DAZN料金の支払い方法を全解説!支払い日や変更・確認方法も紹介

動画を見る親子



スポーツ専門の動画配信サービスとして人気のDAZN(ダゾーン)は、利用者のニーズに合わせた支払い方法を複数用意しています。

クレジットカードはもちろん、クレジットカードなしで毎月の支払いをすることも可能です。

この記事では、DAZNの支払い方法をすべて紹介していきます。料金の支払い日、支払い方法の変更や確認方法についても説明していきますので、これからDAZNの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

DAZN(ダゾーン)料金の支払い方法は全部で9つ

ダゾーンの支払い方法は、全部で以下の9つです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • PayPal(ペイパル)
  • 年間視聴パス
  • DAZNチケット
  • DAZNプリペイドカード
  • 【アプリ内課金】Amazon
  • 【アプリ内課金】Google
  • 【アプリ内課金】Apple ID

申し込み時に支払い方法を登録する必要がありますので、それぞれの支払い方法の詳細を事前に確認しておきましょう。

一度決定した支払い方法を、後から変更することも可能です。

クレジットカード

国内発行のクレジットカードを利用して、支払いをすることができます。利用できるブランドは、下記の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club

申し込み時の「お支払い情報」の画面で「クレジットカード/デビットカード」を選択し、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティー番号を入力すれば登録完了。

申し込み後に、クレジットカードの変更も可能です。

デビットカード

国内発行のデビットカードも、支払いに利用できます。利用できるブランドは、下記の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club

上記で紹介したクレジットカードと同様に、申し込み時の「お支払い情報」の画面で「クレジットカード/デビットカード」を選択。そのうえで、クレジットカード番号(デビットカードの番号)、有効期限、セキュリティー番号を入力すれば登録完了です。

クレジットカード同様、申し込み後に別のデビットカードに変更することもできます。

PayPal(ペイパル)

PayPalは、クレジットカードやデビットカード、銀行決済をオンライン上で安全に行うことができる決済サービスです。

すでにPayPalのアカウントを保有している場合は、PayPalを選択して決済方法として登録できます。

PayPalは銀行口座からの口座引き落としにも対応していますので、カード類を持っていない方はPayPalを利用すると良いでしょう。

PayPalのアカウントを保有いていない場合は、同時にアカウントの作成が必要です。DAZNの申し込み画面よりアカウント作成に進むことができますが、その際にはクレジットカード情報の入力が必要になります。

クレジットカードではなく銀行口座からの口座引き落としを利用したい場合は、DAZNの「支払い情報」の画面からPayPalアカウントを作成するのではなく、先にPayPalアカウントを作成しておき、そのうえでDAZNの申し込みを行いましょう。

▼PayPalの口座振替には、下記の金融機関が利用可能です。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ゆうちょ銀行

詳しくは、こちらのDAZN公式HPでも確認できます。

年間視聴パス

「DAZN年間視聴パス」は、DAZNとJリーグ各クラブとの共同で企画されている年間一括払いの名称で、10ヶ月分の料金19,250円で12ヶ月間DAZNを視聴することが可能です。

各クラブ、またはJリーグ公式オンラインストアから購入することができ、お得な購入特典も付いてきます。

毎年シーズン終盤となる時期に期間限定で販売されており、直近では2020年11月3日~2021年3月31日が販売期間でした。

お気に入りのクラブチームがある方は、応援する意味でもおすすめです。

「お支払い情報」の画面で使用する場合は、「コード」を選択してパスに記載されているコードを入力してください。

※「DAZN年間視聴パス」には、1ヶ月無料体験は付きません。視聴できる期間は12ヶ月間となります。

年間視聴パスについては、こちらのDAZN公式HPでも確認できます。

DAZNチケット

DAZNチケットとは、全国のコンビニで販売される紙タイプのチケットのこと。チケットを購入後、DAZNの「お支払い情報」の画面でコードを入力すると、決済に使用することができます。

▼利用期間に応じて4種類のチケットを販売

1ヶ月分 1,925円(税込)
3ヶ月分 5,775円(税込)
6ヶ月分 9,625円(税込) 5ヶ月分相当の料金で1,925円お得
12ヶ月分 19,250円(税込) 10ヶ月分相当の料金で3,850円お得

▼販売されているのは下記のコンビニです。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • サークルKサンクス
  • ミニストップ

チケットは、コンビニ内に設置されているマルチメディア端末(コピー機・Famiポート・Loppiなど)で手続き後、レジにて購入する形となります。

DAZNプリペイドカード

全国の主要家電量販店やコンビニで販売されている「DAZNプリペイドカード」を使用して、DAZNの決済をすることができます。

上記で紹介した「DAZNチケット」と同様、購入したチケットに記載されているコードを入力するタイプです。「1ヶ月・3ヶ月・5ヶ月」の3種類から選ぶことができます。

DAZNプリペイドカードは、下記のようなお店で取り扱いがあります。

【家電量販店】

  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
  • ケーズデンキ
  • ビックカメラグループ(ビックカメラ・ソフマップ・コジマ)

【コンビニ】

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

【その他のお店】

  • TSUTAYA
  • ドン・キホーテ
  • 楽天市場

詳しくは、こちらのDAZN公式HPで確認してください。

【アプリ内課金】Amazon

Amazon端末(Amazon Fire TV ・Fire TV Stick)などを利用されている方は、各端末のアプリ内課金としてDAZNの支払いが可能です。

Amazon端末からDAZNアプリを起動し、「1ヶ月無料!かんたん新規申し込み」を選択。その後、アカウントのメールアドレスやパスワードを設定し、案内通りに進めていくと「お支払い情報」のポップが表示されます。「承認する」をクリックすれば、登録は完了です。

