF

クッション性・グリップ性・反発性に優れ、なおかつ軽量なのが魅力の『アシックス』のシューズです。運動時にねじれやすい中足部が補強されているため、多方向への激しい動きにおいても安定したフットワークを生み出すことが可能です。スピードやテクニックを兼ね備えた、オールラウンダータイプのウイングスパイカーにおすすめのシューズです。

【アシックス】NETBURNER BALLISTIC FF

強烈なアタックで相手ブロックを突き破るパワータイプのウイングスパイカーには、クッション性にとくに優れたこちらの『アシックス』から発売されているシューズがおすすめです。

【アシックス】NETBURNER BALLISTIC FF MT

『アシックス』のNETBURNER BALLISTIC FFのミドルカットモデルです。パワースパイカーの場合は、アタック打数もより多くなるので、足首の怪我が心配という人はこちらのミドルカットタイプを選ぶと良いでしょう。

【ミズノ】ウエーブライトニング Z5

軽量ながら、クッション性・グリップ性、そしてフィット性の良さを追求した『ミズノ』のシューズです。親指部分まで巻き上げられたラバーが、素早い蹴り出し時にも強力なグリップ性を発揮し、俊敏な動きをサポートします。

バレーボールシューズでは初となるエンジニアドメッシュを採用しており、激しいプレーにおいてもより良いフィット感を実現しています。攻守ともにチームの柱となるタイプのウイングスパイカーにおすすめのシューズです。

ミドルブロッカーにおすすめのバレーボールシューズ3選!

現代のバレーボールでは、ブロックがどれだけ機能するかが勝敗を左右することも珍しくありません。そのブロックの要となるのが、ミドルブロッカーです。

ブロックの中核を担う分、ジャンプ回数も多くなるうえ、ネット際での素早い横移動や、ブロック後にスパイクに入るなどといった急激な方向転換も多くなるポジションです。

そのため、着地時の衝撃を和らげてくれるクッション性に優れているかどうか、グリップ性が高く俊敏に動きやすいかどうかに着目してシューズを選ぶと良いでしょう。怪我のリスクが心配な人は、ローカットタイプよりもミドルカットタイプを検討してみてください。

【アシックス】VOLLEY ELITE FF MT

柳田将洋選手が着用していた実績のある、『アシックス』から発売のモデルになります。クッション性・グリップ性に優れ、蹴り出しの力を効率良くコートに伝えることで、素早い動きをサポートします。軽量性と反発性も兼ね備えており、ジャンプ回数の多いミドルブロッカーにはぴったりのシューズと言えます。全日本で活躍している選手と同じシューズを着用することで、練習のモチベーションアップにも繋がるでしょう。

【アシックス】NETBURNER BALLISTIC FF MT

クッション性に優れたこちらの『アシックス』のシューズは、ウイングスパイカーだけではなく、ミドルブロッカーにもおすすめです。クッション性を維持しつつ、軽量で反発性もあるので、俊敏で激しい動きを求められるポジションにはぴったりのシューズと言えます。

【ミズノ】ウエーブモーメンタム MID

こちらの『ミズノ』から発売のシューズは、ブロックやアタックなどでジャンプをすることが多いプレイヤーに向けたモデルで、クッション性や反発性に優れています。さらに、フラットソールを採用してコートとの接地面を大きくしているため、グリップ性も高くなっています。前足部が張り出しているため、ジャンプ時に左右にブレにくいのも特徴です。デザインもおしゃれな一足です。

セッターにおすすめのバレーボールシューズ3選!

アタッカーへ正確なトスを上げて、攻撃を組み立てるのがセッターの役割です。たとえレシーブが乱れたとしても、素早くボール下に移動し、アタッカーが100%のパフォーマンスを発揮できるトスを上げることが求められます。ボールタッチが一番多いポジションで、縦横方向への俊敏な動作が多くなるため、軽量でフィット性・グリップ性の高いシューズがおすすめです。

【アシックス】ローテ ジャパンライト

軽量で足あたりの柔らかさが魅力の『アシックス』のシューズです。素早い動作にも対応できるグリップ性とフィット性も兼ね備えており、コート上を軽快に動きたいセッターにはぴったりのシューズと言えます。かかと部には”Japan”の文字が施されているなど、シンプルなデザインのなかにもおしゃれさが光る一足です。