これで、支払いをAmazonアカウントから行うことができます。

クレジットカードを保有していない場合は、Amazonギフトカードを購入してチャージしてから利用することも可能です。

【アプリ内課金】Google

Android端末のDAZNアプリから、アプリ内課金の設定をすることができます。

DAZNアプリを立ち上げ、「1ヶ月無料!かんたん新規申し込み」を選択。アカウントのメールアドレスやパスワードを設定し、Googleストア経由で課金をすることを求められるので同意しましょう。確認画面が表示されれば、登録は完了です。

これで、Google Playアカウントと連動してDAZNの支払いが行われます。

クレジットカードを保有していない場合は、Google Playカードを購入してチャージしてから利用してください。

【アプリ内課金】Apple ID

iOS端末、またはApple TVを利用されている方は、Apple端末のDAZNアプリからアプリ内課金の設定をすることができます。

DAZNアプリを立ち上げてメールアドレス、パスワードを入力すると、iTunesアカウントでの支払いの確認を求められます。確認が終了すれば、登録は完了です。

Apple iTunes Storeのアカウントを使用して、DAZNへの支払いが行われます。

ただし、Appleの規約上、10円単位での金額の設定ができません。そのため、Apple内課金の場合、料金は下記のようになります。

月額プラン 年間プラン
通常料金 1,925円(税込) 年間プラン19,250円(税込)
iTunes経由 1,900円(税込) 19,400円(税込)

月額プランは25円安くなりますが、年間プランの場合は150円高くなるので注意してください。

また、クレジットカードを保有していない場合、iTunesカードを購入してチャージしてから利用することも可能です。

モバイルキャリア決済

利用しているモバイルキャリア(携帯電話)の料金と一緒に、DAZNの支払いをすることができます。

料金プランを選択する画面で、「携帯電話の請求書でお支払い」をクリック。キャリアを選択後、各キャリア会社の画面で案内通りに手続きを進めてください。

利用できるキャリアは、下記の5社です。

  • SoftBank
  • Y!Mobile
  • au
  • UQ mobile
  • NTTドコモ

※プリペイド携帯電話での支払いはできません。

また、申し込み時にキャリア決済を選択すると、後から支払い方法の変更が行えません。支払い方法を変更するにはDAZNを一度退会する必要がありますので、キャリア決済を選択する場合はその点に注意してください。

毎月の料金の支払い日・料金が発生するタイミングは?

ここからは DAZNの料金の支払い日、料金が発生するタイミングについて説明していきます。

料金の支払い日について

利用料金の支払い日は、どの方法を選択したかによって変わってきます。

例えば、クレジットカードで登録をした場合、クレジットカードの引き落とし日にDAZNの利用料金も引き落とされます。

PayPalの場合は、PayPalで定められている支払い日にDAZNの料金も引き落とされる形です。

料金が発生するタイミングは登録日ベース

支払い日(引き落とし日)は決済方法によって異なりますが、料金が発生するタイミング(請求日)は、いずれの決済方法を選んだ場合でも「最初に登録をした日」が基準となります。

例えば、5月10日に登録をした場合、次月以降は毎月10日にDAZNの料金が発生します。もし、解約をする場合には、料金が発生する前日の9日までに解約手続きを行わなければなりません。

DAZNでは、解約手続き後も次の請求日までは視聴することができます。例えば、6月10日が請求日6月2日に解約をしたとしても、6月9日までは視聴可能です。

解約を決めている場合には、忘れないように早めに手続をしてもいいかもしれません。

利用料金の確認方法・支払い方法の変更方法を紹介

最後に、利用料金の確認方法、支払い方法の変更方法について説明していきます。

利用料金を確認するまでの流れ

利用料金の確認は、DAZNの「マイ・アカウント」から行えます。

手順は、下記の通りです。

  1. DAZNにログインする
  2. メニューから「マイ・アカウント」をクリック
  3. 「登録情報」から「お支払い履歴を確認する」を選択

上記の流れで利用料金の確認ができます。

支払い方法の変更

利用している途中で支払い方法の変更をする場合、下記の方法で変更可能です。

  1. DAZNにログインする
  2. メニューから「マイ・アカウント」をクリック
  3. 「登録情報」から「お支払い履歴を確認する」を選択
  4. 「お支払い方法を変更する」から変更続きを行う

基本的には上記の方法で変更可能ですが、アプリ内課金(Amazon・Google・Apple)の場合はDAZNからではなく、それぞれのアカウントから変更手続きを行う必要があります。

詳しくは、こちらのDAZN公式HPで確認してください。

まとめ

DAZNの支払い方法は、以下の9種類です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • PayPal(ペイパル)
  • 年間視聴パス
  • DAZNチケット
  • DAZNプリペイドカード
  • 【アプリ内課金】Amazon
  • 【アプリ内課金】Google
  • 【アプリ内課金】Apple ID

DAZNの基本プランは、月額1,925円(税込み)・年額19,250円。

DAZNでは、利用料金の発生するタイミング(請求日)は、最初に登録をした日が基準となります。例えば5月10日に登録をした場合、次月以降は毎月10日が請求日です。途中解約した場合でも、次の請求日までは視聴可能となっています。

また、利用途中での支払い方法の変更は、「マイ・アカウント」から行うことが可能。アプリ内課金に関しては、それぞれのアカウントより変更手続きが行なえます。

自分に合った支払い方法を選択して、快適にDAZNを楽しみましょう。