【ミズノ】ロイヤルフェニックス2

『ミズノ』の素早い動き・瞬間的な動きを強力にサポートする、セッター・リベロ専用モデルになります。素足感覚で動けるフラットソールを採用することで、多方向への動きに対応しやすくなっています。また、軽さに加えてフィット性・グリップ性も十分あるので、足との一体感を感じながら、コートをしっかりと掴むことができます。

【ミズノ】ウエーブライトニング Z5

自身がアタックを打つこともある場合には、こちら『ミズノ』のシューズがおすすめです。ウイングスパイカー向けのシューズとして紹介したものになりますが、軽量でフィット性・クッション性に優れているため、幅広いポジションに対応可能となっています。ツーセッターでプレーしている場合などは、こちらのシューズも検討してみてください。

リベロにおすすめのバレーボールシューズ3選!

レシーブの専門家であるリベロは、守備の要を担います。サーブやスパイクなどに対して瞬間的に反応することが求められるポジションなので、軽量でフィット性・グリップ性にとくに優れたシューズがおすすめです。ジャンプすることはあまりないため、クッション性や反発性はそこまで重視する必要はありません。素足感覚で動けるシューズを選びましょう。

【アシックス】ローテ ジャパンライト

『アシックス』のシューズの中では最軽量を誇るモデルです。瞬間的な反応速度が重要であるリベロに最適なシューズと言えるでしょう。足あたりの柔らかさや高いフィット性は、一度履くと虜になってしまう人も多くいるようです。グリップ性も十分なので、アシックスのリベロ向きシューズを探している人は一度試してみてはいかがでしょうか。

【ミズノ】ロイヤルフェニックス

全日本女子代表リベロの佐藤澪選手、座安琴希選手が着用していた『ミズノ』のモデルです。軽さと動きやすさ、フィット性に定評のあるリベロ・セッター専用シューズです。

【ミズノ】ロイヤルフェニックス2

『ミズノ』のロイヤルフェニックスの2代目となるモデルです。初代ロイヤルフェニックスよりもソールが薄く、より軽量になっています。リベロ向きのシューズとしては、初代でも2代目でも性能に大きな違いはありませんが、カラーバリエーションが異なります(初代は白・オレンジ・青ベースの3色展開、2代目は白・赤・黒ベースの3色展開)。どちらにするかは見た目の好みで選んでも良いかもしれません。

初心者におすすめのバレーボールシューズ4選!

バレーボールを始めたばかりで、動きに慣れていなかったり、必要な筋肉がまだ付いていない状態では、どうしても足に負担がかかりやすくなってしまいます。

バレーボール初心者の人は、クッション性の高さをもっとも重要視してシューズを選ぶようにしましょう。各メーカーには、エントリーモデルもラインナップされていますので、自分に合う一足を探してみてください。

また、初心者の場合、まだポジションが確定していないことがほとんどなので、幅広いポジションに対応できるオールラウンダータイプのシューズを選ぶこともポイントです。

【アシックス】GEL-TASK

“バレー部に入部したらまずこの1足。バレーボールに慣れないキミの足をサポート。”と謳われている、『アシックス』のエントリーモデルです。ソール・ヒールともに厚めに設計されていることに加え、母指球部分のクッション性も高くなっているため、着地時の衝撃を抑えてくれます。

【アシックス】GEL-ROCKET 8

あらゆる年齢層のバレーボーラーに向けたエントリーモデルとなっています。クッション性やフットワークの安定性、フィット性など、性能バランスの良さが魅力のシューズです。『アシックス』通常のカラー展開に加え、Amazonでは限定カラーも発売されています(2019年4月現在)。

【ミズノ】ウエーブオーディーン

クッション性と軽さ、履きやすさを兼ね備えた、『ミズノ』のエントリーモデルになります。バレーボールを始めたばかりでどのシューズを選んだらいいのか分からないという人は、ひとまずこちらを試してみてはいかがでしょうか。値段もお手頃でデザインもかっこいいので、最初の一足としておすすめのシューズです。

【ミズノ】サンダーブレード

前足部がゆったりしているので、足が幅広で自分に合うシューズが見つからずに困っている人は、一度『ミズノ』のシューズを試してみてください。エントリーモデルながら、デザインもかっこいいのが魅力です。バレーボールを始めたばかりの人はもちろん、趣味でバレーボールを楽しむファンプレイヤーにもおすすめの一足です。

女性におすすめのバレーボールシューズ4選!

各メーカー、女性専用シューズのラインナップもあります。女性バレーボーラーはぜひチェックしてみてください。

【アシックス】COURT SELFIT

こちらの『アシックス』のシューズは、インソール素材やミッドソール構造に工夫を凝らし、高いクッション性を実現しています。また、女性専用のラスト(靴型)を採用することで、アーチ部分からかかと部分にかけて、包み込むようなフィット感を生み出しています。

クッション性・フィット性が魅力のレディースモデルなので、足への負担を減らしたい女性におすすめのシューズと言えます。

【ミズノ】ワルキューレウィング

こちらの『ミズノ』のシューズは、バレーボール初心者の女性に向けたエントリーモデルです。シューズ自体が軽量なので、男性に比べ筋力の少ない女性でも動きやすいです。白ベースにピンク、ネイビーベースにピンクといった可愛らしいカラーのものと、白ベースに黒といったかっこいいカラーの両方があるので、どちらにするか好みで選べるのも魅力です。

【ミズノ】ウエーブアルテミス3 MID

こちらの『ミズノ』のシューズは、片手で脱ぎ履きできるマジックテープタイプのモデルです。女性の足に沿うラストを使用するなど、フィット性も高くなっています。ワルキューレウィング同様軽いので、動きやすく疲れにくいです。黒ベースにシルバー・ピンクと、白ベースにネイビー・ゴールドの2色展開で、いずれもかっこいい印象のシューズとなっています。

【ミズノ】ウエーブアルテミス4 MID

『ミズノ』のウエーブアルテミス3 MIDの次モデルです。前足部が靴下のような構造になっており、包み込むようなフィット感を生み出しています。さらに、前モデルと比べると、足首周りのベルトが4cm長くなっているため、より柔軟に足首の太さに対応できるようになっていますよ。黒ベースにピンクのかっこいいカラーと、白ベースにターコイズの爽やかなカラーの2色があります。

ジュニアにおすすめのバレーボールシューズ3選!

ジュニアプレイヤ―専用のシューズもあります。成長期の小学生・中学生の場合、値段の高いシューズを買っても、すぐに履けなくなってしまうことが珍しくありません。その点、ジュニアシューズは値段がお手頃なので、買い替えもしやすいのが魅力と言えるでしょう。足が大きくなる余地があるうちは、ジュニアシューズを履くというのも選択肢のひとつです。

選ぶ際には、成長期の身体に負担とならないよう、軽くてクッション性の高いシューズを選ぶようにしましょう。

【アシックス】UPCOURT 2 GS

こちらの『アシックス』のシューズは、ジュニア専用のエントリーモデルです。ミッドソールが厚くなっているため、足にかかる負担を軽減することができます。また、子どもたちの足に沿うように設計された、アシックス独自のジュニア専用ラストを採用しているのもポイントです。

【アシックス】UPCOURT 3 GS

UPCOURT 2 GSの次モデルになります。『アシックス』の前モデルはサイズ展開が23.0cmまでですが、こちらは25.0cmまで展開しています。

【ミズノ】ライトニングスター Z4 Jr

『ミズノ』の人気バレーボールシューズ、ウエーブライトニングシリーズのジュニア版になります。軽量でクッション性に配慮されていることはもちろん、成長期の子どもの足を優しく包み込むような、柔らかい履き心地が魅力です。

バレーボールを始めたばかりのジュニアプレイヤーの1足目としてもおすすめできるシューズです。白ベースに黒・黄色のかっこいいカラーと、白ベースにネイビー・ピンクの可愛らしいカラーの2色展開になります。

自分にぴったりのシューズを履いて最高のパフォーマンスを!

バレーボールシューズの選び方のポイントや、おすすめのシューズについて紹介しました。正しいシューズ選びができれば、プレーが上達しやすくなるだけでなく、足の怪我の予防にもなります。シューズ選びはバレーボール上達の要と言っても過言ではありません。

バレーボールを始めたばかり人は、どのようなシューズが自分に合うのか分からない場合も多いと思いますので、まずはいろいろなシューズを履いてみて、自分に合うかどうかを確かめてみてください。シューズは、バレーボールライフを支えてくれる大切なパートナーです。妥協せずに、自分にぴったりの一足を探して、最高のパフォーマンスに繋げましょう!